めんどくせぇことばかり 『世界の歴史はウソばかり』 倉山満
FC2ブログ

『世界の歴史はウソばかり』 倉山満

昨今の潮流は、民族が強調されて国家が解体され、同時にEUに代表されるような国家統合が進行しつつあります。イギリスのEU離脱に関連して、スコットランドがイギリスから独立してEUに加盟するとかって話は、そのまんまですね。

著者の倉山さんは、著書の中で繰り返し繰り返し、第一次大戦後のパリ講和会議を主導した第28代アメリア大統領ウッドロー・ウィルソンを取り上げます。そう、昨今の潮流の根源は、まさにウィルソン大統領にあるとして、・・・ですね。

有名なウィルソンの14か条ですね。その中で民族自決を打ち出して、ウィルソンはバルカン半島ではオーストリア・ハンガリー帝国を解体し、オスマン・トルコ帝国を崩壊させて、その跡地に食い込もうとした。ついこの間まで続き、現在にも多大なる禍根を残している旧ユーゴスラビアの悲劇のもとは、ウッドロー・ウィルソンにあるわけですね。

それだけじゃない。あちこちに民族運動の火の粉を飛び散らせ、上がらなくてもいいところに火柱を上がらせましたよね。

十字軍とか、ペスト大流行とか、百年戦争とか、いろいろな経験の果てにヨーロッパが近代を迎えるころ、主権国家って考え方が生まれてきますよね。近代ってのは、世俗の世界がキリスト教会から自由になる過程で、決着がつくのは1648年のウェストファリア条約ですね。これで各国の国王は皇帝や教皇の支配から独立し、各国の国王が対等の関係で領土と領民を治めることになります。主権国家になったわけですね。

そこからさらに100年以上の年月をかけて、国王ではなく国民が国家の主体となっていきます。一番わかりやすい例は、やはりフランスですね。そう、フランス革命。

最初、「国王陛下万歳」と叫んで革命を始めたフランス国民は、やがて、「フランス万歳」と叫び、ラ・マルセイエーズに促されて戦地へ向かうわけですね。

さらに教会財産を没収し、聖職者を公務員として国の支配下におき、教会が担った出生・婚姻・死亡などの戸籍管理は国が行うようになる。名実ともに、教皇と縁を切るわけです。

国王を殺した革命を、周辺国は必死になって圧殺しようと、対仏大同盟を結んで干渉戦争を始めます。迎え撃つのは戦争の天才ナポレオンに指揮されるフランス国民軍で、これが強かった。


ビジネス社  ¥ 1,512

世界が知られたくない暗黒史を大暴露! 史上最も格調高いヘイト本
序章  日本人がまったく知らない国民国家論
第一章  典型的な「国民国家」フランス
第二章  国民国家の理論でナチズムをやっている中国 主権国家にすらなれていない韓国
第三章  常に異ネーションをかかえた帝国ロシア
第四章  国体と政体の区別がない「人工国家」アメリカ
第五章  「民族主義」のヒトラーに破壊された国民国家ドイツ
第六章  エンパイアから始まった国民国家イギリス
第七章  七世紀には国民国家だった日本
おわりに 「史上最も格調高いヘイト本」

フランスは、フランス人が武器をもって周辺諸国と戦う経験をすることで、国民国家としてのフランスが形成していったわけですね。フランス語が普及したのものこの時。大革命からナポレオン戦争の30年間を通じて、フランス語がフランス国民に普及し、「民族として共通の歴史を記憶し、フランス語を話すフランス国民によるフランス国家」が形成されたわけです。

だけど、この間にギロチンに首を落とされた人はおよそ1万6000人。カトリックの伝統を守ろうとしたヴァンデ地方はえらい目に合って、その犠牲者はんん十万人でしょ。犠牲が大きすぎる。その犠牲は、国民国家の“国民”の外に置かれてるのかな。

アメリカの国民を作ったのも戦争でしょ。南北戦争っていう内戦、・・・じゃないんだよね。これは、南部諸州がアメリカ合衆国の一元化に反発して独立し、アメリカ連合国を立ち上げたものを、アメリカ合衆国が叩きのめした戦いですよね。

アメリカ合衆国は、のちに日本に対する焦土作戦を、実は南部に対して実行してるんですよね。独立以来、今のEUのような緩やかな連合のもとにつどった元“仲間”を叩きのめして、「メイフラワー号で新大陸に渡って以来の一つに統合された国家」の裏切り者として従わせたわけですよね。

「アメリカは、そんなプロパガンダを流して、流した本人がそのプロパガンダを心の底から信じ込む」、そんな国です。そして、そんなことを何度も繰り返す国です。

中華人民共和国は国民国家になるために、かつてはネイションの地位にあった満州族をほぼ壊滅させ、チベット族やウイグル族、モンゴル族への民族浄化を進めている。

朝鮮半島の二つの国に関しては、わけがわからない。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事