めんどくせぇことばかり 『生活のなかの神道』 ひろさちや
FC2ブログ

『生活のなかの神道』 ひろさちや

知らないうちに“いい歳”になってしまったけど、ここまで生きてきても、まだまだなにも納得できてない。いろいろと勉強もしてみたけど、結局、一番大事なことが分からない。その答えを求めていたはずなんだけど、逆にどんどん遠ざかって、今ではなにが知りたかったのかさえ思い出せない。

すぐ近くにありそうな気がするんだけど見つからない。時々、無意識の中で手ごたえを感じるんだけど、意識すると雲散霧消してしまう。

考えてみれば、子どものころからそうだって気がする。惜しいところまで近づいて、「この分ならいずれ」と思ったものの、結局、なにもつかめずに人生の終盤を迎えようとしている。

私がひろさちやさんの本を好んで読むのも、きっとそのせいだ。何かを、その中に見つけようよしている。

日本における霊的存在を示す原初的な語は“タマ”と呼ばれるものなんだそうだ。折口信夫さんのおっしゃることらしい。この“タマ”の善的要素が「カミ」になり、悪的要素が「モノ」になった。さらに善悪両方を兼ねたものが「オニ」だということらしい。妖怪は、“タマ”の悪的要素である「モノ」の形態ということですね。

柳田国男さんの説はちょっと違って、神々への信仰の衰退が妖怪を生み出してしまうという。妖怪とは神々の零落した姿で、かつては神として信仰されていたものが、落ちぶれた結果妖怪になったと。

柳田風に捉えれば、雪女は山の神への信仰が衰退したもの。河童は川の神、あるいは水神への信仰が衰退したものということになる。妖怪にはいつも“悲しさ”や“切なさ”が付きまとっているけど、その理由の一端が見えたような気がしますね。

そういう“悲しさ”や、“切なさ”の中に、何か大事なものが隠されているような気がするんだけどな。


『生活のなかの神道』    ひろさちや

春秋社  ¥ 1,836

神社以外にも、福の神から妖怪、ご先祖様まで、日本にはたくさんの神さまがいる
1 生活の神道v.s.人生の仏教
2 「空気」のようなカミ
3 名前がついた神
4 神話の中の神々
5 ご先祖様という神
6 悲しき妖怪たち
7 福の神と貧乏神
8 神さまとの付き合い方
9 神社のいろいろ
10 神道は「やまと教」だ!


江戸時代の後期に実在した仙崖義梵という禅僧のお話は面白かった。人からめでたい言葉を書いてくれと揮毫を頼まれて、《祖死父死子死孫死》と書いて渡したという。これは怒りますよね。縁起、悪そうですもんね。仙崖義梵はこう言ったそうです。

「そんなことはあるまい。まず爺さんが死んで、そのあとで父親が死ぬ。父が死んでから子が死ぬ。そのあとで孫が死ぬ。こんなめでたいことはあるまいぞ。この順番が一つでも狂えばどれだけ人は悲しみの涙を流さねばならないか、よく考えなさい」

これは参りました。

私に関しては、今のところ順調です。祖父が死に、祖母が死に、母が死んで、父が死にました。

順番と言えば順番ですが、ここで大きな問題がありますね。連れ合いが先か、私が先か。できることなら私が先に逝きたいな。

そう、今また、この本を読んで、自分が求めていたものに、何だか近づいたような気がしたんです。そう思って、読み返してみると、それはスッと脇の下から通り抜けて、振り返ると、もうどこにもないんです。

そして最後の時、その瞬間、私はそれに気づくのかな。それとも気づかずに逝くのかな。「なんだったっけかなぁ~、あれ・・・」って。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事