めんどくせぇことばかり 『古代史 不都合な真実』 関裕二
FC2ブログ

『古代史 不都合な真実』 関裕二

著者が《・・・不都合な真実》なんて題名をつけるから、ついついこの本の内容とは関係のない記事を書いてしまいました。ひとえに著者の責任ですね。

とはいうものの、内容は良かったと思います。かつての関裕二さんの本は、古代史のなかから一つ一つの課題を抽出して、それに関わる謎を解明していくというスタイルだったと思います。そのようにして個々の謎を解き明かし、最近は古代史の謎の核心が何なのか。その核心について、さまざまに角度を変えて、あるいは言葉を変えてあらわしているように感じられます。

そのようにして表された本の中でも、この『古代史 不都合な真実』は、きわめて古代史の謎の核心を分かりやすく解き明かしているように思えます。

《日本の歴史》、なかでも古代史は、正史とされている『日本書紀』をもとにして書かれています。『日本書紀』は、天武天皇の命に寄って編纂が始められた書物で、天武天皇につながる血筋がこの国を統率する根拠を示し、壬申の乱によって皇位についた天武天皇の正当性を明らかにするために編纂されたということになっています。そして、日本は今も、その流れのままに天皇をいただく国であるのですから、これを正史とすることに異論は挟まれません。

そのこと自体が、“核心”なんですね。その『日本書紀』に対する理解の中に、日本古代史の謎の核心があるわけです。『日本書紀』は、日本古代史の真実を封印するためにこそ書かれたと・・・、そういうことなんですね。



実業之日本社  ¥ 864

『日本書紀』が封印した歴史の「真実」が明らかに!! 古代史が謎だらけなのはなぜか。
第一章 『日本書紀』の裏側に何があったのか
第二章 『古事記』と『先代旧事本紀』が暴く不都合な古代史
第三章 『上宮聖徳法王帝説』と『元興寺伽藍縁起幷流記資財帳』が暴く不都合な古代史
第四章 『万葉集』と『懐風藻』が暴く不都合な古代史
第五章 『古語拾遺』と『藤氏家伝』が暴く不都合な古代史
第六章 『竹取物語』と『御伽草子』が暴く不都合な古代史
第七章 『風土記』と『続日本紀』が暴く不都合な古代史


『日本書紀』は事実を語っていない。だから、疑問が生じる。だから、矛盾している。だから、齟齬がある。それらはすべて、ある一つのことを成し遂げるために生じたものである。それらはすべて、ある黒幕をめぐって成し遂げられたことである。

彼らはその後、日本社会において権力のにぎり続けた。さからうことはできなかった。事実を暴き立てることは自らの破滅を意味した。誰もが、捻じ曲げられた歴史を受け入れざるを得なかった。

しかし、涙をのんだものたちも、なんとか事実を後世に伝えようとした。本当の歴史を、いつか構成の人々に分かってもらいたいと、“不思議な文書”をいくつかの書物の中に紛れ込ませた。

この本は、そんないくつかの書物の中に紛れ込んだ“不思議な文書”から、葬り去られた真実の歴史を世に出すべく、『日本書紀』の封印を破ろうとするものですね。

上記の目次に並べられた、12の書物がそれに当たります。

今まで、著者はそれぞれの書物を取り上げて、その“不思議な文書”の謎を解き明かしてきました。だから、この本に書かれていることは、そのダイジェスト版のようなものなんですね。ここで、そのダイジェストを見て、過去にそのことについて書いた著者の本を読んでみるのも面白いですね。
とりあえず、興味を持ってもらえそうなところから言うと“かぐや姫”あたりはいかがでしょう。

だいぶ、ベタベタな持って行き方かもしれませんが、興味はもってもらえるような気がします。なんていっても、面白い点と分かりやすい点でね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本












































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい