めんどくせぇことばかり 東秩父 落合~官ノ倉山~小川町駅
FC2ブログ

東秩父 落合~官ノ倉山~小川町駅

官ノ倉山 (1)
年末に,連れ合いと一緒に、埼玉県小川町の官ノ倉山に登ったときのことは、大晦日にご紹介しました。じつはそれが12月23日のことで、28日に、今度は一人で同じ山域に入りました。連れ合いと一緒に登ったときに、官ノ倉山に続く稜線に登ると、官ノ倉山とは反対側の尾根にもはっきりとした道が続いていました。その時も、少しそそられたんだけど、なんせ連れ合いと一緒ですからね。出直したわけです。

その道は、家に帰って地図で確認したところ、山と高原地図では破線の道でした。2万5000図では、三郡境までは道が書かれていたけど、そこから落合までは道が書かれていませんでした。ただその部分は、落合に向けて尾根がゆるい傾斜で続いており、尾根の先には鉄塔もあるので、けっこうしっかりした道がありそうでした。
官ノ倉山 (1)小川町駅入り口の駐車場に車をおいて、駅から6:50くらい発のイーグルバスで東秩父に向かいました。

この日は仕事納めの日、駅についた時には結構な人が降りてきましたが、折り返しのバスの客は私だけ。

途中、朝日を浴びた笠山が前方に見えました。
官ノ倉山 (2)落合のバス停まで30分はかからなかったと思います。見送ったバスの向こうに、ようやく日が当たり始めてますね。

さて、準備をして、登り口を捜します。
官ノ倉山 (3)官ノ倉山 (4)
落合のバス停から、300mほど戻った右側に山王社の鳥居があって、その前を通過するようにして上がっていきます。
官ノ倉山 (5)道はそのまま先へ続いていますが、この白いポールから、左に山の中に入っていく道があります。これが三郡境の尾根に登るための登山口。ここに道標はありません。
官ノ倉山 (6) 官ノ倉山 (8)
この尾根は、小さなピークが何度も繰り返します。この祠が最初のピーク。急坂にトラロープがかかっていました。
官ノ倉山 (7)官ノ倉山 (9)
尾根に出ると、何ヶ所か樹林がキレて展望の利く場所がありました。右は三郡境のピーク。秩父郡、男衾郡、比企郡でいいんだよね。まさにここがその郡境。
官ノ倉山 (10)官ノ倉山 (11)
官ノ倉山 (12)官ノ倉山 (13)
官ノ倉山 (14)官ノ倉山 (15)
官ノ倉山 (16)官ノ倉山 (17)
どうも、臼入山という山の認識にズレがあるらしく、山と高原地図と実際の標識が違っている。いずれにせよ、軽い岩場があったり、あまり苦にならない小ピークの連続が、けっこう歩きやすい。城山という標識もあった。文字通り城の置かれた山であったらしい。そう言えば、写真に取らなかったけど、石垣もあったような。
官ノ倉山 (18)官ノ倉山 (19)
何度も小ピークの上り下りを繰り返すうち、ふと景色が開けると、遠く東の方角に筑波山が見える。
官ノ倉山 (20)官ノ倉山 (21)
左は寄居の街かな。遠く赤城の方角、山頂あたりはだいぶ荒れている模様。この先も、細かい上り下りが続く。
官ノ倉山 (22)官ノ倉山 (23)
官ノ倉山 (24)官ノ倉山 (25)
官ノ倉山 (26)官ノ倉山 (27)
官ノ倉山 (28)なんだかこのピークは、これまでと雰囲気が違う。簡素な祠の周囲は巨木ばかり。

なんだか雰囲気のあるところ。
官ノ倉山 (30)官ノ倉山 (31)
岩場を超えて官ノ倉山へ。つい5日前に歩いた道ですね。
官ノ倉山 (32)二本杉の左手に石尊山の標識が見える。左手奥は筑波山。この日は風が強く。この間探しておいた、官ノ倉山山頂から南側直下に風が防げて日当たりのいい場所があるんだ。
官ノ倉山 (46)ほらね。

笠山が正面に見えるのよ。ここでお昼ごはんにしました。まあ、いつもどおりのラーメンだけどね。
官ノ倉山 (34)官ノ倉山 (36)
石尊山からはスカイツリーが見えた。向こうのほうが高いってのが悔しいけど。ということで、ここからは先日と同じ鎖場の下り。今日は、小川町駅に降ります。
官ノ倉山 (37)官ノ倉山 (38)
おかえりコースとはご丁寧なことで・・・。途中の八幡社は郷社とありましたが、ずいぶんと立派なお社でした。この先に、面白いものがありました。
官ノ倉山 (40)官ノ倉山 (44)
英霊の慰霊塔があったんです。それもとても立派なものでした。それは笠山を始めとした奥武蔵の山々を臨める素晴らしい場所にありました。思わぬ発見でした。小川町やるじゃん。駅から歩いて20分ほどの場所です。こちらの方へお越しの際は、ぜひ・・・。
官ノ倉山 (45)駅から5分ほどのところの駐車場。400円です。駅前野駐車場は800円、その隣は700円です。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


山は、生きる力、生きる喜び。
50年間の山行の中から、鮮烈な印象を受けた山々を精選し、詩歌と紀行で表わす。
これから出る本


























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本




















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい