めんどくせぇことばかり 『大日本史』 山内昌之 佐藤優

『大日本史』 山内昌之 佐藤優

佐藤優さんは、一体どれだけの本を出しているんだろう。それもここのところ“対談モノ”がきわめて多い。「対談なら喋っていればいい」ってことじゃないでしょうし、その合間合間にお一人で書いてますしね。書く以上に、その何倍も何倍も読んでらっしゃるでしょうからね。・・・寝る間があるんでしょうか。なにかと考える視点を与えてもらってるんで、私としてはありがたい話なんですが・・・。

それにしても、『大日本史』というのはいかがなものでしょう。佐藤優さんは2015年に、池上彰さんとの対談で、『大世界史』って言う本を出しています。今回と同じく文春新書からです。ということで、二匹目のドジョウを狙って、安直な題名をつけたのは文春新書の仕業でした。

『大日本史』と言いながら、目次にあるように、黒船来航以来の近現代史。それも、目次の内容に限定されています。つまり、日本近現代史全般を対象にしているわけではありません。もちろん、近現代史でもポイントとなる重要問題を取り上げているわけです。だから、親切を考えれば、『大日本近現代史』と言う題名になりますね。・・・でもこれだと売れそうもないですね。

あっ、そうそう。おまけみたいになっちゃいましたけど、山内昌之さんの博識ぶりも佐藤優さん同様で、ものすごいですよ。佐藤さんの言葉を借りれば、第一バイオリンは山内さんで、膨大な知識を注入するのが役割で、それに合わせて分析的判断を下す佐藤さんは第二バイオリン。そういう役割分担のようです。

『大日本史』    山内昌之 佐藤優

文芸春秋  ¥ 929

幕末から太平洋戦争まで「日本の最も熱い時代」を縦横無尽に徹底討論
第一回 黒船来航とリンカーン
第二回 西郷と大久保はなぜ決裂したのか
第三回 アジアを変えた日清戦争 世界史を変えた日露戦争
第四回 日米対立を生んだシベリア出兵
第五回 満州事変と天皇機関説
第六回 二・ニ六事件から日中戦争へ
第七回 太平洋戦争 開戦と終戦のドラマ
第八回 憲法、天皇、国体 

自分の知識が二人に追いつける部分に関しては、・・・正直言って特別真新しいことがあるわけではない。だけど、自分の認識がそれていないことを確認できるのはありがたい話だし、二人は私と違って、私以上に深くて詳細な知識でその認識を獲得しているので、私の浅薄な認識も、二人の深くて詳細な知識に保障されることになる。

二人の対談の中で一番面白かったのは、陸軍軍事課長永田鉄山に関する部分ですね。この課長クラスが、日本の鼻面を引き回して、あげくの果ては奈落に突き落とすことになるんですからね。その課長クラスでも群を抜いて能力が高かったのが永田鉄山だったんですね。
 
一課長に過ぎない永田鉄山の指示に、参謀総長や陸軍大臣など高級統帥エリートも従わざるを得ない構図を作り上げていくことができる人物なんですね。それは山内昌之さんが報告していることなんですが、行政府の内閣でさえも文句の言えない手順で謀略を着実に組み立てて「やらざるを得ない」状況に仕立て上げるんですからね。

佐藤さんに言わせると、外交においても、自体が大きく動くときは、主導しているのは課長や課長補佐クラスらしい。一番仕事が良く見えている立場の人たちだな。彼らが省庁横断的にいろいろ調整して、なおかつ政治家を巻き込んでいく。日本的官僚機構の特質でもあるらしいけど、永田鉄山は軍人ですからね。軍人である、しかも課長級の永田が政治を手玉に取っていくのだから、大変危険な状況が生まれていたわけだ。

さらにまずいことに、その永田鉄山が相沢三郎に切り殺されてしまう。山内さんが面白い言い方をしているんだけど、永田の死のあと、「永田のような国家の長期ヴィジョンも、科学的合理性も、法的手続きの正当性への配慮もない単細胞の軍人たちが、下剋上と強引な政治介入という禁じ手のうわべだけを引き継いでいく」ことになるわけですね。

たしかに、この後は著しく永田に足りない課長や課長補佐クラスが、日本の鼻面を引き回す時期に入っていきますね。

日本は、戦争に負けて、アメリカに占領されて、みじめな状態に落とされそうなところだったわけですね。それが、冷戦の開始によって占領政策が変更されて、今のような日本が生まれることになった。いずれにせよ、日本に対する絶対正義を必要としたアメリカの基準を押し付けられることで、逆に日本は自分で自分の過去に決着をつけることができなかった。

こういう本の登場ってのは、そういう意味で、とても重要だと思います。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

リンクに追加させていただきました~

よろしくお願いいたします。

好日奥武蔵 さま

すみません。勝手にリンクさせてもらってました。
どうぞ、よろしく

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


グランドジョラスの森田
エベレストの加藤
デナリの植村
そしてウルタルの長谷川

山では、命が輝きを放つ
これから出る本














































































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 
































































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい