めんどくせぇことばかり 『里山さんぽ 植物図鑑』 宮内泰之
FC2ブログ

『里山さんぽ 植物図鑑』 宮内泰之

また、買ってしまった。・・・と言って、後悔しているわけじゃあないんです。どちらかと言えば、「今年こそ、この本で、少しは草花の名前を覚えるぞ」と、意欲に燃えているんです。

ただ、去年の今ごろも、そんなことを考えていて、同じような本を買ったことも事実なんです。そして、ほとんど何一つ、新しく覚えた花はないんです。

でも、春先のちょうど今頃、梅が咲きだそうかって頃になると、里山だとか、河原の土手だとかに出かけたくなるんですよね。そこで愛らしい花を見つけたりすると、この年になってもその花の名前を知らない自分が、どうしようもなく情けなくなるんですよね。そこで、こういう本に手を出すことになるわけです。

同じことの繰り返し?

それが違うんです。今年の私は少し違うんです。

今までの私は、その名前を知って、できれば食ってやろうと、・・・食おうとしてたんですね。だから選ぶ本も、自然と『おいしく食べる山菜・野草』とか、『食べる野草図鑑』とかに傾いていたわけです。今年の私は、その思いを捨てます。「食おう」としない。

里山や河原の土手を歩いていて、「ああ、お前の名前は・・・だね」と、「昔の名前で出ているんだね」と、純な気持ちで語りかけようと思っているわけです。



成美堂出版  ¥ 1,512

芽吹いたばかりの植物が、やがて花をつけ、さらには実を結ぶ 何度も足を運ぼう
植物の基本
草花図鑑
樹木図鑑
里山さんぽに出かけよう


素人には、豊富な写真は絶対必要。だけど、それだけじゃあないんだよね。土の質や、日当たり、他の植生によっても、茎の長さや花の大きさ、それから色なんかも微妙に違ってきますよね。だから、写真で見ると、同じものとは思えないような場合もある。

その点、この本には、花や葉の見た目だけじゃなくて、その草花の特徴的な部分をイラストで紹介しているんですよね。たとえば、カラスノエンドウの種のつき方。ヘビイチゴの表面のぶつぶつ。ユキノシタの根の伸ばし方。ツユキサの花の構造。そういうのがイラストで描かれてるから、観察さえすれば間違えようはない。・・・たぶん。

この間、川原の土手を歩いていて、オオイヌノフグリが咲いているのを見つけた。その日はほんの二輪だったものが、二日後に同じ場所を通るとたくさん咲いていて、とてもうれしかった。本当に、種子の形がワンコのタマタマの見た目に似ているから、そういう名前がついたんだって。ワンコの“フグリ”がイラスト化されているのがおかしい。

樹木の方は、いったん覚えてしまえば、その場所を動くことはないですからね。それだけに、毎年決まった季節にその花や実二であえるのは、とっても嬉しいものですよね。

逆に、去年まではあったはずのものが、今年はなくなっていたりすると悲しい。昨年、かつてあったはずの場所にネコヤナギがなくてとても悲しい思いをした。春先に、川っぺりでネコヤナギの冬芽にであえると、なんか暖かそうでね。嬉しくなるのにね。

じっくり見ておいて、今日も河原の土手を歩いてみよう。もしかしたら、昨日は見つからなかった春の気配に触れられるかもしれない。ついでに、そろそろ土筆だの、フキノトウだの、食えるものが出てくるかもしれない。・・・ついで、ついでですよ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事