めんどくせぇことばかり 『山の霊異記 ケルンは語らず』 安曇潤平
FC2ブログ

『山の霊異記 ケルンは語らず』 安曇潤平

《鈴の音》っていう話がありましたね。最近の熊鈴はとてもよく響きますよね。ずいぶん遠くからでも聞こえるんですよね。あれ、・・・けっこう怖いです。

奥多摩を歩いている時、たしか高水山から岩茸石山に向かう途中、岩茸石山への登りが始まる鞍部のところで休憩していたんです。すると、チリーンという小さな鈴の音が聞こえてきて、誰かがこちらに向かってきているのが分かったんですね。これから始まる登り、実際に登ってみたらたいしたことなかったんですけど、この時はまだそれを知りませんでした。だから、先に行ってもらおうと思って、鈴の音の人がやって来るのを待ったんですね。

チリーン・チリーン

その音は確かにやって来ているんです。もう、ほら、その藪の後ろからその鈴をザックにつけた人がいまにも姿を現しそうなんです。なのに、来ない。

チリーン・チリーン

もう、この近さは異常。すでに姿が見えるところにその人はいるはず。

チリーン・チリーン

うわ~っと、叫びだしそうになる寸前、鈴の人は姿を現しました。「こんにちは」

ちょっと、いい音が遠くまで響きすぎです。



KADOKAWA  ¥ 1,404

山でしか起こり得ない人と人の出会い、生きる者と死者の思いをつなぐもの
埋まっていたもの戸惑いの結末
雪山の叫び幸せな背中
奥又白池の残影典子ちゃん
綱引き悪い人
鈴の音最後の日記
暴風雨美人霊の憂鬱
稚児落としケルンは語らず
三日月の仮面
不死身の男かくれんぼ
なんじゃもんじゃ仙気の湯
ブランコ


安曇潤平さんの本が大好きで、新しいのが出るのを楽しみにしています。

私も山に登りますが、だいたい一人です。土日の休日に行くなら、人があまり行かなそうなところを選びます。人気の山に登るなら、断然平日に休みを取って登ります。だから、自然と山の中を一人で歩いていることが多いです。一人で山の中を歩いていても、そんなときに安曇さんの本の話を思い出すことはほとんどありません。山と向き合って、自分と向き合って、ひたむきに歩いています。

でも、安曇ファンであるとかないとかに関係なく、突然、何か嫌な感じを抱くことはありますね。ついつい後ろを振り返って確認したくなるようなことが、やはりありますね。

おそらくそれは、場所によるんだと思っています。本当に何気ない道なんですけどね。私の領域の奥武蔵の中でいうと、鎌北湖の周辺の道で、宿谷滝から北向き地蔵の間の山の中の道です。ほんの15分ほどで通り抜けてしまうくらいの道ですが、ここ1年半のうちに3度通って、3度とも違和感を感じて振り返りました。3度も体験するとそれなりの理解も進んで、その場所のものはそう感じさせるだけで、それ以上に立ち入っては来ないような気がします。

いつもはそんな感じはない道でそうなることもありますが、時間帯や天候が関係しているんでしょうか。そんな嫌な感じが起こりやすい時間帯や天候があるんでしょうね。

私はまったく素質がないわけではないんです。私の祖母がカリスマ性の強い人で、私も祖母の近くに住んでいるときは、いろいろなものを感じました。祖母から離れて生活するようになってからは、それも20歳を過ぎてからは、ほとんど感じることもなくなりましたね。山に行ったときを除いてはね。

山に再び登れるようになったのは2016年に手術を受けてからですから、20数年間にわたって、そういうものとは無縁の生活を送ってきたんですね。そのせいでしょうね。一人で山を歩く緊張感がとても新鮮です。

山の中に、人の生活の跡を見つけることが良くあります。ここの人は、山から下りたんですね。墓もあります。おそらくもう、手を合わせに来る人もいないだろうと思えるものもありますね。だからといって、そういう場所だから何かを感じるというのとも違うような気がします。何か感じる場所っていうのは、なにか陰にこもってしまうような場所ということなんでしょうか。

《ケルンは語らず》と名づけられたこのシリーズも、面白く読ませていただきました。私として、『足』は怖かったですね。この話の舞台となった八峰キレット。若いころに越えましたが、キレット小屋についた時は、自然と涙が流れました。それから、『戸惑いの結末』ですね。やはりこの結末はとまどいます。この後どうしたのか、責任とって書いてほしかったですね。

どうぞ、山に向かう夜行列車の中で読まれてはいかがでしょうか。・・・その時は、窓に映る自分の顔を見てはいけません。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事