めんどくせぇことばかり 米朝戦争『2018年長谷川慶太郎の大局を読む』

米朝戦争『2018年長谷川慶太郎の大局を読む』

まったく、日本っていうのは、本当に厄介な国だな。いや、失礼しました。なにも日本が厄介なわけじゃないんですよね。周りが厄介な国ばっかりなんだよね。

日本の周辺国ってのは、韓国、北朝鮮、チャイナ、ロシア、太平洋の向こうにアメリカってことですからね。いずれの国も、例外なく厄介。厄介率100%。

そんな中でも、今の日本人にとって一番の関心事は、やっぱり何と言っても北朝鮮の核開発問題ですよね。ちょっとその辺、長谷川慶太郎さんがなんと言っているか。見ておきますね。もちろん、この本が出たのが10月ってことを承知の上でね。
まずは基本的な認識。
NPT(核拡散防止条約)は1963年に国連で採択された。そのとき核兵器を保有していたのはアメリカ、ソ連(ロシア)、イギリス、フランス、チャイナの五カ国。1970年から発効し、現在、191カ国が加盟している。この191には、北朝鮮も含まれている。加盟していないのはインド、パキスタン、イスラエル、南スーダンで、インド、パキスタン、イスラエルは核を保有している。

北朝鮮は1993年に脱退するといい出して撤回したが、2003年にまた脱退を表明した。以来、北朝鮮は脱退した気でいるが、NPTは北朝鮮の脱退を承認していない。承認していない以上、北朝鮮の核開発と保有はNPT違反であり、制裁は当然である。

北朝鮮の核開発と保有はNPT以前の問題である。北朝鮮は非民主的な独裁国家である。さらに核開発に関しても、北朝鮮は、かつてそれをやめる代わりに軽水炉二機と年間50万トンの重油を提供するという約束を国際社会と結んだにも関わらず、その約束を踏みにじった。平然と嘘をつく国だということだ。
北の望みは何か。国民の平穏か?・・・残念ながらあの国にはそんな当たり前の願望はない。国民を犠牲にしても核開発に邁進するのは、ひとえに体制温存のためである。核保有国として米国と対等に渡り合うことにより、現在の支配体制を温存するために、総力を上げてアメリカに届く核兵器を開発している。

言わずと知れた事だけど、北に一番の影響力を持つのは“血の盟約”の間柄のチャイナ。チャイナは、北が潰れれば、韓国に駐留する米軍と直接向かい合うことになる。それを避けるためには北朝鮮を温存するしかない。しかし、北が核開発を続ける以上、アメリカは北との対決を選択せざるを得ない。オバマや、クリントンでない限り。

アメリカの本気度を測って、チャイナは本気で北に核開発をやめるよう働きかけている。



徳間書店  ¥ 1,728

老いてますますその分析力に磨きがかかる著者が2018年の世界の動きを的確に予測
第一章  沈没寸前のトランプ丸の進路が見えた
第二章  安倍政権の命運を占う
第三章  拡大する「金融&分裂」危機の欧州
第四章  毛沢東になって習近平はなにをめざす

9月3日、北朝鮮は「水爆実験に成功」と発表。9月4日、アメリカは国連安保理の緊急会合で制裁決議採択を目指す意向を示し、9月11日に採択。通常ならチャイナやロシアへの工作に2ヶ月前後かけるところ、わずか1週間で採択ですからね。チャイナやロシアが、北の水爆実験に危機感を抱いたからですね。

それでも、その後も、ことあるごとにチャイナは“両者に”冷静を呼びかけている。チャイナ以上にロシアは、アメリカの“行動”に釘を差そうと躍起に見えます。

だけど、対北朝鮮の経済制裁は、実際にかなり聞いているようですね。1月に入り、平昌オリンピックを目前にして、北が韓国をうまく使って平和攻勢に出たのも、だいぶ苦しい状況だからでしょうね。

たしかに、北朝鮮問題を巡っては、プレイヤーは北朝鮮とアメリカ、バイプレイヤーがチャイナとロシアで、日本はいつも通り埒外ですよね。ごく常識的な捉え方ですが、長谷川慶太郎さんも同様ですね。

だけど、世界中が北朝鮮の条約違反と、嘘つきであること、さらには追いつめられた今、なんでもやりかねないことを認識している。金正男を殺したことは、やはりまずかったですね。

この状況なら、“埒外”の日本にもできることがある。安倍首相や河野外相が、あちこちか駆け回って制裁の徹底を訴え、制裁逃れの穴を塞いで回ってる。地味ではあるが、北朝鮮の暴君を追い詰めるには効果があるでしょうね。うまく追い詰めることだな。

ただし、大きなリスクを背負ってることも確か。アメリカが、アメリカの安全のために行動を起こすこともあるのは疑いの余地もない。その局面を巡っての北の暴発は可能性としては、決して排除できませんよね。

そうそう、韓国の文在寅政権のあんなことやこんなことですが、長谷川慶太郎さんは放っておけってさ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


冗談とフンドシはまたにしろ
芋頭でも頭は頭
茨も花持つ

日本語は、もっともっと深かった
これから出る本




















































































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 




























































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい