めんどくせぇことばかり 『日本の地形がおもしろくなる本』 ワールド・ジオグラフィック・リサーチ
FC2ブログ

『日本の地形がおもしろくなる本』 ワールド・ジオグラフィック・リサーチ

高校の選択科目の中でも、地学を置いている学校がどれだけあるでしょう。まあ、必修でおいているところは、もうないんじゃないでしょうか。おもしろかったなあ、高校の時の地学の授業。プレパラートに石を張り付けて砥石みたいのでけずってね。顕微鏡で見て、他の生徒が作ったのと比較するの。それに校外授業で荒川の断層に行ったりしてね。

試験前になると、まとめて教室の授業になって、生徒が寝ると先生が言うんですよね。「君たちねえ、そうやって油断をしていると、私は次の時間に嘘を教えるからね」って。で、次の時間に本当に嘘を教えて、その部分が本当に試験に出て、嘘と知らない連中はそれを答えるんだ。私は油断してなかったんですね。起きてましたからね。

地学ブームですね。ひとえに、NHKの《ブラタモリ》のおかげでしょう。面白いですもんね。私もいつも見てます。タモリが《笑っていいとも》やってるときは、せいぜい都内、それも23区内をブラブラしていただけでしたが、《笑っていいとも》をやめたら、一気に全国を駆け巡る番組に変貌しましたね。23区内限定時代からすでにその無類の地形好きが評判でしたが、全国を駆け巡るようになると、もはや地学博士と呼びたくなるような博識。柱状節理にを見たときの頬の輝き。

そうそう、地学好きの人ってそうなんですよね。以前、職場の旅行で関越高速を走っていて、車が沼田のあたりに差し掛かった時、「おお、河岸段丘」とか、「あんなにも遷急点が・・・」とか叫んでる友人がいて、やはり地形オタクでしたね。やはり同じように頬を輝かせていました。

それはともかく、《ブラタモリ》は、もう完全にNHKの看板番組の一つになりましたね。

《ブラタモリ》は、私の生まれた秩父にも行ってくれました。34か所の札所も、地質的特徴が地表に現れた場所に作られていたってことも、はじめて教えられました。・・・ということは、高校の時の地学の先生も、そのことはご存じなかったってことですね。


『日本の地形がおもしろくなる本』 ワールド・ジオグラフィック・リサーチ

宝島社  ¥ 1,026

地形が動かした日本の歴史 歴史とチリの味方が180度変わる315の雑学
①東京・大阪・愛知 都市の地形の謎
②都道府県の地形の不思議
③日本の歴史と地形
④日本列島100万年の地形ミステリー

タモリがよく言ってますね。「《キワ》が面白い」って。そういえば最近、近くの山を歩いてて良く思うんです。うちのある辺りって、本当に関東平野の《キワ》なんです。越生町に高取山ってのがあって、300mそこらの低い山なんだけど、東の展望の効くところに行くと、自分の足元から関東平野が広がるわけです。

東には筑波山双耳峰が見えて、南西にはスカイツリー。それを挟むように埼玉副都心や都心のビル群が見える。そこまで何ら遮るものがないんですね。まるで、自分が地図の中にいるような感覚さえ抱いてしまいます。

それにしてもこの本、とてつもないですよ。上に記しましたが、《315の雑学》は、扱いようによっては、それで一つの本になる。プレート理論。中央構造線。糸魚川・静岡構造線。フォッサマグナ。・・・。

そう言った地形的特性を踏まえて、ご先祖様たちは歴史を紡いできたわけですね。現代の科学で理論的に解明されて、私たちはこの日本列島を理解しようとしているわけですが、ご先祖様たちは、自分や先人たちの経験から、ほとんどの場合は、なんどもなんども痛い目に合うことによって、そこに合う生き方、手の加え方を学んできたわけですよね。

その上で、まだまだ隠された歴史があったりして・・・。日本列島は本当に面白い。

すでに、《ブラタモリ》で回った場所もいくつか含まれてましたね。それらも315の雑学の一つとしてね。だから、少なくとも、《ブラタモリ》がネタに困るようなことは、当分の間起こらないということですね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


山は、生きる力、生きる喜び。
50年間の山行の中から、鮮烈な印象を受けた山々を精選し、詩歌と紀行で表わす。
これから出る本


























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本




















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい