めんどくせぇことばかり 『歴史の余白』 浅見雅男
FC2ブログ

『歴史の余白』 浅見雅男

今村均大将は内村鑑三全集を読みたかっていたのか。一体いつの時点で読みたがっていたんだろう。

今村均大将はオランダ領インドシナ侵攻作戦を指揮して、絶大なる戦果を上げた軍人ですよね。オランダ領インドシナは、その後日本軍の軍政下におかれることになるけど、今村大正の施政は見事なもんでしたよね。その後はラバウルを任されるようになるんですね。ラバウルでは敗戦に至るまで苦しい戦いが続くことになるけど、最後までそこを譲らなかったんですね。

本書にもありますが、敗戦後は戦争犯罪容疑者としてオーストラリアの軍事法廷で裁かれたんですよね。オーストラリアは当初、今村を死刑にしたかったみたいですね。でも、現地住民の証言で死刑をまぬがれ、一〇年の懲役刑をくだされた。さらにはオランダ領インドシナの件でオランダにも裁かれるが、こちらは無罪となってますね。

当初、今村は、オーストラリアから下された刑期を巣鴨プリズンで服することになっていたが、自ら、多くの部下たちが服役しているニューギニアのオーストラリア海軍刑務所に送られることを望んだんですよね。しかも、六〇歳を超える高齢でのことを考えると、二度と日本に帰れないことは覚悟の上だったでしょうね。

なんて立派な人物でしょう。実際、今村均大将はオーストラリア海軍刑務所に三年半服役し、その後巣鴨に移され、昭和二九年に出所しているんですね。

今村均大将が内村鑑三全集を望んだのは、彼が若い頃からキリスト教会に出入りし、関心を持っていたことが影響したらしい。残念なことに、野村胡堂の行為で送られた内村鑑三全集は、今村の松ラバウルに届けられる途中、今村の部下の乗った飛行機とともに海に沈んでしまったんだそうです。


『歴史の余白』    浅見雅男

文藝春秋  ¥ 918

明治から平成を彩った人物たちの素顔を伝える大人の歴史エッセイ
[1] 明治天皇の皇女と夫たち
[2] 明治、昭和の生前退位
[3] シャム猫、象とパンダの運命
[4] 民衆憲法と美智子皇后の絶賛/
[5] 男爵大倉喜八郎の人脈づくり
[6] 貧乏華族と化け猫女優
[7] 兆民経営の家事代行会社
[8] 海舟と諭吉「犬猿の仲」の真相
[9] 勲章辞退とノーベル賞
[10] 教養ある政治家とマルクス
[11] 西郷従道の文身伝説と娘桜子
[12] 書き換えられる日記
[13] 「一六代将軍」の七〇年
[14] 鴎外に井伏鱒二がついた嘘
[15] 射殺された将軍と帰らぬ参謀総長
[16] 大哲学者のふところ
[17] 陸軍大将に届かなかった内村鑑三全集
[18] 皇室を揺るがせた戦犯指定
[19] 破れた軍人たちの戦後
[20] カツカレーとパトロン
[21] 「世界の王」の国籍と大新聞
[22] 「戦後の大横綱」と八百長
[23] 大物たちの「不貞」と角栄研究


いずれも小さな話ばかりです。ですが、この小さな話でしか、歴史の“本当”は保証されないんだと思うんです。そりゃそうですよ。小さな話をすべて集めたら、歴史どころか、“すべて”になってしまいますからね。そうそう、いわゆるビッグデータですね。だからかつては、こういった小さな話を集めた本を、好んで読みました。いや、“好んで”というのは違いますね。義務だと思って読みました。日本のものも、シナのものも、西洋のものもね。すごい面白いのもあれば、鼻につくのもありました。まあ、私は基本的に本を読むのが遅いですから、ビッグデータの“ビ”の、しかも端っこを少しだけかじっただけでしょうけど・・・。

とにかく、そう言うことになると、また難しい。膨大なビッグデータからどのデータを引き出すかは、結局、主観で決まってしまいます。あるいは、どのような史観に立っているかによって決まってしまいますね。


小さな話を集めた本は、どんな話を集めたかには意図があるわけです。だけど、一つ一つの話は一見独立していますので、その意図は見失われやすい。しかし、小さな話を読み終わったとき、小さな話を集めた、そしてコラムとして書いた人の意図は貫徹されているわけですね。

そんな“意図”なんてものを気にしていたら本なんか読んでられませんよね。私もそう思います。結局、読んだ側の、受け取る側の資質なんだと思います。

それでこの本についてですけど、もちろん私が申し上げるわけには生きません。だけど、私とはあまり肌合いが良くないみたいです。

《[3]シャム猫、ぞうとパンダの運命》という項目がありますが、・・・私、パンダ嫌いです。パンダが嫌いというよりも、・・・パンダが可愛いとか言って喜んです人は、おかしいと思ってます。私がブログにそんなことを書いているってことは、私の連れ合いには内緒にしておいて下さい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本












































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい