めんどくせぇことばかり 『100年後に残したい❢マンガ名作』 日本漫画家協会
FC2ブログ

『100年後に残したい❢マンガ名作』 日本漫画家協会

ものごころついた頃から、いつも傍らには心を熱くさせるマンガがありました。昭和35年生まれの私は、ちょうど、テレビでマンガを見るようになる時期と重なっていて、まさにマンガが豊かな文化に成長するなかで、一緒に大人になりましたからね。

だけど、この間、私よりも3歳年上の方とマンガに関わる話をしていて、微妙な年の違いだけではない“ズレ”を感じたんです。とても残念なことなんだけど、その“ズレ”っていうのは、私が、本来ドンピシャなはずのマンガのことを、知らない場合が少なくないってことなんです。

私が生まれ育った秩父は、私が子供の自分まで、どうも物理的に文化の流入に時間的なずれがあったようなんです。その後、そのズレはなくなったようですが、私が秩父を出て生活するようになったからも、やけに10歳ほど年上の方と話があうんです。これは秩父育ちで、外で生きるようになった者の多くが経験することなんです。

だけど、マンガに関する“ズレ”はどうもそれとは無関係なようです。・・・もう、解決済みです。分かりました。

小学校はもとより、中学、高校、それこそ仕事をするようになるまでは、私がマンガを読んだのは、人から借りるか、人がすてた本か、あるいは立ち読みだ。自分でお金を出して買って読んだこともあっただろうけど、たまたま・・・だな。

だから、どうしたって読んでないことも、少なくないんだ。


だから大人になって、子供の頃に読んだと思っていたものも、あらかた読み直したんだな。いつの間にか、その後、脳の中で記憶の杉合わせが行われているのかもしれない。



玄光社  ¥ 3,240

マンガファンと名作マンガとの出合いの一助になる、そんな1冊であれたら・・・
1 マンガに生涯を捧げた漫画家とその作品
2 漫画家が選んだ優れたマンガ作品
3 マンガ業界に貢献した漫画家とその作品


高校の時に、手塚治虫の全集の編纂が始まって、なんとか全部揃えたいと思って書い始めた。歩荷や山小屋のバイトで、場合によっては金を持ってることがあったからね。でも、すぐ続かなくなって、“中途半端”とは呼べないほど早い段階であきらめた。

結局は、拾ったもんだろうが、人から借りたもんだろうが、立ち読みだろうが、あるいは自分で買ったものであろうが、機会があるたびに、最大限読み漁った。私のマンガ体験は、結局そうして出来上がったもんなんですね。

さて、この本。文句のつけ用はありません。ここに取り上げられているようなマンガには100年後にも、200年後にも残っていってほしいもんだと思います。

中には、そうですね。私の知らないマンガもありました。もちろん、比較的新しいマンガですね。

バブルが弾けたあたりで、マンガを読んだらすぐに捨てる人がいなくなったんですね。人から借りようにも、以前のようにマンガを持ってる人もいなくなって、その頃よりもずっと前に、立ち読みは難しくなってました。

だったら自分で買って読むしかないんだけど、子供が成長していく中で、いろいろとお金がかかるもんだから、マンガに割くお金がなくてね。あの頃から、マンガに触れる機会が、極点に減ったんだ。

私が読む、読まないに関わらず、面白いマンガは登場してたんですね。子供も独立したことだし、・・・これからそういう本を読む機会がやってくるかな。・・・読んでないということは、とても楽しみなことだな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事