めんどくせぇことばかり アル・ゴア『古代史 不都合な真実』 関裕二
FC2ブログ

アル・ゴア『古代史 不都合な真実』 関裕二

映画.com ニュース 2017/9/21
「不都合な真実2」のアル・ゴア氏来日決定!本予告で「未来に希望を残せ」
https://eiga.com/news/20170921/8/
(全文)
元アメリカ副大統領アル・ゴア氏が地球温暖化問題に警鐘を鳴らす長編ドキュメンタリー「不都合な真実2 放置された地球」の本予告が完成。あわせて、同作が第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日開催)のクロージング作品に選出されたことを受け、ゴア氏の来日が決定した。
(続きを読む)に全文

ったく、アル・ゴアの『不都合な真実』には腹が立つ。あんなのがアメリカの大統領になるところだったっていうんだから、本当に危ないところでした。ああ、でも、ノーベル平和賞の受賞者なんですよね。

だけど、『不都合な真実』はイギリスで訴訟騒ぎになって、学校積極的にあつかうべきではないという判決が出ましたよね。

《イギリス教育機関が公立の小中学校に教材として映画「不都合な真実」を配布しようとしたところ、生徒の親が「作品の内容に科学的にウソがある」と訴えを起こす。そして、その訴えに対し英高等法院は9つの科学的な間違いを指摘した上で教材として利用する場合、部分、部分に注釈を与えるよう指示を出したのだ。》

これは当時の新聞記事からの抜粋です。当時このような判決が出された背景には、地球環境は極めて複雑な構造の上に成り立っているという認識がしっかりあったんですね。その複雑さは、『不都合な真実』が示しているような単純化された勧善懲悪の世界からは程遠い者であるというのが常識だったんです。

だけど、NHKの《みんなのうた》は🎶氷が解けて、白くまくんがおぼれ死んじゃう🎶みたいな歌を流して勧善懲悪にのっちゃうし『不都合な真実2』が作られて、アル・ゴアが来日すると、十分時間をかけて宣伝の時間を与えてた。

たしかに、NHKの絶え間ない努力により、地球環境は極めて複雑な構造の上に成り立っているという認識は今は昔。『不都合な真実』程度のアメリカ特撮映画が受け入れられちゃう土壌づくりに成功しましたね。きっとそのうち、🎶白くまくんの歌🎶もリバイバルがかかるに違いない。

アル・ゴア氏
「嵐は巨大化し、大量の水が街を襲う。これが地球温暖化だ。」
「人類の運命は、人類によって定められる」


『不都合な真実』を見る限り、もう十分絶望なんですが、絶望と言ってしまっては、みんなからお金を集められなくなっちゃいますからね。なにが、“不都合な真実”じゃい!(*`へ´*)

というわけでこの本、『古代史不都合な真実』です。



実業之日本社  ¥ 864

『日本書紀』が封印した歴史の「真実」が明らかに!! 古代史が謎だらけなのはなぜか。
第一章 『日本書紀』の裏側に何があったのか
第二章 『古事記』と『先代旧事本紀』が暴く不都合な古代史
第三章 『上宮聖徳法王帝説』と『元興寺伽藍縁起幷流記資財帳』が暴く不都合な古代史
第四章 『万葉集』と『懐風藻』が暴く不都合な古代史
第五章 『古語拾遺』と『藤氏家伝』が暴く不都合な古代史
第六章 『竹取物語』と『御伽草子』が暴く不都合な古代史
第七章 『風土記』と『続日本紀』が暴く不都合な古代史


『日本書紀』の研究も、今はすごく進んでいるんですね。なかでも、森博達さんの研究が紹介されているんだけど、これが面白い。『日本書紀』は漢文で書かれているわけだけど、森博達さんはそこに使われている漢字の形、音、意味を研究していったんだそうです。すると、ある部分は正確な漢文であったのに対して、ある部分は日本的な誤用が残されていたんだそうです。

正確な漢文で書かれた部分をα群、日本的誤用が残された部分をβ群とすると、α群を書いたのは中国語を、β群を書いたのは日本語を母語とする人物であると考えたんだそうです。さらにα群の中にも誤用が散在しており、それは後からの潤色や加筆であるということなんですね。

具体的には、乙巳の変直前と孝徳朝の記事がα分に属して正確な漢文で書かれているにもかかわらず、蘇我入鹿が大悪人と考えられるきっかけとなった上宮王家滅亡や乙巳の変に関わる記述に、大幅な「日本人的加筆」が認められるんだそうです。

つまりこれって、《蘇我入鹿を大悪人に仕立て上げるために、一度完成したストーリーに、手を加えた人物がいる》ってことが分かるということなんです。

むむむ・・・、でしょ。  これは『日本書紀成立の真実』って本に書かれてるみたいです。

藤原不比等ですよね。彼は父親の中臣鎌足が支えた、天武天皇の宿敵の天智天皇の側に立って『日本書紀』の編纂をしているわけですよね。天武朝で冷や飯を食わされた不比等は、自分の子や孫を皇位につけようとする持統と結託して天武の政治をすべてくつがえしていったわけですね。

そこで多くの古くからの豪族たちが蹴落とされ、姿を消していっています。そして、不比等は藤原氏の一人勝ちの政権を確立するわけです。《このタイミングで《日本書紀》が編まれたのだから、『日本書紀』が藤原氏のために書かれたということは、火を見るよりも明らか》・・・ということなんですね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
映画.com ニュース 2017/9/21
「不都合な真実2」のアル・ゴア氏来日決定!本予告で「未来に希望を残せ」
https://eiga.com/news/20170921/8/
(全文)
元アメリカ副大統領アル・ゴア氏が地球温暖化問題に警鐘を鳴らす長編ドキュメンタリー「不都合な真実2 放置された地球」の本予告が完成。あわせて、同作が第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日開催)のクロージング作品に選出されたことを受け、ゴア氏の来日が決定した。

前作「不都合な真実」(2006)は第79回米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞し、2007年には環境問題の啓発に貢献したとして、ノーベル平和賞を授与されたゴア氏。続編となる今作では、現在も地球温暖化を止めるべく世界中を飛び回り講演活動を続けるゴア氏を追い、再び“不都合な真実”を突きつける。

本予告では、ゴア氏が地球温暖化について語り、2015年のパリ協定採択を祝う姿が映し出される一方で、ドナルド・トランプ米大統領が協定から離脱することを宣言する場面が収められている。映像は、「温暖化対策は行わない」と大々的に発表するトランプ大統領の姿に顔をしかめ、対立するように「未来に希望を残せ」と熱くスピーチするゴア氏の姿で締めくくられている。

今回の来日は、第30回東京国際映画祭での「不都合な真実2 放置された地球」上映に合わせたもので、ゴア氏は「クロージング作品に選ばれたことを光栄に思います。また、最近の異常気象により被害に遭われた日本の皆さまに対し心からお悔やみを申し上げます。来日し、異常気象の問題に警鐘を鳴らす機会に恵まれることを心待ちにしております」とコメントを寄せている。

「不都合な真実2 放置された地球」は11月17日、東京・TOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

^^

「人類の運命は、人類によって定められる」=一神教ならばGODの決定事項じゃないの?いつから人類はそんなに偉くなったんだい?人類は下敷きの上に置かれた存在でそれを下から磁石で動かしているのがGODだって風の噂で聞いたんだが。困ったゴアちゃんだ。金儲けは他でやりなさい。右写真「指名され続ける力」日本一売り上げるキャバ壌=指名され続ける( ^ω^)・・・政治家が欲しがる能力ですがな^^;)/

waravino さま

「ゴア家は1年で平方フィートあたり平均22.9kWh消費しているので、エナジー・バンガード社(エネルギーの効率的利用手法が専門)が作成した基準に照らせば『大食いの豚のようなエネルギー浪費家』に分類される」

腹立たしいのはNHK。わかりきっててやってる。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本




















































































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい