めんどくせぇことばかり 『アメリカはなぜ日本を見下すのか』 ジェイソン・モーガン
FC2ブログ

『アメリカはなぜ日本を見下すのか』 ジェイソン・モーガン

いま、『リベラルに支配されたアメリカの末路』っていう本を読み始めたんですけどね。まったく、ずいぶん激しい言葉が躍りまくってるんですよ。

《アメリカは、脳が乗っ取られた状態で、ゾンビ化した国》なんですって

んんん、この間読んだ、寄生虫の本を思い出してしまった。あんな感じで、寄生虫に乗っ取られたかたつむりみたいに、アメリカは木に登らされて鳥に食われてしまうのか?

この人、こんなに激しい人だっけ?

というのも、前にこの人の書いた『アメリカはなぜ日本を見下すのか』 っていう本を読んでるんですね。たしか、足の手術で入院しているときに読んでたんじゃなかったかな。その時、よくわかりました。日本が病んでいる以上に、アメリカは病んでいるんですね。その時の分の進め方も厳しいものだったけど、こんなにも鬼気迫った感じじゃなかった。最初にこの本を読んだ人は、きっと、ひいちゃうだろうと思います。

そんなわけで、前作、『アメリカはなぜ日本を見下すのか』の時のブログの記事を紹介しておこうと思います。
 だいたいが、アメリカは建国のルーツそのものが問題であります。建国をになったピューリタンの教えが、そもそも独善的なものですね。

ジョン・ウィンスロップは、宗教の自由を求めて大陸へ移住し、マサチューセッツ湾植民地初代知事となったそうです。彼の行った《丘の上の町》という演説は有名で、「清教徒は神と契約を交わした民で、“丘の上の町”に住み、彼らは世界の模範にならなければならない」というもの。“丘の上の町”とはつまり、“約束の地”であり、契約の民は聖地への巡礼を試みるピルグリム・ファーザーズですね。

“宗教改革”に関する世界史の講義のようですが、カトリックにおいては、聖書の解釈権は教会に集中され、人々は教会に対して、神による救いを求めました。しかし、聖書主義の名のもとに、人々がそれぞれの立場で神とつながっていったことによって、宗教改革後の教えは、次から次へと分裂していってしまいます。

自分の離婚願望を満たすため、ヘンリー8世はローマ教会と袂を分かち、イギリス国教会を設立したのがイギリスの宗教改革でした。だからイギリスの宗教改革は、本来、その本質であるべき教義を問題としていません。当初はカトリックの形式がそのまま使われていたそうですね。今でも、ウィリアム王子の結婚式なんか見ていると、ずいぶんと伝統的な形式に傾いているように感じられます。そのため、教義をめぐる様々な主張は、あとから登場し、次から次へと分裂していき、中でも原理主義的な考え方は危険視されて、排除されたはずなんですね。そして、それがピューリタンだったわけです。

ワニブックスPLUS新書  ¥ 896

米国の大嘘を喝破 間違いだらけの対日歴史観を正す
序章 私が日本研究を始めた理由―先の大戦で戦った祖父から学んだ日本人の精神
第1章 なぜアメリカは日本を見下すのか?―「誤った対日歴史観」が生まれた背景
第2章 反日思想に染まったアメリカの歴史学会―日本研究を通してわかった学会の真実
第3章 アメリカの「対日歴史観」を正す―中国・韓国の歴史認識との相違点、類似点
第4章 日米関係強化に必要なこと―より良好な関係を築くために

著者のモーガン・ジェイソンは1977年生まれの、アメリカの歴史学者で日本史の研究者です。彼自身、アメリカの、リベラルという名の人種差別主義的、似非進歩主義的な学問の世界に身を置いていただけに、その主張するところには真実味を感じさせるとともに、切実さがにじみ出ています。学会や報道界がいかにひどい状況になっているかは、お読みいただかなければなりませんが、今日のところは、アメリカが日本を見下す理由として、アメリカの本質に関わる部分を、いくつかあげさせてもらいます。

さて、まずは、ピューリタンの独善性については紹介のとおりです。続いて、アメリカには本質的に、君主制国家を憎悪する性格があるという点についてです。単純な問題であるが、アメリカは、君主制国家イギリスから、信仰の自由を求めて逃亡した者たちが建設した国家です。同時に、君主制国家イギリスへの反乱によって生まれでた国家ですからね。

さらに、アメリカには中世がありません。これは20世紀初頭のイギリスのジャーナリスト、セシル・チェスタトンも、同様のことを言っていますね。ある意味では当然である、アメリカ建国の理念はいきなり啓蒙思想家によっています。なかでもロックであり、モンテスキューであり、ルソーらの革命思想によっています。しかし、古代、中世は歴史の厚みであり、アメリカにはそれがありません。その上、日本は、古代、中世、近現代に断絶がありませんからね。ヨーロッパには古代と中世に断絶があり、ペスト大流行で失われたものも多いが、長い歴史のなかで苦労して近代を築き上げた、それがないだけに、アメリカは過去や伝統に重きをおくことができず、軽視しがちであるわけです。いや、逆に憎悪しているんはないかとさえ感じさせられます。

アメリカが日本を見下す理由ですよね。今の三点を見ただけでも、アメリカが日本を見下す理由というのは、アメリカの本質そのものに関わっているというわけですね。
と、まあ、こんなことを書いてました。じつはこの本、大変興味深い本で、本編のほかにも、《アメリカの歴史学会について》、《アメリカの選民思想・排神思想について》と題して記事を書いています。それだけ大きな影響を受けたということですね。機会があれば、そちらも紹介してみたいと思います。

ともあれ、本当は前作から読まれた方がかと思いますね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本












































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい