めんどくせぇことばかり 『トランプ革命』 あえば直道

『トランプ革命』 あえば直道

何かと恥ずかしい話には苦労しない私にすれば、こんなことくらいは何でもないこと。なんでもないとは言っても、あらためて考えてみれば、やっぱり恥ずかしい。

この本は、おそらく出てからすぐに買ったはず。第一刷が2016年3月27日だから、もちろんオバマ大統領時代。「トランプはなにもんだ」って、戦々恐々としている時。

買ったのは覚えてる。だけど、・・・読んでなかった。

居間で、寝転んで本を読む。その周辺に、すでに読んだ本と、これから読む本がとっ散らかっている。その中に埋もれて、たまたま「これは・・・」と思った娘に手を付ける。・・・そんな感じでペラペラとめくってみる。

そんな私にとっての至福の時間を破るように、掃除機の音が近づく。・・・だいたいは頭上から。そして、「どいて!」って神の声が下る。

神が去った後には、すでに読んだ本も、これから読む本も、同じように段ボールに放り込まれている。私は頭を垂れて段ボールからこれから読む本を取り出し、段ボールを納戸に運ぶ。

この間、同じ納戸で、昼飯用の乾麺を探していて、たまたま見つけ出したのがこの本。

「トランプってのはなにもんだ? マスコミは相手にしてないようだけど、実際にアメリカ人の支持をこんなにも集めてるじゃないか」っていう、あの頃一番の興味関心がよみがえってくる。あれから1年半。トランプは今、大統領である。とりあえず確かなことが一つある。

ヒラリー・クリントンでなくてよかった。


『トランプ革命』    あえば直道

双葉社  ¥ 1,620

なぜ米国民は彼に熱狂しているのか 彼が大統領になったらニッポンはどうなる
第一章  アメリカ人はなにに“キレて”いるのか
第二章  「ザ・ドナルド」が「トランプ」になるまで
第三章  5分でわかるアメリカ大統領選挙
第四章  日米戦後史の真相
第五章  共和党の新世代リーダーによる「日本論」
第六章  日本とアメリカの未来

著者の“あえば直道”さんは共和党全米委員会の顧問。アジア系アメリカ人に対する選挙対策のようなことをしている人みたい。つまり、ドナルド・トランプの大統領選挙を舞台裏から見ていた人物ということになる。

その著者が、実際の大統領選挙の7か月前に出したのがこの本。まったく、当時しっかりこの本を読んでいれば、私は回り道をせずに済んだはずなのに。・・・もしかしたらこれは運命で、その回り道には、これから意味が出てくるのかもしれないけど・・・。

実際の大統領選挙の時、私は手術を終えて、病院のテレビでその様子を見ていた。トランプの登場はただのブームではなく、アメリカの大きなうねりであることに、この頃はさすがに気づいていた。どうせなら、ヒラリーをやぶってほしいと思ってた。でも、買ってすぐにこの本を読んでいれば、7か月前にそのことに気付いていたはず。

《夫ひとり満足させられないのに、一体どうしてヒラリー・クリントンはアメリカ国民全体を満足させられると思っているんだ?》
クリントン大統領夫妻が、ドライブの際にたまたま立ち寄ったガソリンスタンドのオーナーがヒラリーの昔のボーイフレンドだった。ビル・クリントンから「ヒラリー、僕と結婚してよかったね。もし彼と結婚していれば、今頃君は田舎のガソリンスタンドのおカミさんだ」と言われたのに対してヒラリーが返した言葉。

「何を言うの、ビル! もし私が彼と結婚していたら、彼がアメリカ合衆国の大統領になっていたわ」
トランプも「ひどいことを言うな」と思うけど、でも、そうやって笑い飛ばしたくなるヒラリー・クリントンだということなんだろうな。

《俺たちが国境でメキシコからの不法移民をやっつけるのは、いつになるんだ。奴らは俺たちのバカさ加減をあざ笑っている。今や、不法移民は経済的にも俺たちに大きな損失を与えているんだ。奴らは俺たちの友人じゃない。奴らは、俺たちを経済的に殺そうとしているんじゃないか。アメリカは、世界中の国々が抱える問題のゴミ捨て場になっちまった。(中略)メキシコが自国民を送ってくるとき、いい人ばかりを送ってくるわけじゃない。君たちみたいな人たちを送ってくるわけじゃないんだ。奴らは問題のある人たちを大量にアメリカに送り付け、その問題を俺たちに押し付けている。薬物、犯罪。奴らは強姦魔だ》

なんてひどいこと言うんだろうということになる。同じような、品の悪い飲み屋の御託みたいなセリフがポンポン飛び出してくる。あきれ返るほどだ。・・・でも、その体裁を整えると、・・・意外や意外、多くのアメリカ人のごく当然の要求ということになる。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本






































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい