めんどくせぇことばかり 『神武天皇VS.卑弥呼』 関裕二
FC2ブログ

『神武天皇VS.卑弥呼』 関裕二

建武中元二年、倭の奴国、貢を奉じて朝賀す。使人自ら大夫と称す。倭国の極南海なり。光武、賜ふに印綬を以てす。安帝の永初元年、倭の国王帥升等、生口百六十人を献じ、請見を願う。桓・霊の間、倭国大いに乱れ、更々相攻伐して歴年主なし。
(『後漢書』東夷伝)

奴国は羽振りが良かったんでしょうね。なにしろ光武帝から印綬を授かってるんですからね。あの後漢、光武帝が後ろ盾ですよ。ただ、後ろ盾を以って自らの立場を確保したものは、後ろ盾がなくなるときびしいですね。としても、180年頃に黄巾の乱が始まるので、まあ150年くらいまでは、その御威光を利用で来たんじゃないでしょうか。・・・なにも根拠はありませんけど。
その奴国王が光武帝から賜わった印綬、金印として江戸時代に発見されてますね。発見されたのが福岡県福岡市の志賀島。しかも、なんでもない石の下から発見されたっていう不自然さ。いったい何があったんでしょう。kinnin.png
御威光が失われて、不測の事態が奴国を襲ったのかもしれませんね。
この本の中で著者は、ヤマト政権の成立と海の勢力のかかわりを強調しています。さて、そう考えてみると、ヤマト政権を立ち上げたとされる神武天皇ですが、おじいちゃんが山幸彦ですね。山幸彦は海幸彦との確執から、海に入って海神にあい、その娘である豊玉姫と結ばれます。二人の子供のウガヤフキアエズは豊玉姫の妹の玉依姫と結ばれて神武が生まれるわけです。



新潮社  ¥ 時価

「縄文ネットワーク」と「海の民」の正体とは? ヤマト建国を推理する
第1章  ヤマト建国三つの奇跡
第2章  纒向ではなく橿原に陣取った神武の謎
第3章  奴国の末裔・阿曇氏と天皇家の秘密
第4章  縄文から続く海人の歴史とその正体
第5章  神功皇后と卑弥呼、台与


やはり、神武の背景には海の勢力があるのは間違いないですね。海の神のことをワタツミと言いますが、漢字で書くと“綿津見”という書き方があるそうです。その“綿津見神”を祖先神として祀っていたのは阿曇氏という一族のようなんです。さらに、阿曇氏の発祥は、筑前国糟屋郡阿曇郷。祀ってきた神社が志賀島の志賀島神社。

どうも、そういうことになると、この阿曇氏こそが奴国王の一族ということになるでしょうか。“当たらずとも遠からず”ってことは確かでしょう。

その名前で話題になるのは、長野県の安曇野でしょうね。海の一族が山の国にその名を残しているってのも面白いところですが、実際に阿曇氏は六世紀から7世紀にかけて、ここに移住してきているんだそうです。穂高神社は阿曇氏が祀った神社だとか。

海の一族は造船のために巨木を求め、また川を船で往来することも彼らの生活の一部だったそうです。たしかに海を持たない長野県ですが、木材は豊富で、川で船を引く馬もいます。それから長野県って、八つもの県に隣接してるんですよね。つまり、ひと山越えればどこにでも出られるってことです。もちろん、船で・・・。天竜川を下って太平洋、千曲川・信濃川経由で日本海、ひと山越えれば荒川を下って東国にも出られます。

そんな話題が出てくることはあるが、たしかに阿曇氏が、ヤマト政権の成立に関わったという話は聞いたことがありませんね。著者は、それは「業績を奪い取られたから」といいます。さらには、「正体を消し去られた」ともいいます。

もし日本書紀の中でそんなことが本当に行われているなら、それを行ったのは、この日本書記が編纂されたときの権力者ということになりますよね。つまり、藤原不比等です。

・・・また、藤原氏かよ。
「・・・かよ」なんて言ってる立場じゃないんですけどね。著者は、おそらくご自分のことも含めていろんな都合から、一つのことを品を変え、角度を変えて本にしてくれてます。おかげで私のような素人にも、「・・・かよ」なんて言えるほど、日本古代史における藤原氏の重要性を理解できて来たのかもしれません。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本












































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい