めんどくせぇことばかり 『100万人が笑った「世界のジョーク集」傑作選』 早坂隆

『100万人が笑った「世界のジョーク集」傑作選』 早坂隆

今、久しぶりに出されたシリーズ本の『新・世界の日本人ジョーク集』を読んでるんです。面白いこと、面白いこと。抱腹絶倒です。読み終わったら記事にします。

経のところはその予告版。前に書いた記事ね。

東日本大震災が発生し、日本中が歯を食いしばっていた2011年。『100万人が笑った「世界のジョーク集」傑作選』が出版されました。以下の記事は、その時のものです。
著者がこれまでに出した「世界の紛争地ジョーク集」「世界反米ジョーク集」「世界の日本人ジョーク集」「続 世界の日本人ジョーク集」「世界のイスラムジョーク集」「日本の戦時下ジョーク集 満州事変・日中戦争篇」「日本の戦時下ジョーク集 太平洋戦争篇」からの傑作選。

傑作選ともなれば、それこそ立派な文化人類学。 しかもこれだけ笑いながら読める本は他には絶対存在しない。

この傑作選を出すことになったきっかけは、東日本大震災にあるらしい。 人間はどんなときでも笑おうとする。 それが明日を生きる糧になることを知ってるんだな。



中央公論新社  ¥ 821

今こそ笑いの力を。腹の底から笑って、不安な気持ちを吹き飛ばそう。
紛争地で笑え!
誰が助かった? 誘拐事件 結婚の決め手 ほか
アメリカを笑え!
野蛮の定義 本屋にて 世界最強の軍隊 ほか
日本人を笑え!
不良品 青いキリン サウナにて ほか

2000年7月に開催された沖縄サミットで森総理は当時のアメリカ大統領、ビル・クリントン氏と会話する必要があった。

しかし、森元総理は英語がとても苦手だったので、部下に頼んで英語の指導をしてもらった。

「まずは挨拶です。クリントン大統領をお目にかかったらまずは『ハウアーユー?(How are you?)』と言ってくださいね、そしたら、クリントン氏は総理に『Fine,and you?』とお伺いすると思うのでそれに対しては『ミートゥー(Me,too)』と答えてください。これで挨拶の掴みはOKなのであとは我々におまかせを!」

沖縄サミット当日、森総理はクリントン大統領を見た瞬間に駆け寄っていって相手が話す前に挨拶をした。

「Who are you?」


一瞬ひるんだクリントン大統領だったが、ジョークだと思いクリントン大統領はこう返した。


「I’m Hillary’s Husband.」(私はヒラリーの夫ですよ)※ヒラリーとはクリントン大統領の奥さんヒラリー・クリントンである。


しかし、せっかくのジョークを台無しにした森総理の最後の一言は


「Mee too !!」(俺もだよ!)


満面の笑みを浮かべる森喜朗氏に対し、クリントン大統領の顔は硬直していたそうだ。

ほとんど都市伝説化している森元首相ネタだけど、たしかに面白い。だけど元ネタでは韓国の政治家だったとか。
 イタリア人男性100人に聞きました。「あなたはセックスの後、何をしますか?」
 5% → テレビを見る
 5% → タバコを吸う
 5% → 読書をする
 5% → 寝る
そして、残りの80% → 家に帰る
いいですねぇ。エスニックジョーク。でも、『続・世界の日本人ジョーク集』が出てから10年たってますからね。

比較文化的にとらえた日本人の存在感もだいぶ様変わりしてきたかも。
そのうち、“ネタばれ”込みで紹介します。楽しみにしててください。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


冗談とフンドシはまたにしろ
芋頭でも頭は頭
茨も花持つ

日本語は、もっともっと深かった
これから出る本




















































































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 




























































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい