めんどくせぇことばかり 『トランプウソつかない 変見自在』 髙山正之

『トランプウソつかない 変見自在』 髙山正之

この間、この本のネタを使ってフィリピンのことを書いちゃいましたけど、いつもながらの《変見自在》シリーズです。『週刊新潮』のコラム《変見自在》の一年分ですね。『週刊新潮』は悪いけど読んでないので、いつもいつも新鮮な気持ちで読ませてもらってます。

『週刊新潮』に掲載されたのが2016年7月~2017年7月ということです。2016年の7月と言えば、やはりアメリカ大統領選でトランプがあれよあれよと共和党候補に躍り上がる時期かな。大統領選挙が11月8日。11月9日に開票でしたよね。

私、よ~く覚えてるんですよ。ちょうど足の手術を受けた時期に重なるんです。10月25日に入院して、27日に手術を受けて、11月14日に退院したんですね。手術直後は痛くてね。でも、大統領選の頃は懸命に歩行練習をしているところでした。

もちろん、その間、ブログは休止。ニュースには触れてませんでした。歩行訓練の途中、たまたま談話室のテレビで開票途中のニュースを見ました。私は、トランプを応援するというよりも、ヒラリー・クリントン米大統領は絶対勘弁してほしいという思いでおりましたので、トランプの当選がほぼ決まったときは、万歳を三唱しました。・・・心の中で。

そして年が明けて、ドナルド・トランプが本当に大統領に就任してすったもんだが始まるわけですから、高山さんの《変見自在》でも、トランプが主役を務めるのは当たり前ですね。



新潮社  ¥ 1,512

暴言大統領と思ったら大間違い 彼の言動にアメリカ人の黒い本音が潜んでいる
第一章  朝日の断末魔が聞こえる
第二章  世界が認める日本人の凄さ
第三章  正しい歴史を知れば怖いものなし
第四章  今日も朝日にウソが載る
第五章  「フェイクニュース」の元祖はどこか  

さすがに高山さんは、トランプ大統領登場の歴史的意味を、的確につかんでますね。
ヒスパニックは国境を勝手に出入りし、移民も欧州からだけではなく中東や中国からも入ってきた。「だって米国は移民の国じゃないか」

そこで「俺たちの言う移民にお前たちは入ってない」とトランプが言った。大方の米国人はそれに賛同した。今回の大統領選の結果がそれを示している。
本書p157
「本来のアメリカに戻す」ということだ。

この間、養老孟司さんの『遺言』という本を読んで、その紹介をさせてもらった。それに関してなんだけど、今週、仕事でいやな思いをした。

もはや仕事に意味を求められて疲れ切ってる私ですが、それでもグレーゾーンを設定して“本来のあるべき仕事”をしていたわけです。そしたらどうも、そのグレーゾーンを「許可するのか」と、上司に詰め寄ったやつがいたらしい。困った上司が、逆に私のところへ相談に来た。周りの状況を考えて、上司に鎌をかけてみたら、人物がほぼ特定できた。70年安保世代に5歳くらい足らない年齢の方が、年下に直接文句を言えないので上司に告げ口ですからね。翌日の朝、「あの件ではとてもご心配をおかけしました」とご挨拶をしておきました。・・・世代ってものが、あるんでしょうか。きっと朝日新聞を読んでるんだろうと思います。・・・聞いたことないけど。
産経ニュース 2016/01/16
百田尚樹さんの「売国新聞を支える読者も日本の敵」ツイートに朝日新聞広報「差別的な発言に強く抗議します」
http://www.sankei.com/politics/news/180116/plt1801160015-n1.html
(抜粋)
作家の百田尚樹さん(61)が12日に自身のツイッターに朝日新聞の読者を指して「売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ」と投稿し、朝日新聞広報部は15日までに「特定の新聞の読者を敵視するような差別的な発言に強く抗議します」などとするツイートを朝日新聞広報部名で行った。百田さんは15日、これに再反論した。
(続きを読む)に全文

平昌オリンピックを目前に、この時期になって朝鮮南北会談が開かれて、北が参加してくることになった。これをめぐる北の動き、韓国の動き、チャイナの動き、ロシアの動き。本当に面白いね。

つくづく、民族性ってのは変わらないんだなって思う。特に韓国、文在寅には笑わせられますね。笑わせられるけど、笑ってばかりいられない。半島人てのは、その宿命から絶対逃れることができないんだね。対応は、降りかかる火の粉を振り払う以外は極力関わらないこと。それしかないですね。・・・高山さんがこれをどう書くか、一年後の『・・・変見自在』が楽しみですね。

《変見自在》を読むと、常々思うんですけど、やっぱり「知っている」ってことは大事なことですね。いや、逆に「知らない」ということの恐ろしさを感じてしまいます。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
産経ニュース 2016/01/16
百田尚樹さんの「売国新聞を支える読者も日本の敵」ツイートに朝日新聞広報「差別的な発言に強く抗議します」
http://www.sankei.com/politics/news/180116/plt1801160015-n1.html
(全文)
作家の百田尚樹さん(61)が12日に自身のツイッターに朝日新聞の読者を指して「売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ」と投稿し、朝日新聞広報部は15日までに「特定の新聞の読者を敵視するような差別的な発言に強く抗議します」などとするツイートを朝日新聞広報部名で行った。百田さんは15日、これに再反論した。

「朝日新聞は、慰安婦の日韓合意で、韓国の肩を持ったり、尖閣の中国潜水艦の記事を一面から外したり(他紙はすべて一面)、マジで潰れてもらわないといけない!!」。12日、百田さんはこのようなツイートを投稿した。

怒りが収まらないのか、百田氏は続いて「これは首を賭けてもいい。もし、中国と日本が軍事衝突をすれば、朝日新聞は100パーセント、中国の肩を持つ。朝日新聞は日本の敵だが、そんな売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ」とも。

これに対し、朝日新聞は15日、広報部名のツイッターに「『朝日の読者も日本の敵だ』と作家の百田尚樹さんが発信していますが、特定の新聞の読者を敵視するような差別的な発言に強く抗議します。私たちはこれからも建設的で多様な言論を尊重し、読者とともにつくる新聞をめざします」と、百田さんの投稿を座視できない差別的発言だと主張した。

 百田さんは16日、「朝日新聞の広報さん」と呼びかけた上で「私はたしかに朝日新聞と読者を敵視したようなツイートをしましたが、差別的な発言はしていません。なんでもかんでも、すぐに『差別だ!』と、がなりたてるのはやめませんか。精神が弱者ビジネス丸出しですよ」と投稿した。ネット上では百田さんに対し、賛否両論のコメントが殺到している。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


冗談とフンドシはまたにしろ
芋頭でも頭は頭
茨も花持つ

日本語は、もっともっと深かった
これから出る本




















































































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 




























































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい