めんどくせぇことばかり 『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』 川口マーン惠美
FC2ブログ

『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』 川口マーン惠美

本を読んでいても胸がときめかない時がある。そんなときに無理やり本を読んでいると、それなりの時間が過ぎたあと、ただ単に無駄な時間を過ごしたことに無性にイライラしてくる。

幾つかの要因が考えられる。本がつまらない。私の知識が足りない。体調が悪い。心配事がある。その他いろいろ。理由を考えても仕方がない。理由が何であれ、そんなときは仕方がない。本のせいにして、眠ってもらう。

リフレッシュ❢ ・・・で、違う本を読む。

と思ったら、読む本がない。・・・でも大丈夫。ほらほら、眠らしている本がある。ということで、押し入れに頭を突っ込んで、ガサゴゾガサゴソやって、今回はこの本。

レレレ、川口マーンさんの本じゃん。こりゃ間違いなく本のせいではなくて、自分がなんらかの理由でおかしくなってたんだな。この本が面白くないはずない。いや~、良かった、良かった。

2013年の本。やはり、東日本大震災にこだわっている。・・・あれ、最初の方だけじゃなく真ん中辺まで読んでる。ずいぶん読んでる。途中でなんかあって、放り出して眠らすことになったらしい。



講談社プラスα新書  ¥ 905

宣伝が下手。そのせいで、日本は、実態のほうがイメージよろも良い、唯一の国
  • 第1章 日本の尖閣諸島、ドイツのアルザス地方
  • 第2章 日本のフクシマ、ドイツの脱原発
  • 第3章 休暇がストレスのドイツ人、有休をとらない日本人
  • 第4章 ホームレスが岩波新書を読む日本、チャンスは二度だけのドイツ
  • 第5章 不便を愛するドイツ、サービス大国の日本
  • 終 章 EUのドイツはアジアの日本の反面教師

ドイツに住んで30年の川口マーンさんの日本人論。8勝2敗の2敗がなんであったのか気にはなるが、まあ、大きく勝ち越せたことを喜んでおこう。しかも、勝ち越した相手がドイツ人ということなら、なおのこと上々だ。言ってる端から、私もドイツになんらかの固定観念があるらしい。あるには違いないのだが、なにが“ドイツ人ということなら”なのか、手のひらに乗せて見せることができるわけじゃない。

この本が、ドイツ人を鏡とした日本人なら、その日本人を通してドイツ人も見えることになる。そのへんから、なにが“ドイツ人ということなら”なのか、はっきりさせたいもんだと思う。

さて、さっきの2敗だけど、“まえがき”にすでに日本人の欠点が指摘されている。その一つが論理性の欠如。著者は、「ドイツ人は哲学的指向が好きで、思考の過程を愛しているが、日本人は・・・議論などさしおいて一足飛びに結論を出すほうが好きだ」といっているが、まったくその通り。“なぜそうなるのか”という過程を蔑ろにするから、同じ失敗を繰り返したりする。

もう一つ著者があげているのが、広報活動の稚拙さ。だから、「世界の多くの国がイメージのほうが実態よりも良い中で、日本は実態のほうがイメージよりも良い唯一の国」と著者は言う。そのへん、日本に60年近く住み続けている私にはよくわからない。どうして宣伝なんかしなきゃいけないのかもわからない。

普仏戦争に負けたフランスは、ドイツとの国境にあったアルザス地方を失った。アルザスの学校ではフランス語を教えてはならないことになり、最後の授業が行われる。フランス語の先生は、やがて悲しみで言葉が途切れ、黒板に「Viva la France!」と書いて授業を終える。母国語を奪われたフランス人の怒りと悲哀が伝わってくる『最後の授業』という話。この本でも紹介されているのだが、これ、私も覚えている。

以下、本書に教えてもらったことだけど、アルザス地方は紀元前1世紀にゲルマン人が住み着き、忠誠からは神聖ローマ帝国に属した。住民のアルザス人はドイツ系で、フランス語を話したことはない。17世紀、三十年戦争でぼろぼろになったドイツに代わりフランス王の領有となるが、住民の話したアルザス語はドイツ語の方言。それは、あのルイ14世の時代でも変わらなかった。フランス革命が発生し、ナポレオン・ボナパルトにかき乱されたヨーロッパの秩序を取り戻すためウィーン会議が開かれる。アルザスはフランス領にとどまるが、住民がアルザス語を使っていたのは変わりない。ただ学校では、単なる一科目としてフランス語の授業が行われた。そしてそれから50年ほど経って普仏戦争となる。

『最後の授業』に、私も心を掻き立てられた口。だけど、このお話、上のような状況を考えれば、なんかおかしい。最初から、政治的意図のプンプンする話ということになる。

その後のアルザスは、第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約によりフランス領有になるが、ヒトラーが取り戻す。第二次世界大戦においては、フランスそのものがドイツに占領され、戦争中の大半を敗戦国として過ごしたフランス。ところが、最後の瞬間だけ戦勝国となったフランスがアルザスを取り戻す。

マーンさんの言う、“イメージのほうが実態よりも良い”国っていうのは、まずはフランスってことかな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事