めんどくせぇことばかり 開戦『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』 渡辺惣樹
FC2ブログ

開戦『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』 渡辺惣樹

《1939/3/31 チェンバレンのポーランド独立保障宣言》
私は今、議会に次のように報告しなければなりません。ポーランドの独立を脅かす行動があり、ポーランド政府が抵抗せざるを得ないと決めたときに、わがイギリス政府は、ポーランド政府を全面的に支援する義務があります。ポーランド政府にはそのように伝えてあります。フランス政府も同様の立場であることを付言しておきます。同政府は、私がこの場でこのように発言することを承知しております。
んんん、こういう歴史のしっかりした資料を、丹念に当たっておくことが肝心なんだな。日本の世界史の教科書なんかじゃ、この辺は「ドイツが悪い」とイメージだけを先行させて、内容のないものになってしまっている。

東京書籍《世界史B》
ドイツは、1938年3月にオーストリアを併合し、さらにチェコスロバキア内のドイツ人居住地区ズデーテン地方の割譲を要求した。チェコスロバキアはこれを拒否したが、イギリス首相ネヴィル・チェンバレンは38年9月、フランス首相とともにヒトラー、ムッソリーニとミュンヘン会談を行って、ドイツの要求に譲歩した。この英・仏宥和政策に乗じて、ドイツは翌年39年3月、チェコスロバキアを解体し、イタリアも4月にはアルバニアを併合した。

ドイツはさらに、ポーランドにダンツィヒ市(現グダニスク)の返還とポーランド回廊を横断する陸上交通路を要求した。東西の二正面作戦を避けたいドイツは、39年8月独ソ不可侵条約を結んで、世界を驚かせた。こうしてドイツ軍は、39年9月1日、ポーランドに侵攻した。宥和政策の失敗を悟った英・仏は、9月3日にドイツに宣戦し、第二次世界大戦がはじまった。
この世界史の教科書の書き方では、本当のことが書かれていないことになる


草思社  ¥ 1,836

ヒトラー、チャーチル、ルーズベルト… 悲劇の元凶はいったい誰だったのか?
第一章 ハーバート・フーバーの生い立ち
第二章 『裏切られた自由』を読み解くー共産主義の拡散とヨーロッパ大陸の情勢
第三章 『裏切られた自由』を読み解くーチェンバレンの「世紀の過ち」とルーズベルトの干渉
第四章 『裏切られた自由』を読み解くールーズベルトの戦争準備
第五章 連合国首脳はなにを協議したのか

ハーバート・フーバー元米大統領は、1938年3月22日に英首相ネヴィル・チェンバレンと会談した。その時、チェンバレンは《ヒトラーは東へ向かい、スターリンと衝突する》というフーバーの考えに同意していたという。つまり、この段階で、ドイツがのちにズデーテン地方を要求して東に向かうことは既定の路線であり、ミュンヘン会談も予定通りの決定であったわけだ。

その既定路線が変わったのは、F・D・Rによる圧力だった。F・D・Rは、駐英大使ジョゼフ・P・ケネディに、チェンバレンへの圧力をかけさせていた。F・D・Rがチェンバレンに対ポーランド独立保障を出させることに成功すると、今度はウィリアム・ブリット駐仏大使を通して、ポーランドに対ドイツ強硬策を取らせた。そうすることで、ダンツィヒ、ポーランド回廊問題を、ヒトラーとの外交交渉によって解決する道を閉ざしたのだ。

英仏によるポーランド独立保障によってヒトラーがポーランドに対する要求を貫徹すれば、西部戦線において英仏との戦いが発生する。ヒトラーはポーランドに対する要求を貫徹すると同時に、スターリンとの間に協定を結び、東部戦線での戦いを回避する必要が出てきた。

これはスターリンにとって願ってもない状況だった。スターリンは英仏の側にも、ヒトラーの側にも、どちらにも与することができる立場に立った。戦うか戦わないかも選択できた。ヨーロッパのパワーバランスは、一気にソ連に傾いた。これもF・D・Rのおかげであった。

ロシアの要求を英仏は蹴った。フィンランド・バルト三国・東プロシア・ベッサラビア・ブコビナすべての併合を、ソ連に許すわけにはいかないからだ。英仏との決裂と同時に、ヒトラーとスターリンが握手した。

しかし、不可侵条約成立後もヒトラーは、ポーランドとの交渉によって領土問題を解決しようと努力した。ヒトラーはネヴィル・ヘンダーソオン駐ベルリン英国大使に接触し、以下のことを伝えている。
ドイツの要求はダンツィヒ回復とポーランド回廊問題の解決で十分である。英国との戦いは望んでおらず、旧ドイツ領の回復は、“交渉の継続”でかまわない。

8月31日、ドイツ軍がポーランド国境に布陣している中でも、ヒトラーはポーランドに交渉を持ちかけている。英仏の独立保障と米国による厚い支援の約束を背景に動きの鈍いポーランドに対し、ドイツは9月1日に侵攻を開始する。

世界史の教科書は、そう書いてほしい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事