めんどくせぇことばかり 日本人の質問『日本人の質問』 ドナルド・キーン
FC2ブログ

日本人の質問『日本人の質問』 ドナルド・キーン

1983年に朝日選書から出された本なんですね。23歳の時ですね。その頃の私は、まだドナルド・キーンさんのことは、まだ知らなかっただろうな。

でも、ドナルド・キーンご自身は、アメリカと日本の戦争のさなかに日本文学に関心を持ち、さらに、米海軍の情報士官として日本語の通訳を果たしたんですね。戦後はもっぱら日本文化の研究者として過ごし、2011年の震災を契機に日本国籍を取得し、日本に永住する意思表明をなさいましたね。・・・わけもわからず、勇気づけられたのを覚えています。

《35年を経て文庫化》とは言っても、35年前のドナルド・キーンさんは、すでに菊池寛賞を受けているし、83年は山形蟠桃賞を受けている年です。氏の中の日本文化も、すでに十分成熟した段階だと思います。“35年”と言われるとあまりにも長い時間なので、成熟の域に達する新鮮さを考えてしまうけど、氏の経歴を考えればね。もうその頃で還暦を過ぎてますもんね。

それでも、“35年”っていう歳月は、やはり氏をもう一つ高い成熟の段階に登らせていると思います。そう思うのは、この本の総合的なタイトルにもなっている「日本人の質問」です。それは《Ⅰ》の最初の項目として取り上げられていますが、「“35年”を経た今なら、氏はこれを書かなかったんじゃないかな」って思うんです。

「なぜ?」って聞かれても困るんですけどね。ただ、なんとなく・・・。


『日本人の質問』    ドナルド・キーン

朝日文庫  ¥ 648

35年の時を経て名著が初の文庫化 日本人について私が日ごろ思っていること
Ⅰ 日本人の質問
  日本人の投書
  入社の弁
Ⅱ 外から見た日本文化
  日本人の自然観 西洋人の自然観
  日本古典文学の特質
  明治の日記
  日米相互理解はどこまで進んでいるか
  国際語としての日本語
  無知が生む反日感情
  三十六年ぶりの沖縄
Ⅲ 谷崎源氏の思い出
  内と外の美術
  都会と田園
Ⅳ 仏教と国民性
  『攻防大使請来目録』を読む
  山形蟠桃の「鬼」に捧げる辞

すごく分かります。それはやはり、日本人ならではの質問だと思います。

《日本語を勉強するようになった動機は何ですか》
《日本語は難しいでしょうね》
《漢字でも仮名でも読めますか》
《俳句を理解できますか》
《とろろやコンニャクをどう訳しますか》
《初めて日本に来た頃、一番驚いたのは何ですか》
《日本の生活を不便だと思いませんか》
《お刺身を召し上がりますか》
《どうしても食べられないものがありますか》
《日本のどこが一番好きですか》
《日本の女性をどう思いますか》
《日本人と中国人、または韓国人の区別ができますか》
《日本文化全体の起源は中国だと思いませんか》
《日本文化は世界にただ一つしかないユニークなものだと思いませんか》
《外国にも義理人情はありますか》
《外国人には日本人を理解してもらえないでしょうか》
《日本には何でもあるでしょう》
《ニューヨークとはとても怖いところだそうですね》
《いつお国へ帰りますか》


今の日本人なら、この質問はしないだろうというものもけっこうあるように思います。同時に、今のドナルド・キーンさんなら、この話題を書かないんじゃないかなって、そう思うんです。

えっ?・・・だから、なんとなく、・・・です。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本












































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい