めんどくせぇことばかり 反日『新しい日本人が日本と世界を変える』 日下公人
FC2ブログ

反日『新しい日本人が日本と世界を変える』 日下公人

平成二十七年、ユネスコは“中国”が申請した《南京大虐殺文書》なるものを記憶遺産に登録した。申請した資料の一切は、日本にも諮問委員会にも開示されないままの、わけの分からない登録だった。これに対し日本は、翌年のユネスコに対する分担金・拠出金およそ四十四億円の支払いを留保した。

このことに関する報道の立場。
朝日新聞
「節度欠く分担金の保留」
「分担金と引き換えに履行を迫るような強圧的な対応は賢明とは言えない」
「記憶遺産は、後世に残すべき資料の保存や活用を支援するもので、正しい歴史的事実を認定する制度ではない」

毎日新聞
「品位ある関与が必要だ」
「分担金の支払いを留保すれば、国際社会での振る舞いとしては品位を欠く」

産経新聞
「政治利用許さぬ改革迫れ」
読売新聞
「記憶遺産の政治利用を許すな」

平成二十六年五月十五日、限定的な集団的自衛権の行使容認を盛り込んだ政府の有識者会議である安保法制懇の報告書を受け取った安倍首相は、行使容認について「必要な法的基盤を盤石にする確固たる信念をもって、真剣に検討を進めていく」と表明

このことに関する報道の立場
東京新聞
「“戦地に国民”へ道」
朝日新聞
「集団的自衛権行使に転換」
毎日新聞
「集団的自衛権容認を支持」



PHP研究所  ¥ 1,836

さまざまな分野で活躍する「新しい日本人」に着目し、日本と世界の明るい未来を指し示す
第一章 「新しい日本人」の台頭が始まる
第二章 マスメディアの旧態依然とした「報道」
第三章 「反知性主義」って何のことですか?
第四章 「新しい日本人」にとっての憲法観
第五章 日本の「ストーリーの力」を体現する安倍首相
第六章 「新しい日本人」は優位戦思考を持つ
第七章 グローバリズムからローカリズムの時代へ
第八章 日本国家の歩みは“終わりのない芝居”
第九章 さまざまな分野で活躍する「新しい日本人」
第十章 そして「新しい日本」の時代が始まる


平成二十七年夏の安全保障関連法案への反対運動に関する朝日新聞の報道
8月最後の日曜日となった30日、安全保障関連法案に反対する人々が国会前に集まった。大学生、1960年安保の運動家、戦争体験者ー。世代を超えた人の波は主催者発表で12万人となり、国会議事堂前や周辺を取り囲んだ。抗議のうねりは全国各地にも広がった。

午後2時過ぎ、国会議事堂の正門前、「戦争NO!」「9条壊すな」などと記された、赤や青、黄色のプラカードを手にした市民で、東西に延びる幅50メートル近い車道が埋め尽くされた。

拡声器から流れる「戦争法案今すぐ廃案」のかけ声に合わせ、「ハイアン・ハイアン」と声をあげる。(略)

当時の岸信介首相が退陣した60年安保闘争の際には、約30万人とされるデモ隊が集まり、大学生の樺美智子さんが圧死する事件が起きた。今回、主催者は「万が一の事故が起きないよう、状況に応じて車道を開放してほしい」と事前に警察側に求めていた。

この日の国会周辺の人出を約3万3千人とする警察側は、開始後の段階で人々を車道に誘導し始めた。警察関係者は「想定していたより人出が多かった。押し合って倒れるなどけがをしないよう、現場の判断で歩道と車道を隔てていた柵を外した」と語る。

正門前の車道に加えて、国会をぐるりと囲む約1.3キロの歩道や、周辺の地下鉄駅の通路まで人並みは伸びた。流れを規制するバリケードの前で「ア・ケ・ロ」「ア・ケ・ロ」と声をあげる人々や、正門前にたどり着けず、「議事堂も目にできないなんて」と嘆く男性も。朝に思い立って名古屋市から駆け付けた大学教員の女性(36)は「これだけ集まったのは、国民の関心の表れ」と語った。(略)
朝日新聞、うれしそうですね。・・・警察発表は3万3千人なのに、主催者発表は12万人なんですね。どうしてでしょうね。朝日新聞は数えなかったんですね。

この時の集会は、坂本龍一さんが参加したとか、学生団体のシールズがどうのこうのとかで話題になりましたね。朝日新聞はこのシールズを「普通の大学生」と伝えたんだそうです。リーダーの奥田愛基さんは、だいぶ、それ相応の背景を持った学生さんのようですけどね。

「そんなに中国が戦争を仕掛けてくるというのであれば、そんなに韓国と外交がうまくいかないのであれば、アジアの玄関口に住む僕が、韓国人や中国人と話して、遊んで、酒を酌み交わし、もっともっと仲良くなってやります。僕自身が抑止力になってやります。抑止力に武力なんて必要ない。絆が抑止力なんだって証明してやります」

シールズ主催の国会前のデモで、そう演説した福岡の大学生もいたそうです。・・・・・彼はその後、韓国人や中国人と飲み交わしたんでしょうか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本






























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい