めんどくせぇことばかり 大村智先生『世界を救った日本の薬』 塚﨑朝子

大村智先生『世界を救った日本の薬』 塚﨑朝子

ええ?《新薬開発の舞台裏を詳細にレポートする、製薬業界や薬学部学生必読の一冊》ですか。

なんだか似合わない本を借りちゃったな。ペラペラめくってみただけでも、化学式とかが出てきてますよ。・・・ど・どうしよう。

「どうしよう」って言ったって、買ったものは読むしかないですよね。面白く読めるところだけ読んで、あとは押し入れで寝ていてもらうんですね。まかり間違って、いつかまた、引っ張り出して読み始めることもあるかもしれないからね。

そんな、負け犬根性で読み始めた本でした。でも書かれていたのは、かなり前のめりの日本人論でした。

1845年、阿波蜂須賀藩ご典医の家に生まれた長井長義が発明した薬は、日本初の合成医薬品であるエフェドリン。明治に入り、日本の薬学を発展させるために設立された半官半民の大日本製薬、今の大日本住友製薬のもとでの発明だそうです。のちに、なんとそれが、気管支拡張薬として製剤化されて発売されたんだそうです。

気管支拡張薬は、私も一時期、手放せなかった頃がありました。ウサギの毛のアレルギーでぜんそくになっちゃうんですね。・・・ウサギを飼ってたんです。そしたら苦しくて・・・。医者からは、「命を縮める」って言われたんだけど、当時小学校2年生の娘が泣くもんですから・・・。数年間ですね。気管支拡張薬の吸入器を枕元において寝ましたね。直接関係なくても、おそらく、その研究の直線上にある薬だったんだと思うなぁ。そうだとすれば、ありがたい話だなぁ。

高峰譲吉と言えばアドレナリン。これは知ってます高峰譲吉も1854年生まれだから、江戸時代ですね。加賀藩のご典医の家だそうです。アドレナリンはホルモンの一種で、ホルモンの研究を加速させて生理学発展の原動力になったんだそうです。今でも、使用頻度の高い薬として役立っているんだそうですよ。


日本人による新薬開発、医学への貢献って、最近だけの話じゃないんですね。


講談社  ¥ 1,166

21世紀に入り、日本初の新薬が続々と登場 画期的新薬はいかにして生まれたのか 
 
第1章  画期的新薬を創った日本人科学者たち
第2章  世界を救った薬
第3章  がんを薬で治す時代に
第4章  生活習慣病を抑え込め
第5章  ペプチド・ハンティングから薬へ
第6章  中枢神経に働きかける
第7章  難病もよくある病気も

oomura.png大村智さんは、2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞された方ですね。イベルメクチンですか。抗寄生虫薬ですね。寄生虫と言えば、ちょっと前に読んだ『寄生虫図鑑』の、あの世界ですね。あんまり思い出したくないせかいですね。
対象は熱帯の寄生虫病オンコセルカ症で、世界で3億人が抱えていた寄生虫感染症による失明の危険を永遠に過去のものとしつつあるんですって。凄いですね。

オンコセルカ症は、アフリカなど熱帯の風土病で、皮膚と目に障害を起こすんだそうです。ブヨによって、感染した人から別の人へとミクロフィラリアと呼ばれる幼虫が媒介され、これが人の体内で成虫になって14年余り生きる間に何百万というミクロフィラリアを生むんだそうです。

ミクロフィラリアは皮下組織を移動していろいろな症状を引き起こし、死骸になっても激しい炎症反応が引き起こされ、猛烈なかゆみを生じ、目に入ると視力低下から失明にまで至るということなんですね。

オンコセルカ症はアフリカを中心に35カ国で蔓延し、毎年1800万人が感染し、77万人が失明する。・・・大村智先生は、ものすごい薬を世に出したもんですね。






にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本














































































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい