めんどくせぇことばかり 『毎日ごちそうサラダ』

『毎日ごちそうサラダ』

え~?サラダ~?

そう思う人は私と同じ世代かな。サラダっていうと葉っぱを思い出してしまう。葉っぱに油と酢と塩をかけて食って、なにが面白いんだ。・・・そう思うわけでしょ。わかります。わかります。私もそう思います。

あの、葉っぱに油と酢と塩をかけて食うサラダは、きっと何かの間違いです。なぜなんでしょう。あれこそをサラダと呼んでいた一時期がありましたが、それが間違いです。

万年食当の私にすれば、本来、サラダとは、ポテトサラダか、マカロニサラダのどちらかです。山に行って、「明日はきついぞ」って時には、必ずどちらかを作りました。・・・ニンニクを効かせたニンニクマヨでね。コッヘルにたっぷり作って、一人器に一杯ぐらいは食わせてね。


それだけに、南都か女の子とデートにこぎつけて入ったしゃれたレストランで、あのレタスとカイワレときゅうりと赤かぶみたいのにドレッシングかけたサラダを前にして、「おいしいですね」・・・。誰か私の首を絞めて。

今、分かった。・・・そして見事に降られた思い出と、葉っぱだらけのサラダの味が重なって、胸の中にむなしい風を吹かせているんだ。・・・きっと、葉っぱのサラダのせいじゃないんだ。



学研プラス  ¥ 1,188

朝食に、ランチに、帰ってからでも 少しだけ贅沢に、もっと楽しく
Part 1  なんとも作りたい、食べたい人気の定番サラダ
Part 2  おもてなしにもボリュームおかずサラダ
Part 3  いつもの野菜でおしゃれに 野菜別簡単サラダ
Part 4  主食にもなるワンディッシュ サラダごはん


そんな“むなしさ”なんて、この本を読めば吹っ飛びますよ。なにしろ、腹いっぱいになりそうなサラダがいっぱい載ってるんですから。あるいは、これがサラダなら、サラダは立派な酒の肴って感じですかね。少なくとも、レタスとカイワレときゅうりと赤かぶみたいのにドレッシングかけたサラダという、私の失恋の思い出とともにある“むなしさ”の源は、この本が言うサラダ界からは姿を消しました。

たとえば、《トマトソースがけビーフサラダ》。これは焼肉用の牛肉の生姜焼きにして、レタスを敷いた皿に乗せ、上からざく切りにしたトマト入りのソースをかけた料理です。

これは、今までの私の見解では、サラダという範疇には入らない料理です。《牛肉の生姜焼きトマトソースがけ》です。若き日の私なら、ご飯を3杯は食べていたところです。《手羽先の塩焼きサラダ》《揚げ鯖のサラダ仕立て》《さんまとごぼうのソテーサラダ》・・・これらも、ほぼ同様に仕立てられた料理です。

これを“和え物”仕立てにすると、酒の肴のようになりますね。《ブロッコリーとささみのワサビ和え》《クレソンの白和え》《ステーキサラダ》《キノコと鶏肉のイタリアンサラダ》《かぶとスモークサーモンのエスニックサラダ》とかね。《タラとじゃがいもの温サラダ》・・・、これは強烈。レシピにないけど、私ならニンニク風味にするな。

極めつけは、それらをそのままご飯に乗っけます。もう皆さんにも、題名を見ただけで料理が頭に思い浮かぶはずです。《マグロと香味野菜のエスニックサラダごはん》《アボガドサラダカレー》《香味ハンバーグサラダごはん》《サラダステーキごはん》・・・どうだ❢




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


グランドジョラスの森田
エベレストの加藤
デナリの植村
そしてウルタルの長谷川

山では、命が輝きを放つ
これから出る本














































































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 
































































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい