めんどくせぇことばかり 『山に遊ぶ心』 中野孝次

『山に遊ぶ心』 中野孝次

1993年初版の本。私はその頃33歳で、ちょうど山をあきらめる気持ちを固める頃だな。だから当然、読んでないです。今回、初めて読みました。この本の存在を知って、図書館で借りました。まったく、図書館というのはありがいたものだ。おかげでこういった良書に触れることができる。

山の随筆を読むのは楽しい。歩いた場所が違っても、実際の体験は違っても、“山に遊ぶ”ということにおいては、関係なく共感できますからね。

《登山によって得られた楽しみは、いかにしてもこれを他の人に伝えることはできまい》とは、『アルプス登攀記』を書いたウィンパーの告白であるという。

私なんかには、ウィンパーの心境は思いもよらないが、確かに手を変え品を変えてその時の感動を伝えようとしても、所詮、「私は感動した」という言葉を言い換えているに過ぎない。だから、それ以上のものを伝えられているはずもない。聞いた人や呼んだ人に私の心を移植するわけにもいかないのだから、仕方がない。

だからといって、聞いた人や呼んだ人が表してくれた反応を無下にするのも大人げない。それなりに受け止めておけばいいし、「この人は山さえ言っていれば幸せなのか」と思われるなら、こんなに結構なことはないじゃないですか。


『山に遊ぶ心』    中野孝次


小沢書店  ¥ 時価

あきらかにしりぬ、心とは山河大地なり、日月星辰なり  道元

わが月暦画
うちなる焼ヶ岳 一月
雪中の狩人 二月
チロルの墓碑銘 三月
物の見えたる光 四月
中世アルプスへの郷愁 五月
レオナルドの宇宙観 六月
夕焼けの阿蘇 七月
美わしの南チロル 八月
山小屋の秋 九月
幻の乗鞍岳 十月
初冬の山国 十一月
塩ノ道紀行 十二月山小屋の雪
山小屋の雪
《秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる》

大学受験の重圧あら逃げ出して、涸沢にテント張って、あちこち歩き回ったり、ボーとした日々を過ごした。「ああ、涼しい風が吹き始めたなぁ」って思ったら9月3日で、家に電話したら、捜索願を出されていた。

《山の美は、生物の恐怖や不安や緊張感を底に踏まえたところにしか現れないから、たぶん比類なく美しいのである》

“一人で山と向かい合う”ことができた時、山での体験は比類なく美しいものに包まれていく。“一人で山と向かい合う”って言ったってなあ。今の私にできるのは、そのへんの山だけですからね。それでも“一人で山に向かい合う”って、今の私にはそうそうできることじゃない。

山に登る理由? ・・・ないな。理由はありません。「山に行く時間が取れたから行く」って、そんなくらいかな。それは、呼吸と同じように必要欠くべからざる行動で、なんらかの理由があってやってることじゃなくて、そうするのが当たり前のこと。

私は、おおよそ25年ほど山から離れていたから分かるんだけど、その期間は、他の方法で心をコントロールすることが必要だった。けっこう片寄ってることなので、とてもじゃないけど人前で言えないけどね。

誰でもそうでしょ。自分の心をコントロールしてるでしょ。山に行く人って、そんな意識せずに、山に行くことで自然にそれを行ってるんでしょうね。だから、今の私は、ほんの一年少し前まで行っていた、口に出すこともはばかられるような破廉恥な行為をせずに済んでいます。

それは何かって? だから、あれをこんな風にして、あんなことやこんなことを・・・。 あー❢




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


冗談とフンドシはまたにしろ
芋頭でも頭は頭
茨も花持つ

日本語は、もっともっと深かった
これから出る本




















































































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 




























































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい