めんどくせぇことばかり 東芝・トヨタ・タカタ『世界が食いつくす日本経済』 大村大次郎
FC2ブログ

東芝・トヨタ・タカタ『世界が食いつくす日本経済』 大村大次郎

原子力ルネサンスの掛け声につられて、東芝がアメリカの原子力事業に進出

ウェスチングハウス社を通じて東芝がアメリカの原子力建設を独占

2011/3/11 東日本大震災が起き、予想以上に安全性の審査が厳しいものとなる

工期が大幅に遅れて、巨額の損失が発生

アメリカの電力会社は損失の負担をほとんどせず、東芝だけが巨額の損失のほとんどを背負わされる
これが東芝の原子力事業失敗の経緯である。

もともと原発事業には、アメリカ行政の手厚い保護があった。その当時と事情が変化せず、しかも、東芝がアメリカの企業であれば、東芝が存続の危機に陥るようなことは、まずありえなかったろう。だけど、東芝の知らないところでアメリカの原子力事業は変わりつつあったのであり、何よりも東芝はアメリカの貿易赤字の相手国である日本の企業だったということだ。
アメリカはもう原発をつくるつもりはないのかもしれない。そうであれば、アメリカは安全基準強化を理由にたびたび工期を遅延させるのではなく、原発建設の中止を命じるべきだろう。なぜアメリカは、正式に原発建設を中止させないのか。それは、正規の手段を取らずに、建設側を追い込むことで原発建設を中止させるほうが、アメリカ政府とアメリカ国民にとってはるかに得だからである。
本書p49


ビジネス社  ¥ 1,404

貿易黒字に固執した日本の敗因とはなにか? 今の日本に必要なのは・・・
第1章  東芝はアメリカに嵌められた
第2章  国策としての原発輸出
第3章  日本メーカー最大の過ちは「技術流出」
第4章  トヨタ、タカタもアメリカに嵌められた
第5章  “貿易黒字至上主義"の誤算
第6章  今の日本に必要なのは“経済成長"ではなく“経済循環"
再度、東芝がはめられたケースを紹介したけど、ここんところのわずかな期間に、この東芝の他、トヨタやタカタもアメリカではとんでもない目に合わされている。タカタはそのおかげで破綻。チャイナ系資本のもとで再建を目指すことになる。

トヨタのアメリカでの大量リコール問題の概要
2009/11
運転席のフロアマットが正しく固定されていない場合、アクセルペダルがフロアマットに引っかかり戻らなくなる不具合で426万台のペダル無償交換を発表
2010/1
ペダル無償交換に、さらに109万台追加
アクセルペダルの可動部分が結露等で膨張した場合、ペダルが戻りきらなくなる不具合で230万台リコール
2010/2
凍結した路面などで、一定の条件のときにブレーキの効きが瞬間的に悪くなる不具合で43万台のリコール
北米工場での操業停止
豊田章男社長、アメリカの公聴会に呼び出される
2012/2
アメリカのトヨタオーナーの集団訴訟で、トヨタは和解金11億ドル(当時のレートで約940億円)の支払いに同意
2014/3
トヨタはアメリカ司法省に12億ドル(当時のレートで約1200億円)の制裁金
アメリカ運輸省交通安全局の調査でトヨタに責任がないことが明らかになった。トヨタ車に構造的な欠陥がなかったことが、アメリカの技術者達によって認められた。トヨタが一連の出来事で支払った巨額の和解金や制裁金は、トヨタがアメリカで商売をしていくためのショバ代という意味を持つ。事実、経営破綻したゼネラル・モーターズはアメリカ政府の支援を受けて、V字回復を成し遂げた。

タカタのアメリカでの大量リコール問題の経緯
2013/4
タカタの取引先の各自動車メーカーにエアバッグの不具合を通知し、各メーカーはリコールを届け出る。ガス発生剤の加圧力不足と高湿度により、エアバッグ作動時に金属片が飛び散るおそれがある、という内容
2013/6
同じ原因によるリコールが追加された。これを受けて、アメリカ運輸省交通安全局は各自動車メーカーに自主回収調査を要請
2013~2014
アメリカでエアバッグの暴発によるものとされる事故が頻発。事故時のことであり、事故の原因がエアバッグの欠陥によるものと判明したケースはない。
2014/6以降
アメリカ運輸省交通安全局はタカタに2014年6月以降、全米でのリコールに応じるよう再三求める
2015/5
タカタは全米3400万台のリコールに踏み切る
2015/11
アメリカ運輸省は、タカタに対し「何年にもわたって欠陥を認めるのを拒み、情報を提供しなかった」とし、最大2億ドルの制裁金を科すと発表。アメリカ運輸省交通安全局とタカタは、同意指令に合意した。同意指令の内容は「エアバッグを爆発させる火薬に、今後、硝酸アンモニウムは使用しない」というもの。硝酸アンモニウムは湿気に弱く、経年劣化による爆発が起きやすいという指摘がされていた。エアバッグの大手の中では、唯一タカタだけが使用している。
2016/6
タカタは事実上の経営破綻。負債総額は約1兆7000億ドルに登る
ちなみに、タカタのエアバッグが原因で死んだとされているのは昨年7月までで12人。全部アメリカ。日本ではもちろん0。・・・とてもわかり易いですね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。 
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


山は、生きる力、生きる喜び。
50年間の山行の中から、鮮烈な印象を受けた山々を精選し、詩歌と紀行で表わす。
これから出る本


























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本




















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい