めんどくせぇことばかり 2018年6月 『スプートニク』に登場する北方領土
FC2ブログ

2018年6月 『スプートニク』に登場する北方領土

2018年 《スプートニク》に登場する北方領土


6月9日
南クリル諸島ビザなし訪問の男性死亡、帰路の船内で
https://jp.sputniknews.com/incidents/201806094973157/
南クリル諸島(北方四島)のイトゥルップ島(択捉島)へのビザなし訪問に参加した元島民の男性が、帰路の船内で死亡しているのが9日、発見された。


6月10日
日本、ロシアに抗議 クリル諸島へ回線敷設
https://jp.sputniknews.com/japan/201806104976055/
クリル諸島(北方領土)に光回線を敷設する作業を開始するとロシアから通告を受けた日本外務省は、ロシア側に抗議した。産経新聞が報じた。


6月12日
駐日ロシア大使 「南クリルに関する日本の要求を露は受け入れず」
https://jp.sputniknews.com/russia/201806124980608/
南クリル諸島(北方四島)に関する日本政府による領土的要求をロシアは受け入れず、双方は島そのものについてではなく、平和条約締結の問題についての妥協を探っているのだと、ロシアのガルージン駐日大使がスプートニクとのインタビューで述べた。


6月18日
ロシア外務省、日本からの抗議なかったと否定 イトゥルップ島での演習で
https://jp.sputniknews.com/politics/201806185007947/
ロシア外務省のモルグロフ次官は、南クリル諸島(北方領土)のイトゥルップ島(択捉島)でロシア軍が演習をするとの通告に対し、日本政府が外交ルートを通じて抗議したとの情報を否定した。


6月21日
安倍首相の対露政策は、クリル諸島でダメになる:欧州の専門家の見解
https://jp.sputniknews.com/opinion/201806215021595/
「もし露日関係に変化が起こるならば、それは今起こるはずだ」。テンプル大学ジャパンキャンパスの上級准教授のジェームズ・ブラウン氏は、5月末に行われたプーチン大統領と安倍首相の会談結果をこのように評価している。同氏は、「領土問題に終止符を打つ」という安倍首相の決意にもかかわらず、安倍氏の対露政策は失敗したとの見方を示している。


6月のスプートニクは、北方領土関連の記事が少なかったですね。

安倍首相はプーチンとの個人的な親密さや友情を演出しています。プーチンの日頃の発言やそっけない態度表情からすると、少し上っつべりしている感は拭えません。北方領土を巡る交渉に関しては、「日本から巨額の経済援助を引き出し、北方領土に関しては一切譲らない」という本音が透けて見える。

かつて、ソ連が共産主義大国を目指したように、今のロシアはガスプロム大国を目指している。プーチンはその番頭さんだというのは、一体誰が行ってたことだっけ。

でも、それって結局、自由主義陣営との間に軋轢を生み出すし、資源モノカルチャーでは、経済制裁とか資源価格の低迷といったことを要因に経済的に苦しい国家運営をまねく。

ソ連崩壊、自由主義経済の導入に伴う大混乱の痛みを、ロシアは結局、プーチンの強権によって抑え込んだ。抑え込んじゃったから、経済の自由主義路線再編成が不完全なままになっちゃったんですね。

だから、結局ロシアの経済は、そこに帰るんですね。ロシアは必ず苦しくなる。

日本からの援助がほしけりゃ、北方領土問題を解決することが必要であると、きちんと伝えておけばいい。安倍首相は、自分とプーチンの間に何とかするとか言ってたけど、今の段階では、解決を急ごうとすれば足元を見られる。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

^^

ゴルバチョフが生きていれば・・・と思ったら生きておられました^^;

https://courrier.jp/news/archives/70729/

2年前の記事ですからアレですけど「今のプーチン時代」にしたのは結局。当時の西側陣営の協力が得られなかったからだ!とのお叱りの弁でした。さもありなん?

北方領土問題は焦らずに

2018=平成30年7月も、宜しくお願い致します。本当に貴見解通りで、北方領土問題は、
相手を見据えた 落ち着いた取り組みか求められると拙者も思います。

前回の、日下公人著「新しい日本人が日本と世界を変える」は良さそうです
ので、
拙者も近く拝読しようと思います。特に第8章。笑

waravino さま

“敗戦国”でしたからね、あのときのロシアは。
でも、日本が敗戦国だったとき、あの国は火事場泥棒でしたよ。しかも、かなりたちの悪いタイプの・・・。

HAKASE(jnkt32) さま

北朝鮮に拉致された人たちを取り戻すのは急務ですけどね。物欲しそうな態度で、プーチンに足元見られるのはバカバカしい。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本






























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい