めんどくせぇことばかり 『日本統治下の朝鮮』 木村光彦

『日本統治下の朝鮮』 木村光彦

1910年から1945年まで、帝国日本の植民地となった朝鮮。その統治は、政治的には弾圧、経済的には搾取・貧困化という言葉で語られてきた。日本による統治に多くの問題があったのは確かである。だが、それは果たして「収奪」一色だったのか。その後の韓国の発展、北朝鮮の社会主義による国家建設との繋がりはないのかー。本書は、論点を経済に絞り、実証主義に徹し、日本統治時代の朝鮮の実態と変容を描く。

これが本書の謳い文句です。私、ずいぶん昔に、おんなじ題名の本を読んだことがあるんです。“あるはずだ”と思って、じつは昨日も押入れに潜ったんですね。でも、ありませんでした。

忘れてたんですが、昔に読んだ本は、ずいぶん捨てたんです。本を捨てたということに、どうのこうのと思われるかもしれませんが、現実的に置き場所がありませんからね。今の状況だって、集中豪雨後の河川みたいなもんで、どこか一箇所でも堤が切れれば元の状況に復旧するのは不可能。私は本を詰めた風呂敷をいくつか抱えて旅に出ることになるんです。

残念ながら見つからなかったおんなじ題名の本のことが、この本に書かれてました。《山辺健太郎著『日本統治下の朝鮮』》という本で、1971年に刊行されたものでした。

《この本は政治、経済の両面から朝鮮を論じたもので、名著とされ、今日まで読みつがれてきた(現在は品切れ)。著者の山辺は共産主義思想の持ち主で、戦時中は獄中にいた。戦後は日本共産党本部に勤務し、のち朝鮮に関する著述活動に従事した。この経歴が示唆するように、この本は終始、日本の朝鮮統治を激烈に批判している。批判の中にはもちろん、同意すべきものもある。とくに、朝鮮人の民族的尊厳をそこなう諸政策や一九四〇年台の総力戦遂行政策はそうであろう。しかしこの本は、山辺の思想にもとづく「はじめに結論ありき」の性格が強く、内容的に著しくバランスを欠く》

これは、今日ここで紹介している『日本統治下の朝鮮』 の著者である木村光彦さんの語るところです。おそらく私がそれを読んだのは、二十歳かそこら、学生時代のことだったと思います。そんな“バランスを欠く”内容を、冷静に感じ取ることさえ、当時の私にはできませんでした。


中央公論新社  ¥ 864

経済に絞り、実証主義に徹し、日本統治時代の朝鮮の実態と変容を描く
序章  韓国併合時ー一九一〇年代初期の状態とは
第一章  日本の統治政策ー財政の視点から
第二章  近代産業の発展ー非農業への急速な移行
第三章  「貧困化」説の検証
第四章  戦時経済の急展開ー日中戦争から帝国崩壊まで
第五章  北朝鮮・韓国への継承ー帝国の遺産
終章  朝鮮統治から日本はなにを得たのか


日本の左巻きの人は、なぜが朝鮮に入れあげる。若い頃の私も、頭が良さそうなふりを装って朝鮮に入れあげた。山辺健太郎さんという共産主義者同様、“著しくバランスを欠く”人間だったんですね。

今、紹介している『日本統治下の朝鮮』 の著者である木村光彦さんは、“著しくバランスを欠いた”山辺健太郎さんが書いた『日本統治下の朝鮮』 のようにではなく、共産主義的、または朝鮮に入れ込んだ反日的イデオロギーを排し、実証主義に徹した朝鮮論を世に出したいとのことだった。

読んで見れば、あまりにも冷静に書かれたその内容は、ほとんど政府刊行の“白書”に近いような気がします。そのくらい見事にイデオロギーを排して、残されているデータを徹底的に検証して、その上に書かれているからそう思うのでしょう。

その上で、もともと日本による朝鮮の領有は、ヨーロッパ諸国のそれのように経済的理由からなされたものではなく、“すぐれてせ政治的動機”に基づいて行われたものであると結論づけています。つまり、安全保障にあったということです。その点に関して、日本は、比較的に低コストで、安全保障を動機とする朝鮮の領有を達成したとしている。

あとは、アメリカに負けたりしなければ問題なかったわけですね。

私は、この木村光彦さんも、日本に厳しすぎると思います。極刑の課された日本を弁護するにおいて、“たとえ悪く見積もっても極刑には当たらない”と言いたいためでしょうか。

“日本による統治に多くの問題があったのは確かである”とおっしゃるが、では、問題のない植民地統治とはいったいなんだったのでしょうか。植民地支配そのものが悪であるとして思考を停止するなら、歴史の探求はなにも前には進みません。答えはないですね。日本は、かつてその答えを出そうとしていたのではないでしょうか。答えを出す前に、アメリカとの戦争に負けてしまいましたからね。




にほんブログ村 政治ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本














































































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい