めんどくせぇことばかり 朝鮮人『残念すぎる朝鮮1300年史』 宮脇淳子 倉山満

朝鮮人『残念すぎる朝鮮1300年史』 宮脇淳子 倉山満

「《新羅は唐と組んで百済や日本をつぶし、さらに高句麗をつぶし、そしてその党からも独立した》と、日本の教科書には書かれている」って倉山さんが言うので確かめてみました。材料は、あの悪名高き実教出版の《高校日本史B》です。
朝鮮半島では、660年、等と新羅が連合して百済を攻め滅ぼした。斉明天皇(皇極天皇が重祚)は、百済の求めに応じて大軍を派遣したが、663年の白村江の戦いで唐・新羅の連合軍に大敗した。次いで新羅は、高句麗を滅ぼし、唐の勢力も追い出して676年に朝鮮半島を統一した。
p31
本当ですね。新羅の主体的な行動によって、東アジアの秩序が形作られていったかのようですね。

ただ、新羅が唐に敵対する頃には、すでに渤海国の勢力が唐との戦いを始めていたんだそうです。さらに唐は、チベットとも争っていて、朝鮮半島に兵力を割くゆとりはなかったんですね。

もともと唐は、新羅も潰すつもりだったんですね。直轄支配しようとした。新羅にしてみれば、百済や高句麗をつぶして、日本とまで敵対した甲斐がありませんからね。もちろん抵抗してます。で、さっきような、渤海国の勃興やチベットの唐への敵対という外部情勢が有利に働いたんですね。唐は、朝鮮半島に兵力を割いて多方面に戦端を抱えるよりも、属国として服従させることを選んだに過ぎないということです。

新羅は唐の直轄支配を排除する過程で日本との国交を正常化させますが、その前に渤海国が日本と組みます。渤海国は高句麗の遺民である大祚栄に始まるわけですから、当然、高句麗滅亡の記憶は強烈だったはずですね。だけど、唐という大国と国境を接する以上、新羅と敵対するのは得策じゃありません。しかし、その新羅を牽制するためにも、日本との関係は大事にしておきたいところですよね。

韓国の歴史の中では、高句麗も渤海も高麗も朝鮮人ってことになっちゃってるみたいですね。中華人民共和国が北京を支配した連中はみんな“中国人”と言ってはばからないのと同じですね。モンゴル人も満州人も、みんな“中国人”ですもんね。そうそう、そう言えば、高句麗の存在を巡って、“中国”と韓国がやりあっているのってのも、面白いですね。



祥伝社  ¥ 950

朝鮮半島は、主役を一度も演じたことがなく、国土はつねに周辺の強国のための舞台だった
序章  日本人は朝鮮を知らない
1章  大陸のおまけだった新羅・高麗
2章  聞きしに勝る弱国だった李氏朝鮮
3章  世界の動向を読めない李氏朝鮮
4章  つくられた「日帝強占」の歴史
5章  主体がない二つの国

朝鮮人ってのは何者なんでしょうね。シナは《漢民族》という言葉を使うけど、漢王朝時代の主体を漢民族と考えるなら、その人達は三国時代から南北朝の混乱期に、ほぼ絶滅しますからね。北方から入った鮮卑を中心にした新たなシナ人が登場するけど、その後もモンゴルが入るし、満州人が入ってきますよね。宮脇淳子さんが言うように、「みんな北から入ってくる」んですよね。「朝鮮半島だって、やっぱりそうだったんじゃないか」って。

百済でも、支配層と被支配層では言葉が通じなかったんだそうです。百済は都の名前を“扶余”としてるけど、扶余は高句麗と同じツングース系で後の満州あたりに同じ名の国を作ってたのが、国を失ったあとに南下。それで先住民を支配したので言葉が通じなかったんですね。

918年に王建が高麗を建国し、後の朝鮮半島を統一するけど、やはり、北から南下した人々の王朝。民族ってのがもともと曖昧な概念ですし、倉山さんは“原満州人”って言ってるけど、その人がどういうアイデンティティを持っていたかなんて分かりません。

ただ、高麗を「コリョ」と読んだのが英語に入ってコリアになったんでしょ。少なくとも国名に関しては、モンゴル支配下の高麗に期限があるってことです。

そのモンゴル時代、今の北朝鮮に中る地域はモンゴル直轄領だったんだそうです。その南の、純粋に半島部分だけ、代官としての高麗王に支配させたということです。農耕地帯だけを切り離した感じですね。

その高麗を滅ぼして乗っ取り、李氏朝鮮を立てたのが李成桂ですが、彼は一体何者か。これははっきり言っていい。女真人。李成桂の父親の時に高麗に服属してますが、その名前が李ウルスブハだってことです。李成桂が国を乗っ取ると高麗の王族や貴族を皆殺しにします。その後の、農民、庶民への仕打ちを見ても、酷いもんですよね。両班と呼ばれる支配層は、やはり支配民族と受け取るべきなんでしょう。

日本との併合時代を経て今の北朝鮮や韓国の歴史があるわけだけど、“今の”朝鮮人というのは何者かってことならば、私にもはっきり分かります。併合時代の日本とのさまざまな関わりの中で、いろいろな意見の違いはあっても、反日ということだけでつながることができる人たち。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


グランドジョラスの森田
エベレストの加藤
デナリの植村
そしてウルタルの長谷川

山では、命が輝きを放つ
これから出る本














































































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 
































































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい