めんどくせぇことばかり 『遺言』 養老孟司
FC2ブログ

『遺言』 養老孟司

意味を求められないからこそ今の仕事に憧れて、それなりに努力をしてこの仕事についたんです。ちょっと仕事柄、はっきりしたことを言うわけにいかないんですけど、そんな仕事にも、少しずつ、“意味”を求められるようになったんです。本当なら、あの時やめるべきだったんですね。でも、まずいことに、悪あがきしたら、相手が少し引いたんですよね。・・・それで、「なんとかなるかも」とかって思っちゃったんですね。

それでも、“意味”は追いかけてきました。だから、逃げたんです。・・・転勤ね。人があまり望まない、ちっぽけな職場なんですけど、嫌なこともたくさんあったんですけど、仕事に“意味”を求められることはなかったんです。私には、それが何よりだったんです。だから、最後までそこで勤めようと思ってました。

それなのに、その職場、閉鎖されちゃったんですよ。6年前です。それで、元の職場に戻って、・・・“意味”のある仕事をして、疲れ果てているわけです。
私の身の回りには遺言を残した死んだ人はいません。そのせいか、遺言がどういうものかわかりません。だけど、遺言である以上、残された者がそれを理解できなかったら仕方ありませんからね。もっとわかりやすく、原稿用紙2・3枚にまとめてもらった方がいいと思うんですけどね。

でも、そしたら本にはなりませんね。


『遺言』  養老孟司

新潮社  ¥ 778

これだけは言っておきたかった 80歳の叡智がここに❢
1章  動物は言葉をどう聞くか
2章  意味のないものにはどういう意味があるか
3章  ヒトはなぜイコールを理解したのか
4章  乱暴なものいいはなぜ増えるのか
5章  「同じ」はどこから来たか
6章  意識はそんなに偉いのか
7章  ヒトはなぜアートを求めるのか
8章  社会はなぜデジタル化するのか
9章  変わるものと変わらないものをどう考えるか
終章  デジタルは死なない

1章から始まって、その個々の章で養老孟司さんが言わんとしていることがわからないってわけじゃあないんです。もとから養老さんは、あらゆることは事実を踏まえて思考される方で、非常に分かりやすい考え方をされる方ですからね。

1章で養老さんの言ってることはわかります。2章も、3章もわかります。だけど、遺言でしょ。養老さんが、何を二十数歳年下の私に伝えようとしているのか、個々の章を理解するだけでは汲み取れなかったんです。

だけど、読み進むうち、後半に入っていく頃には、ようやく養老さんが伝えようとしていることの概要がつかめるようになっていきました。もしこれから読まれる方がいたら、そう思って読み進むことをおすすめします。

そのようにして理解したこの本の概要をもとに、冒頭の、私の有り様を書きました。定年まで残り少ないんですが、もう一度、意味を求めずに仕事をしてみようと思います。・・・それが許されなかったら、・・・もう、・・・ねえ。

ソーラーパネルについて、養老さんが終章に書いている。私はソーラーパネルを見るたびに、腹が立って仕方がない。そのたびに、呆れ返る。どうして一方を悪と決めつけて、勝手な善を押し付けようとするのか。

ソーラーパネルを見るたびにそう思う。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

WEB小説「北円堂の秘密」を知ってますか。
グーグルやスマホでヒットし、小一時間で読めます。
北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。
重複、既読ならご免なさい。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事