めんどくせぇことばかり 『55円どんぶり』 幕内秀夫
FC2ブログ

『55円どんぶり』 幕内秀夫

そうそう、吉野家の牛丼とかって癖になるんですよね。ラーメン屋のラーメンもそう。ペヤングのソース焼きそばだけ取り上げちゃ悪いけど、食いたくなったら矢も盾もたまらないと言ったら、やっぱり上位に来ちゃいますよね。とかくインスタント物なら似たり寄ったり、五十歩百歩、目くそ鼻くそってところでしょうか。著者の幕内秀夫さんは、それらをまとめて《精製された調味料》と言ってます。食用油・砂糖・うま味調味料・塩の組み合わせのことのようです。

『これらが3つ以上組み合わさると、いろいろな食物を「スナック化」、「ジャンクフード化」してしまい、一度はまったら、その強烈な旨味なしではいられなくなります。とくに中毒になりやすいのは、本能的に甘み、旨味を求めやすい子供です。最近増えている子供の肥満や糖尿病は、こういった食物をとりすぎているせいでしょう』

ということなんですが、いかがでしょうか。

この間、官ノ倉山で出会った子供連れ。お父さんと5歳、3歳の男の子。電車に乗ってきたって言ってた。山頂の南の開けて日当たりの良いところで会いました。「お昼食べた?」って聞いたら、「ラーメン食べた」って。「美味しかった?」って聞いたら、「美味しかったよ。でもね、おうちじゃ食べちゃいけないの」だって。父親の方に目を向けたら、意味ありげに笑ってた。

「じゃあ、またラーメンを食べにお山においで」って言ったらお父さんにかけよって、「パパァ、ラーメン食べに山に来ようね」だって。

お母さん偉いですよね。子供にちゃんとご飯を食べさせているんでしょう。お父さんも偉いですよね。そんなお母さんのやり方を批判的にとらえたりせずに、山に来たときくらいラーメン食べさせてやってる。きっと、いい子に育つだろう。・・・いつもは、ちゃんとご飯を食ってね❢



大和書房  ¥ 1,080

乗せるだけ、混ぜるだけ、炒めるだけ! お金と時間をかけない粗食が健康を作る!
速攻! 55円どんぶり
がっつり! 55円どんぶり
即席! 15円漬物
たっぷり! 15円味噌汁
お役立ち保存食品
粗食どんぶりのすすめ


それにしても“55円”ですか。安いですね。ちなみに、昨日の私のお昼ご飯は、《もやし炒めどんぶり》。ボリュームありますからね。この目次の中では、《がっつり! 55円どんぶり》の分類ですね。もやしは一袋17円。卵は10円として、薄切りハム4枚で30円位かな。ご飯は家から詰めていったやつね。おかずの食材だけなら“57円どんぶり”だな。うんうん、まずは上々だな。


そんな、私の“もやし炒めどんぶり”よりも、この本に紹介されている40もの“55円どんぶり”は、はるかにお手軽なものばかりですよ。

“もずく酢どんぶり”なんて、ただ、もずく酢がご飯の上にのってるだけですよ。こんな事でいいんでしょうか!
・・・いいんですね。だって、食いたいもん。今度の日曜日の朝ごはんは、連れ合いと一緒にこれを食います。

こんなのがいいんだったら、私のとっておきを出します。“納豆腐どんぶり”です。どんぶりにご飯をもって、豆腐、・・・半丁じゃ多いかな。まあ、適当にのっけて少し崩します。その上からよくかき混ぜて醤油をたらした納豆をかけます。そこ私かき混ぜながら、納豆、豆腐をご飯と一緒にかきこみます。・・・これがうまいんです。

さて、昼飯にしよう。今日は“厚揚げと白菜の炒めもの”だ。厚揚げはいつも煮物にしてるんだけど、今日は炒めものにして、最後に甘酢を絡めて食べることにしよう。・・・吾ながらうまそうだ。今すぐやろう。

この本、すぐれものです。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事