めんどくせぇことばかり 米民主党『トランプ革命』 あえば直道
FC2ブログ

米民主党『トランプ革命』 あえば直道

おもしろい本だな。これ書いた“あえば直道”さんの本があれば、探してみよう。

アメリカの共和党と民主党という政党がどのような政党であるか。それを歴史的にとらえた本ならば、世の中にいくらでもある。だけど、共和党や民主党が日本になにをしてきたか。それを歴史的な流れの中でとらえていった本は、これまで読んだことがなかった。

まずは、両党に関する基本的な認識だ。

奴隷解放宣言を出したエイブラハム・リンカーンの方が共和党で、奴隷制容認を訴えたのが民主党。奴隷解放後にKKKを結成して共和党の政策に反対したのが民主党最右翼。のちに大統領となって日本に原爆を投下したハリー・トルーマンはKKKの一員だった。公民権法にサインした大統領は民主党のリンドン・ジョンソンだが、賛成したのは共和党員の方が多かった。

民主党は現在、「マイノリティーにやさしい」というイメージ作りに成功しているが、マイノリティーに社会保障をばらまいてマイノリティーの票を買っている状態である。

『トランプ革命』    あえば直道

双葉社  ¥ 1,620

なぜ米国民は彼に熱狂しているのか 彼が大統領になったらニッポンはどうなる
第一章  アメリカ人はなにに“キレて”いるのか
第二章  「ザ・ドナルド」が「トランプ」になるまで
第三章  5分でわかるアメリカ大統領選挙
第四章  日米戦後史の真相
第五章  共和党の新世代リーダーによる「日本論」
第六章  日本とアメリカの未来
そして民主党がこれまで、日本をどうあつかって来たか。

敵意を持って日本を追い込み、思いがけない大戦争を戦って、力尽きた日本を空襲で焼き尽くしていったフランクリン・ルーズベルトは民主党の大統領。ルーズベルトの死によって大統領に昇格し、日本に原爆を投下してその威力にびっくりして、おかしな言い訳をすることになったハリー・トルーマンも民主党の大統領。

その時代にGHQの日本占領があった。ルーズベルト時代にニューディール政策を遂行していたいわゆるニューディーラーたちが、GHQ民生局に入り込んで戦後日本のあり方に大きな影響を与えた。おそらくスターリンの意向によるところだろう。

しかし、GHQのなかで民生局と対立していたG2は、日本を反共の砦とすることを望んでいた。結果的に、朝鮮戦争の勃発で民生局のニューディーラーは敗れることになる。

そもそも、民主党政権は、日本を戦争でたたきのめすことで、アジアに共産主義が広まる土台を作ってしまった。チャイナの共産化、朝鮮戦争、東南アジアの共産化といった経緯を眺めてみれば、チャイナ進出を求めて日本を叩いたアメリカの行為は、共産主義を利するだけに終わってしまった。

1996年、再選のかかった大統領選で民主党のビル・クリントン大統領は、チャイナ系アメリカ人からの献金に支えられて勝利した。クリントン時代には、民主党に大口の献金を行っていた衛星メーカーが、チャイナにミサイル技術を流出させる事件が起きた。

1997年に国家主席の江沢民が訪米したとき、民主党のビル・クリントン大統領はハワイ真珠湾で出迎えた。翌年の訪中の際には日本を素通りしてチャイナに10日間も滞在した。

クリントン財団やクリントン大統領に海外からお金の入金があると、上院議員や国務長官の職にあったヒラリー・クリントンが、入金者に都合のよいように行動したという話もある。

オバマ政権時代にトヨタ問題が発生した。2010年、トヨタ車の急発進が問題になった。オバマ政権の運輸大臣は「トヨタには乗るな」と言い放った。調査の結果、トヨタ車には欠陥はなく、ドライバーによるペダルの踏み間違いであることが明らかになった。

北朝鮮についても、民主党は決して強く出ない。クリントン時代、核開発を凍結する代わり軽水炉2基と年50万トンの重油の提供を約束した。クリントンは外交の成果と誇ったが、北朝鮮はその後、あっさり核拡散防止条約を脱退し、独自に核開発を続けた。

トランプ大統領は、オバマ政権が北朝鮮を野放しにした責任を追及するが、問題はオバマ政権にとどまらない。・・・ということだ。

あ~ぁ、それにしてもこの本、買った当時に読んでおくべきだった。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


人生に必要なもの、一人の女性、一人の親友、一つの思い出、一冊の本。
その一冊。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事