めんどくせぇことばかり 『残された山靴』 佐瀬稔遺稿集
FC2ブログ

『残された山靴』 佐瀬稔遺稿集

高校の時、山岳部の副主将だったんだけど、主将のお兄さんがロッククライミングをされていて、何回か、真似事をさせてもらったことがありました。荒川の崖で懸垂下降させてもらったり、確保してもらってほんの10mほど登らせてもらったり、・・・本当に楽しかった。

だいたい、高校入学前に、新田次郎の『孤高の人』を読んで、高校一年の夏休みには北鎌尾根の取り付きで怖気づいてたくらいですからね。もともと興味関心は強かったですからね。

それが・・・。その時、登攀道具もいろいろと見せてもらって、胸をときめかせてしまった。その直後、値段を聞いて、途方に暮れた。

ごく当たり前に山に登るだけでもお金がかかりますからね。先のことは分からないけど、とりあえずロッククライミングは忘れて、今までどおりの山登りを続けていければいいやって気持ちでしたね。

育ちのせいか、何かにつけお金のことが頭の中で先行してしまうんです。だから、何かに“ひたすら”になるってことは、私にはできないんですね。お金がかかるから。だから、何事かを成し遂げるってことは、・・・私には、ちょっとね。

でも、足がダメになるまでは、“それなりに”は山に取り組んできたんですよ。“それなりに”ってところが、私らしいところです。

そんな、“それなり”人間の私でも、こういう本を読んでしまっては、なにか、掻き立てられてしまうわけです。心の奥の方に、灰をかぶったその中で、熾火が・・・、ちょっとだけね。


『残された山靴』    佐瀬稔遺稿集

ヤマケイ文庫  ¥ 950

グランドジョラスの森田、エベレストの加藤、デナリの植村、ウルタル長谷川、そして・・・
序文  熱い心と冷めた理性  江夏 豊
第1章 グランド・ジョラス北壁の生と死「森田 勝」
第2章 エベレストの雪煙に消えた山の貴公子「加藤保男」
第3章 時代を超えた冒険家「植村直己」
第4章 雪崩に埋没した雪男への夢「鈴木紀夫」
第5章 運命のウルタル2峰「長谷川恒男」
第6章 風雪に砕かれたビジネス・キャリアの夢「難波康子」
第7章 死の山・いのちの山「ウルタル」「山崎彰人とクライマーたち」
第8章 限りない優しさの代償「小西政継」
終章  「人間の尊厳」と夫・佐瀬 稔の最期  佐瀬 禮


森田勝さんがグランド・ジョラスで死んだのは二十歳の時、加藤保男さんがエベレストで死んだのは22歳のときだった。どちらも学生の時で、海外なんて思いもよらない登り方をしていたので、二人とも自分の延長線上にいる人という感じは受けなかった。

“すごすぎる”って感じですね。


だけど、“すごすぎる”のは同じなのに、植村直己さんは、なぜか延長線上に感じていたんです。やっぱりそれは、植村直己さんがロッククライミングを追求するのではない道を歩んでいたからでしょうね。もちろん、《背中も見えないくらい、ずーっと先を》ではありますけどね。

それから、ろくなお金も持たずにアメリカに旅立ってしまう植村直己さんはと比べれば、私は当然のように別種類の人間ですけどね。

それでも、森田、加藤、長谷川といった巨人に比べれば、同じ巨人でも植村直己のほうが親しみが湧くって程度の話です。

植村直己さんが、今はデナリと呼ぶようになったマッキンリーで消息を絶ったのは23歳のときです。もうすぐ24歳になるときですね。正規の仕事について1年が経った頃ですね。

大学を出て、1年プラプラして、正規の仕事についたんですが、そのプラプラのときは、何かと植村直己さんを意識することがああって、それだけに植村直己さんの遭難はショックを受けて、それ以上にショックだったのは、正規の仕事に追われる毎日の中で、植村直己遭難のショックを忘れていったことでしたね。

長谷川恒男さんがウルタルで死んだのは、もう私は31歳。足がだめになりつつ在るのを自覚して、登れるのか登れないのかって、ガバガバ酒を飲んでるころですね。

それだけに、強く印象に残りました。羨ましくて、悲しくて、腹立たしくて、残念で、・・・やっぱり羨ましくて・・・。
すべて事実なのに、不思議はお話でした。それにしても、どうしてこうも不思議なめぐり合わせを作り上げるんでしょうね。山ってところは。


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事