めんどくせぇことばかり 『俳句、やめられません』 岸本葉子
FC2ブログ

『俳句、やめられません』 岸本葉子

金子兜太さんが亡くなって、ついこの間、以前に読んだ金子さんの『中年からの俳句塾』っていう本を引っ張り出してみました。その件は先日のブログに書かせていただきました。《無為に流れず、俳句に取り組むことを助けとして自分を、あるいは自分を取り囲む世界を見つめ直そうと考えた》わけでした。

以上、うそ偽りはございませんが、まったく取り組んでない。いや、ですから、何にも俳句なんか作っちゃいないわけです。いつも通り、変わらぬ私、・・・という顛末でございました。ああ、情けないったらありゃしない。

俳句なぞ、一日一句わけもない。わけもないはずだったけど、できません。いけません、これまで通りの私では。それならば、何か工夫をいたしましょう。動機づけ、本でも読んでみましょうか。

ということで、今この本を手にしているわけです。

著者の岸本葉子さんは「やめられない」という。1961年生まれなら、私より一つ下。俳句歴10年なら40代後半で俳句を始めたことになりますね。それこそ、金子兜太さんの『中年からの俳句塾』を地で行ってるわけですね。しかも、それを生涯の友として、いまや「やめられない」とまで・・・。

「やめられない」と言うくらいだから、俳句というのは気持ちのいいものに違いない。やっていて気持ちのいいものって考えると、あれと、あれと、あれと、あれ。そうそう、あれを忘れちゃいけない。

人間は、あれをやっている時、その脳内で大量のドーパミンが分泌されているわけですよね。だから、あの時はとっても気持ちがいいじゃないですか。

著者の岸本葉子さんが「やめられない」と言うほど気持ちがいいなら、きっと俳句をやっているとたくさんのドーパミンが分泌されるんでしょうね。



小学館  ¥ 1,512

「これから一生、俳句を続けていきたい」という岸本葉子さんの「俳句愛」に溢れる一冊
第一章  季語は頼りになる味方
第二章  こんなに豊かな季語の世界
第三章  季語力を鍛える句会
第四章  「あるある俳句」と「褒められ俳句」
第五章  歳時記は一生の友


五七五に言葉をなれべりゃいいんだろう。・・・追い詰められると、なぜが心が落ち着かなくなって、言葉まで乱暴になることはよくありますね。「やりゃあいいんだろう!やりゃあ」って感じです。でも、そんな気持ちで考えても、ちっともドーパミンが出てきてる感じがしないです。

・・・だめだ。思い浮かばない。仕方がない。楽しいことを考えよう。

花見だ。春ですからね。きっと季語でしょう? Iのおっさんを誘って、あのおっさんは暇人だから、同じ暇人のSちゃんとSさんに連絡とってもらって、忙しいかもしれないけどJちゃんには来てほしいなぁ。それからYっちゃんね。管理職もえらい方になったから、下の連中とはつきあえないなんて顔したら、昔の悪行をばらしてしまおう。場所はどこがいいかな。都幾川がいいかな。あそこの堤の桜は見事だからな。それよりも、巾着田はどうだろう、・・・日高の。去年行ったときは菜の花の盛りと桜の散り頃が一緒になってまさに別天地だったっけ。どうだろう。今週末には咲いているだろうか。あそこの近くはYっちゃんか。聞いてみようかな。

川岸の花は二・三分咲きにけり

だめだ。なんだか、定時の連絡かなんかのようだ。ドーパミンは少し出た気はするが、この程度の句が出来上がるまでになんだか息切れしてしまっている。この間、肺気腫用に買った酸素でも吸っておこう。


そう言えば、昨年末に他界した叔父も、定年後俳句をたしなみ、斎場にも叔父の詠んだ句が飾られていた野を思い出しました。やはり、相当魅力のあるものらしい。さて、叔父貴の域はともかくとして、とりあえずドーパミンの分泌が実感できるところまで行けるでしょうか。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

俳句は短歌と違ひ見たまゝ、感じたまゝ、まるで寫眞を撮るやうと言ふ事を聞いたことがあります。

春めいた陽氣に誘はれ川岸に出てみたものゝ、櫻の花はまだ/\だと言ふ情景が浮かんで來ました。

橘右近大夫 さま

官ノ倉山山頂の桜はまだつぼみでした。下山すると一分・二分。東京は満開とか。
山里の花桃は、まるで桃源郷。私の俳句はつぼみ以前。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事