めんどくせぇことばかり 『歴史講義 満洲事変』 倉山満
FC2ブログ

『歴史講義 満洲事変』 倉山満

《日本の軍部独走・侵略史観に基づく悪玉扱い。逆にその反動としての「日本は悪くなかった」という日本小国史観。海外大国による外圧、陰謀史観は、満洲事変においてはすべて間違いです》

・・・、ということで始まる本なんです。鍵になる言葉は、“憲政の常道”。“憲政の常道”は英米との協調関係、つまりはワシントン体制が前提で、もちろんちょうど時期も重なります。そして、対英米協調関係と“憲政の常道”が崩れた時、日本は米英との対戦に突入していくのです。

これまで倉山さんの本は数多く読んできましたけど、実は“憲政史”の研究こそが倉山さんの本職で、“憲政の常道”をキーワードとするこの本こそ、倉山さんの“本気”なんだそうです。

“憲政の常道”が英米との協調関係を前提としている以上、イギリスやアメリカの研究を疎かにできるはずもなく、では中国は?ロシアは?フランスは?ドイツは?と、隣接分野に手を伸ばしているうちにバルカン半島にまで行き着いたということなんだそうです。

それが崩壊したことで米英との大戦への道を歩き出すという“憲政の常道”とは、総選挙により国民から選ばれた第一党が内閣を組織すること。憲政会と政友会の二大政党を前提に、第一党が内閣を組織し、第一党の内閣が失政により倒れた場合は野党第一党が首相を出して内閣を組織するという政治的慣例のこと。

1932年の五・一五事件で終焉した“憲政の常道”。その動揺が始まるのは、前年9月の満洲事変。満洲事変に至る日本に足りなかったものはなにか。満洲事変で動揺した“憲政の常道”を、その後の懸命な選択によって立て直すことは不可能だったのか。
倉山さんの本気を聞いてみましょう。




KKベストセラーズ  ¥ 1,399

いつの時代の話だ、まるで今の日本ではないか。そう思った方もいるかもしれません
 序章  満洲事変を正しく知って賢くなろう
第一章  満洲事変•前史1〜「平和ボケ」日本の幕開け〜
第二章  満洲事変•前史2〜ババをひく日本〜
第三章  満洲事変〜「憲政の常道」の終焉
第四章  満洲事変 その後〜不幸になっていく日本と世界〜


日本で教えられている歴史は、日露戦争後の日本が世界最強の、無敵な国であったことを教えていない。それどころの話じゃない。基本的には、アメリカがほどこしたウォー・ギルド・インフォメーション・プログラムは、いまだにそのまま。教育の世界では、公職追放でアメリカに追随した敗戦利得者とその後継者が、いまだに日本の歴史を書いていますからね。

日本は軍部独走によって朝鮮、中国を侵略しただけでは飽き足らず、アジアを支配下において各民族に隷属を強い、連合国にこてんぱんに打ちのめされた。軍部独走の背景には日本人の民族性があり、その背景に日本文化や歴史の特殊性がある。結局、日本人が、どうしようもなく悪いということになっている。

しかもその悪さは、時間を追うごとにどう仕様もないものとなり、「それでも日本人は戦争を選んだ」と、もはや日本人はいない方がいいんじゃないかというところまで行っている。・・・あ~あ。

その反動としての「日本は悪くなかった」も、面倒だ。「悪くなかった」はずがない。なにしろ、大日本帝国という国が消滅したんですからね。どれだけの日本人が絶望の果に血の涙を流したか。ロシアの暴虐のもとで死んでいったか。世界最強、無敵の国家が、なぜそのような羽目になったのか。

「ソ連も、アメリカも、大英帝国も手を出せない」くらいに強かった日本が、アジアだけでなく、世界情勢にまで責任ある地位にあった大日本帝国が、なぜ消えてなくなったのか。

倉山さんが言うんです。「それは頭が悪かったからに他ならない」って。「この問から逃げている限りは」、私たち日本人は影響に敗戦国のままだって。

たしかにそうですよね。自分たちで第二次世界大戦に関する検証ってのが、全くしてないわけですからね。まずは、それをやる。それをやりもしないで、一歩も前に進めるはずは、・・・。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本




















































































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい