めんどくせぇことばかり 水攻め『なぜ大東亜戦争は起きたのか?』高山正之・奥本實
FC2ブログ

水攻め『なぜ大東亜戦争は起きたのか?』高山正之・奥本實

ティラーソン国務長官が解任されて、新たな国務長官に就任したポンペオさん。就任早々、北朝鮮のことやイランのことと、何かと忙しそう。ポンペオさんが国務長官になって、前職のCIA長官の地位が空いちゃったので、これまた急遽CIA長官に指名されたのがこの優しそうなお顔のご婦人。ジーナ・ハスペルさん。

なんと、強面のポンペオさん以上にやっちゃった方だそうです。そう、いかにもCIAらしいCIA長官の誕生のようです。
ハスペル

CIAでは、《強化尋問テクニック》と呼ばれるものがあるそうです。《強化尋問》、・・・そう、そのとおり。拷問ですね。そちらの方でもCIAらしい人間で、決めたことはやり通す、愛国心では人後に落ちない人間だそうです。

そのジーナさんに関する、次のようなニュースがありました。
JIJI.com 2018/05/10
次期CIA長官、水責めやらない=上院委の公聴会で
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051000307&g=int
(全文)
次期中央情報局(CIA)長官に指名されたジナ・ハスペルCIA副長官の承認に関する公聴会が9日、上院情報特別委員会で開かれた。過去にテロリストへの「水責め」が問題になった施設で責任者を務めたハスペル氏には過酷な尋問手法への見解を問う質問が集中。ハスペル氏は「非人道的な尋問は、たとえ合法であっても私の下では行わない」と約束した。

顔面などに高圧で放水する水責めは、同時テロ後のブッシュ政権で容認されたが、「拷問」との指摘があり廃止された。一方、トランプ大統領は大統領選中に水責めは「有効」との考えを示してきた。ハスペル氏は、大統領から指示された場合の対応を問われ、「自分の倫理観に従う」と語った。


ハート出版  ¥ 1,944

戦後の教科書では絶対にわからない大東亜戦争の真実ー空の神兵と呼ばれた男たち
はじめに  昭和天皇にただ一人で拝謁した中尉 ヘンリー・S・ストークス
第一章  パレンバン あの時代の景色を想う 高山正之
第二章  パレンバン落下傘部隊戦記 奥本實
第三章  「空の神兵」だった父を偲んで 奥本康大
おわりに  愛するものを守るため、命を賭した男たち 藤田裕行

これも高山正之が書いた本で何度か読んだことがあるけど、昔はイベリア半島のコルドバで行われたんですってね。

コルドバのイスラム教徒はユダヤ教徒と共存することで栄えた。そこにレコンキスタでカソリックが入りこんで来るんですね。イスラムを追い出した彼らは居残った富めるユダヤ人の財産を見過ごしませんでした。ユダヤ人を魔女裁判で拷問にかけます。それは水を飲ませる。ここで水攻めが出てくるわけです。その量、九リットル。自白しなければ、もう九リットル。それでダメだと親指つぶし、さらには焼けた靴を履かせてみる。・・・あまり思い浮かべたくありませんね。やっと自白するとようやく火炙りにして財産を没収するんだそうです。

米軍はこれをフィリピンに持ち込みました。持ち込んだのはダグラス・マッカーサーの父親のアーサー・マッカーサー。アメリカが米西戦争を仕組んでキューバ、フィリピン、グアムの乗っ取りを実行したとき、中でもフィリピンではアギナルドがアメリカにさからったんですね。それに対して、マッキンレー大統領がフィリピンに派遣したのが、アーサー・マッカーサーというわけです。アギナルド軍がサマール島で米軍を待ち伏せ32人を殺すと、アーサーは報復にサマール島と隣のレイテ島の人々を十万人殺すという残虐さだったそうです。

後のアメリカ上院公聴会の証言によれば、米国支配に抵抗する者は膝と肩を一日一発ずつ銃で撃ち、十分に死の恐怖に慄かせてから殺したそうです。水責めは大の字に寝かせ、じょうごで泥水を飲ませ、膨れた腹に米兵が飛び降りると「土人は6フィートも水を吹き上げて絶命した」と、・・・嫌な奴らですね。


が書いた内容によれば・・・。「土人を大の字に寝かせ、竹筒を口に差し込んで汚水を流しこんだ。腹が膨れると兵士が腹を踏んづけた。六フィートも水を噴出して死んだ」というニューヨークイブニングポスト紙(1902/4/8付け)にも一致します。

現代ではグアンタナモ基地でのイスラム系テロリストの尋問に使われているという流れですね。

水攻めはアメリカの専売特許みたいなもんで、やめちゃっていいんですかね。・・・わかったぞ-。アメリカはもしかしたら、水責めよりもうまい手を見つけたということでしょうか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事