めんどくせぇことばかり 表武蔵『埼玉 地名の由来を歩く』 谷川彰英
FC2ブログ

表武蔵『埼玉 地名の由来を歩く』 谷川彰英

もちろん、武蔵国の国府は府中に置かれていた。国分寺は国分寺にあった。両方とも東京で、埼玉じゃない。だとすると、武蔵の国の中心は、やはり東京だったのか。埼玉が東京に当たる地域の後塵を拝す現状は近世以降の歴史を原因とするものではなく、その地理的環境から生まれた自然の成り行きなのか。・・・いや違う。

今では武蔵国どころか日本の中心となった東京の衛生圏としか見なされなくなってしまった埼玉・千葉・神奈川であるが、古代にあっては、埼玉・千葉・神奈川に軸があり、後に江戸と呼ばれる東京23区は単なる入江でしかなかった。

・・・北関東? 茨城・栃木・群馬?・・・アソコは、また別よ。

話を戻して、東京は、最初から周辺の衛星圏を従える中核であったわけではない。いや、武蔵の中心ですらなかった。そうでなかった根拠として、著者が極めて分かりやすい事実をあげてくれている。宝亀二(771)年に、武蔵国が、それまで所属していた東山道から東海道に移されたことである。この年までは、武蔵国に向かうルートは東山道で、上野国、下野国を経て武蔵国へ入ってきたということである。当然、埼玉エリアが武蔵国の表玄関であったわけである。

だいたい国府や国分寺といっても、東京都内という言い方もできるが、そこは埼玉の先だ。この間行った府中競馬場に向かう武蔵野線だって、その大半は埼玉県を走っている。武蔵野線は、埼玉県民を府中本町の府中競馬場か、船橋法典の中山競馬場に運ぶ鉄道なのだ。・・・いやいや、そうじゃなくって・・・

さらにその奥にある奥多摩という地域。実は、山伝いに秩父と文化がつながっている。多摩地区全体を埼玉と考えてもいい。???



ベスト新書  ¥ 920

「古代史の彩」と「街道筋の繁栄」の二つのコンセプトが埼玉県の歴史と風土をなしている
第一章  古代史に彩られた「彩の国」埼玉
第1節 武蔵の国の中心は『埼玉』だった
第2節 秩父に「和銅」の痕跡を探す
第3節 「高麗人」の軌跡を追え
第4節 「新羅人」が集まったところ
第二章  現代都市 地名の由来を探る
川口市 キューポラのある街と鳩ヶ谷
蕨市 藁の火を焚いた伝説から
大宮 大宮氷川神社と盆栽村と膝小塚
岩槻 「槻」はケヤキのこと
鴻巣市 鴻神社にまつわる伝説から
熊谷市 熊退治の跡を追う
朝霞市 「膝折」の歴史をたどる
川越市 「霞が関」の本拠地を追う!
吉見町 吉見百穴を横目で見た?
嵐山町 京の嵐山に似て
寄居町 戦乱のあと寄り合った?
所沢市 「小手指」をたどる
入間市・狭山市 狭山茶の本拠地は入間市
草加市 せんべいの町「草加」の由来
春日部市 「春日部」と「粕壁」どっちがルーツ?
第三章  埼玉の産んだ偉人の生地を訪ねる
塙保己一 ヘレン・ケラーはなぜ知っていたか
渋沢栄一 「論語と算盤」の思想
荻野吟子 女医一号への苦悶
下總 皖一 「たなばたさま」「野菊」の作曲者
第四章  「埼玉難読漢字地名」検定


さらに著者が紹介するのは、人々の心の支え。『延喜式』は醍醐天皇の命で編纂された法典で、その中に《神名帳》という大小の神祇の名称を記している。ここに記されている神社を式内社と呼び、これを知ることで平安時代に、それぞれの地域で、どの神社が重要視されていたかがわかるという。その式内社の数が、武蔵国の中でも埼玉エリアが圧倒しているんだそうだ。武蔵国44座の式内社の内、埼玉エリアに33座だって。

それを周辺の国と比べてみると、相模国13座、安房国6座、上総国5座、下総国11座、常陸国28座、上野国12座、下野国11座と、諸国を圧倒している。

もう一つ、著者が、埼玉エリアこそが表武蔵と呼ぶにふさわしい地域であったという根拠は、埼玉古墳分の存在。県民ならば知っている。稲荷山古墳から発見された金錯命鉄剣。そこに刻まれた《辛亥年》とは471年。《ワカタケル大王》とは雄略天皇。地域の首領《オワケの臣》は大和朝廷の軍事官僚の代表として雄略天皇の政務を補佐した。埼玉古墳群のある行田市周辺には桁外れに兄弟な力を持った豪族が存在した。

今、ここにある古墳公園は、前方後円墳を体感できる貴重な場所である。近所のお店では、粘土で埴輪が作れる。作り方もご指導いただけるし、出来上がった埴輪は、乾燥させて、焼き上げて、送ってくれる。1000円だった。・・・とは言っても、子供が小さかったことだから、もう20年も前の話。そのすぐ近くの博物館で、鉄剣も見られる。・・・お得だ。

付け加えるが、私の生まれた秩父は、武蔵ではなかったそうだ。じゃあ何かというと、秩父は知知夫国という独立した国だったそうだ。ああ、やっぱり違ったのか。そうだと思った。天気予報で埼玉県の地方をいう時、《南部・北部・秩父》って言ってたもん。やっぱり本質的には、埼玉の仲間じゃなかったんだ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事