めんどくせぇことばかり 10/21府中競馬場
FC2ブログ

10/21府中競馬場

昨日、府中競馬場に行ってきた。一緒に行ったのは、30年前に勤務していた職場の仲間だ。その頃は、職場では、派閥争いというのとは違うんだけど、まあ、保守派と革新派とも少し違うんだけど、まあその辺の厳しい対立があって、何かと言えば角を突き合わせあっていた。喧嘩ばかりしていたから、その分思い出深い。私はそこで、競馬を始めた。

私の祖父の祖父の代、私の家には三人の兄弟があって、いずれも放蕩者で、どうやら博打で身上をつぶした。祖父の父は病弱で、若かった祖父が悪戦苦闘して家の建て直しの土台を固めたんだとか。・・・これは、祖母から聞かされた話。

まえに、家の二階で、ベレー帽をかぶった男の幽霊を見た話を書いたことがある。家族がみんな、「お前は馬鹿だからそんなものを見る」と取り合ってくれなかったところ、祖母だけが信じてくれたという話。祖母によれは、私の枕元、・・・いや、足元だった。足元に立ったベレー帽の人は、明治の終わりに家の身上をつぶした三兄弟の末っ子だというのだ。

「お前も三兄弟の末っ子だから、絶対に博打に手を出すんじゃねえで」というのが、話の成り行きだ。

そんな私が競馬に手を染めてしまったのは、ちょうどオグリキャップの頃。私の罪は、全て悪い友達のせい。何でもかんでも悪い友達のせいにしてきたが、どうやら母は、早くに見破っていた。「お前は嘘をつくから」って、なにかあるとそう言っていた。

その“悪い友達”と府中競馬場に行ってきました。翌日は、衆議院議員総選挙。そして台風が接近する雨の府中競馬場。お昼を過ぎたことは、芝ダートとも不良馬場となっていました。
9時の開門とともに若い人に走ってもらって、ゴール盤前の絶好の席を取った。あとからゆっくり歩いていったが、結果的には、歩いていっても席は空いていた。

それでも世の中にバカが多い。
20171021_122234.jpg
競馬を始めた頃は、とにかく多くのレースを検討対象とし、研究対象としたレースは、かなり高い確率で賭けの対象とした。

最初の頃はひどかった。小遣いなんてあっという間で、定期預金も解約して手を付けた。
20171021_112839.jpg
数年で、なんとかトントンに持ち込むすべを覚え、プラスも出るようになったが、そのへんで飽きてきた。職場が変わって“悪い友達”とも距離ができてしまって、その後はほそぼそ続けているだけだ。

あとは年に数回、“悪い友達”と府中に来る。
20171021_122437.jpg
かつてはデータ派だったけど、データ取ってないから、もっぱらパドックに入り浸る。見るのは、毛艶と踏み込みと気迫。

500万より上のレースだと、まずみんなよく見えるからわかりにくいけど、新馬や未勝利のレースなら、けっこう分かりやすい。

だけど、この日は、朝からそれがさっぱりで、いいと思った馬が走らない。これはないと思った馬が好走して、私の馬券を紙くずに変えていく。
20171021_124934.jpg
11レースの頃には、空も重く垂れ 込んで、まるで私の心のよう。20171021_153249.jpg
最終レースでなんとか取り戻そうという悪あがきも失敗に終わり、私も負け犬たちの列に加わり、肩を落として歩く。PB180017_201710220802386d3.jpg
でも、大丈夫。

競馬場を出れば、すぐに立ち並ぶ数件の飲み屋が、負け犬の心を癒やしてくれる。そして負け犬たちは、この飲み屋で有り金をはたき、明日のレースに臨む無謀な心を奮い立たせられてしまう。
20171021_164508.jpg
雨の日でも大丈夫。ここは府中本町駅から競馬場に向かう空中歩道の下。いつの頃からか、この数件立ち並ぶ飲み屋の一つの《南里》という店を選んで、その前で飲んで帰るのが約束事になった。

ほんの小一時間、ここで飲むために、実は競馬場に来ているのかもしれない。
20171021_165833.jpg
明日は、菊花賞。ブログがアップされる頃には、結果が出てるな。道悪で、怪我をする馬がいませんように




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事