めんどくせぇことばかり 『漫画家たちの戦争 引き揚げの悲劇』
FC2ブログ

『漫画家たちの戦争 引き揚げの悲劇』

中国共産党は、日本軍が南京で30万の民間人を虐殺したとかって言っている。韓国は、日本軍によって朝鮮人女性が20万人も従軍慰安婦として強制連行されたとか言っている。
・・・・・・

チャイナにしろ朝鮮半島にしろ、近代の波の中に放り込まれたとき、そこにあった王朝は国家の体を保つこともできなかった。いやそれ以前に、同一の存在というアイデンティティを抱くこともできず、連帯もなく、ただ波にさらされて、拡散していくばかりだった。

国民国家を形成できないものは滅び、欧米の植民地となるのが運命だった。その彼らが今、まがりなりにも国家を維持できているのは、彼らの間に共通の意識が芽生えたからだ。その共通の意識こそが“反日”という神話だ。おそらくは起こらないことだが、いつか彼らが真実に目覚め“反日”という神話が真実の前に失われていくようなことになれば、彼らは日本に向けてきた矛先を、お互いに向けあうことになるだろう。

だから、彼らにとっての“反日”とは、国の連帯を維持するための必至の叫びということになる。チャイナは中国共産党が支配する独裁国家である。政治的には、あらゆる場面で党が国家に優先している。その根拠が「中国共産党の抗日が現在のチャイナを作った」という神話である。だから、“反日”が嘘だと分かれば、中国共産党がチャイナを支配する根拠はまったくなくなる。

韓国政府のルーツは大韓民国臨時政府だと、文在寅がわざわざチャイナに行ってまで恥をさらしてきた。大韓民国臨時政府は、部隊も持たず、もちろん日本軍と戦ったこともなく、重慶政府の使いっ走りにしてもらえれば大喜び。当事の朝鮮人は、日本国民として日常生活を送り、成り行きに従って戦争の時代も日本国民として生きた。しかし、日本の敗戦後、朝鮮半島南部は大韓民国臨時政府という反日団体に支配された。その支配の根拠も、彼らだけが“反日”を貫いてきたという神話だった。チャイナ以上に、“反日”を失ったとき、韓国人には何も残らないような気がする。

だから彼らは、声がでかい。日本の支配も人が良すぎたし、かつ未熟だった。彼らはそれをいいことに、ありもしないことまで言いたい放題。もはや“反日”は肥大化しすぎて、基になった実体を求めようと思っても、なにも出てこないだろう。

それにしても、・・・ああ、うるさい。その時代の日本人の大半は、どれだけの目に合されたか何も語らずに、大半が死んでしまった。


金の星社  ¥ 3,456

戦争中に日本以外の土地で暮らしていた日本人は、…口にはできないほどの経験をした
「フイチン再見!」 村上もとか
「家路 1945~2003」 ちばてつや
「幻の子どもたち」 石坂啓
「赤いリュックサック」 巴里夫
『人間交差点』より「海峡」 矢島正雄原作 弘兼憲史画
『凍りの掌 シベリア抑留記』より「出征」 おざわゆき
『二世部隊物語 最前線』より「流血の丘」 望月三起也


出版されたのは3月なんだ。最初の一編は、購入して早々に読んだ。それっきり、読めなくなっちゃってた本だな。これは、いつもみたいに体調不良で読めないとか、本自体がつまらないから読めないとかじゃなくて、・・・もう、涙で前が見えなくなっちゃって、・・・読めない。

心が弱いな。

なんとしても、今年のうちにしっかり読んでおかなきゃいけないと思って、この12月に入って取り出した。義父や叔父が死んだことも大きいな。その時代を知ってる義父や叔父が若いころ、日本ではこんなことがあったんだ。

泣きながらでいいからさ。…読んでね。
ずいぶん前に、五木寛之さんの本に書いてあった。五木さんが大学でロシア文学をやりたいってお父さんに話したとき、お父さんが、「ロシアは、お前の母親のかたきだぞ」って言ったって。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事