めんどくせぇことばかり 『ご先祖様、ただいま捜索中!』 丸山学
FC2ブログ

『ご先祖様、ただいま捜索中!』 丸山学

先日、この本のタイトルで記事を書きましたが、考えてみると自分のことばっかり書いていて、ちっとも本の紹介をしていませんでした。自分の自己顕示欲の強さを日頃持て余している私ですが、またまたのことと自分ながら呆れかえっています。まあ、このようなブログをやらせていただいていること自体が、自己顕示欲の発露みたいなものなんですけどね。・・・いえいえ、これはあくまでも私の場合・・・。

ほらね。行ったそばから、また自分のことでしょ。

じゃあ、あらたまってこの本の紹介ね。・・・・・・・・あらたまると、言葉が出てこない。ということで、あんまり改まらずに紹介します。

著者の丸山学さんは、行政書士を職業とされている方だそうです。兄の子どもがなったのは行政書士じゃなくて司法書士か。ずいぶんと出来のいい子で、よく勉強したらしいです。こっちは行政書士ね。行政書士ってのは、ああ、お役所のいろいろな煩雑な許認可だの、届けだのの手続きを当の本人の代わりにやってくれる人のことね。

ご先祖様を探してくれるみたいなので、どんなに歴史通の人なんだあろうと思ったんですよ、・・・最初は。ところが、表紙のお名前の下に《行政書士》という肩書があるので、なんの自慢だろうくらいに思ってたんですね。ところがよく考えてみれば、これはご先祖様を探すには、うってつけの仕事でもあるかもしれないと思ったわけです。



中公新書ラクレ  ¥ 886

あなたの先祖はどんな人だったのか。プロの調査でここまで分かる
第一章  なぜ行政書士が家計づくり?
第二章  いざ、ご先祖様探訪の旅へ
第三章  自分一人だけでも、ここまではできます
第四章  先祖調査の疑問にお答えします! 
 

昨年末に同居していた連れ合いの父親が亡くなりました。長く認知症を患いまして、それでも連れ合いは自宅でよく面倒を見ていたんですが、最後の二年くらいは施設にお願いすることになりました。亡くなったのも施設のベッドの上でした。

さて、そこから相続の問題とかなんやらで、義父の生まれを調べていきました。あれって面倒なもんですね。それこそ大きな相続であれば行政書士の方にお願いをしたいところですが、つましく生きてきた義父でしたので私が協力して、連れ合いが主で調べていきました。

私が連れ合いをもらいに行ったときは神奈川県の大和市に住んでました。連れ合いが幼いころにそこに移り住んだんだそうです。それ以前は東京の下町にいたようです。・・・昭和2年生まれの義父でしたので、東京大空襲を逃げ惑った口です。その日は、清澄庭園の池に飛び込んで難を逃れたという話を聞いたことがあります。

割と複雑な家庭だったようで、戦争の前だけでも3度住居を変えてました。その都度、戸籍謄本を取り寄せることになります。それ見たら、義父の戸籍に書かれた人物にもかかわらず、連れ合いの知らない人がいたんです。連れ合いは興味を持ったようではありますが、それ以上にたどって出てきたものがどんなものか。面倒なものであれば厄介ですからね。やめました。

そうそう、これをやっていけば、近代的な戸籍が整備された明治初期までは、祖先をたどれることになりますね。そういうことも、もちろん書かれています。
義父の家の家紋は薩摩藩島津家と同じ《丸に十の字》なんですが、よもやそこにたどり着くとは思ってませんけど、戸籍を調べれば、きっとなんか分かりますね。藪をつついて蛇を出すような気はありませんけどね。kamonn.png




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本












































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい