めんどくせぇことばかり トランプ『日本の難題』 長谷川慶太郎
FC2ブログ

トランプ『日本の難題』 長谷川慶太郎

ものを書いている人の中では、やっぱり長谷川慶太郎さんの視点はしっくり来ますね。肌が合うていうんでしょうかね。最近の世界の動きが早いなかで、自分の見方が、なかなか世間の人の言うことと違うことが多いので、それはやはり不安になるわけですよ。小さい頃から味噌っかす扱いされて、自分の言うことが取り上げられるなんて経験をしないできましたからだと思います。自信がないんですね。

だからといって、声の大きな人の言うことをそのまま受け入れられないんですよね。そんなことなら、一人でいたほうがまし。偏屈なんですね。だけど不安なんですよ。だから無口になるんです。

そんな時に、自分の考えが長谷川慶太郎さんに補強されると、本当にうれしい。今回の本でもそんなところがありました。トランプ大統領に対する評価ですね。

第二部の冒頭でトランプ政権を取り上げているんですけど、副題に《成果を上げ始めたトランプ政権》とあります。私もそう思います。政権内部の確執であるとか、解任や辞任が大きく取り上げられ、“政権崩壊”という活字まで見かけるようになりました。

それこそトランプ大統領が追い詰められて大統領の地位を追われるようなことにでもなれば、人格者のペンス副大統領が昇格して、・・・ってね。

『日本の難題』    長谷川慶太郎

徳間書店  ¥ 1,512

『長谷川慶太郎の大局を読む』の緊急版 アメリカ1年、日本2年好況続く
第一部 日本の難題
1 オリンピック後の日本
2 日本の株価
3 憲法改正
4 核保有
5 天皇制
6 安倍一強
7 製造業の行方
8 EVシフト
9 銀行業界
10 AI時代
11 朝鮮半島
第二部 これからの世界の政治と経済
アメリカ
中国
ヨーロッパ

鍵は、トランプ大統領が公約に掲げていた案件にある。それを実施に移せるかどうかってところに、トランプ政権の不沈はかかっているってことだと思うんです。

どういうことかと言うと、この間ご紹介した『悪のリーダー論』で山内昌之や佐藤優さんが言ってた通り、ドナルド・トランプは原因ではなくて結果なんですね。さまざまな事柄の結果、ドナルド・トランプ大統領の誕生という結果が生じたということです。そのドナルド・トランプが大統領選で掲げていた公約こそが、トランプを今の地位に押し上げたわけですから、結果であるドナルド・トランプ大統領がその公約を実行すれば、ドナルド・トランプ大統領を生み出したときと同じ現象が起こるのが当然のことになるわけですね。

つまり、支持が高まるということです。

大型減税を含む税制改革、大型インフラの整備、イスラエルへの肩入れ、貿易不均衡是正への取り組み、そうそう、この間は、メキシコとの国境に州兵を派遣することが取り上げられましたね。いずれも、大統領選において、アメリカ国民から支持された公約です。

その他にも、北朝鮮問題、イランの問題、それからシリアが毒ガス兵器を使ってる問題ね。アメリカがトランプ政権となって立場を明確にしたことで、いずれも解決への動きが起こり始めてますね。

《アメリカが中立を捨て明確にイスラエル側に立てば中東の紛争が収まる》と長谷川慶太郎さんは言います。同意見です。それが原因で中東が戦火に包まれるなんてありえない。誰がイスラエルに攻撃を仕掛けるんでしょう。誰がアメリカに攻撃を仕掛けるんでしょう。OPECが原油価格を釣り上げたら、アメリカの関連業者がシェールオイルを掘りまくって、産油国が破産する。

『戦争にチャンスを与えよ』という本を読んだけど、戦争による淘汰を中途半端で終わらせれば、その戦争は終わらない。決着がつけば、勝者も敗者も次の段階に進めることになる。その段階で、周囲が敗者を支えていくならいいが、・・・。中途半端な国連、NGO、他国の介入が戦争を長引かせることになる。

トランプ大統領の支持率は、回復基調に乗りましたね。この流れで中間選挙を乗り切れば、だいぶ先が見えてくることになる。おそらく、トランプ大統領という結果は、結果としての役割を果たすことになるんじゃないでしょうか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事