めんどくせぇことばかり 『日本の野菜レシピ』
FC2ブログ

『日本の野菜レシピ』

シリーズの中で、この本だけ時価になってた。しかも、安くなってるからお買い得です。一番最初の『からだにおいしい野菜の便利帳』と、この『からだにおいしい野菜の便利帳 日本の野菜レシピ』を持ってるんだけど、こっちの本は地方独特の料理とかを紹介していて、私としてはセットのつもりで購入したものです。

こっちの本は、それぞれの野菜の由来であるとか、地域地域での呼ばれ方であるとか、主産地での独特な食べ方であるとかが紹介されていて、そのことにも惹かれて手元に置きました。

どうも、江戸から昭和にかけて発行された家庭料理を記した膨大な文献をもとに、地域地域と野菜との関わりをふまえて構成されたっていうんですから、まるで研究論文のようなものですね。・・・美味しい研究論文ですね。

そんな本のせいか、他の料理のホントは少しずつずれがあるんですね。その“ずれ”の部分が地方色であったり、時代の“ずれ”であったりなんですね。その“ずれ”のない料理は『からだにおいしい野菜の便利帳』でどうぞって、そんな感じです。

でも、購入した当時よりも、最近のほうが使うことが多いんです。私自身の、野菜に対する志向が高まってきているからです。肉も大好きなんだけど、以前のように、肉肉肉、肉肉肉と、肉だけ食えなくなってるんです。野菜も一緒に肉ね。

それから、ようやく野菜の旨さに気が付きました。



高橋書店  ¥ 時価

ちょっと心のあたたまる野菜を使った家庭料理のレシピを全国から集めてみました
実  トマト きゅうり ピーマン オクラ とうがらし 他
根  大根 かぶ にんじん ごぼう れんこん 他
葉  キャベツ ほうれんそう はくさい こまつな 他
香  にんにく しょうが さんしょう みょうが 他
果  りんご 梅 柑橘類 かき あんず


家でそばを食べる時、・・・私はそばは打ちませんので、乾麺か、半生麺ですが、ざるに盛ったそばの上に野菜を乗せるんです。この本で《にらそば》を知ってからのことです。にらの他にはねぎもうまいです。そばよりも、にらやねぎの香りが買っちゃいますけど、もとからそば屋のそばじゃありませんからね。

大根おろしやわさびも、つゆの方じゃなくてそばにのせるんです。つゆはそのままですから、いろいろと味を変えることもできます。

夏場、トマトが安くなったら、断然、トマトのおひたしです。切ったトマトにだし醤油をかけて、鰹節をふって食べるんです。トマトがうまくなります。

これも夏場、すでに今シーズンは一度食べました。枝豆の“豆漬け”です。それなりの塩水で煮て、冷めたらその中にとうがらしと青じそを入れて漬け込むようにするんです。冷蔵庫で一晩漬けて、翌日のおつまみに。夜が来るのが待ち遠しい。

豆を食うんなら、福島県の“打ち豆の煮付け”です。基本はみがきにしんの煮付け。にしんと大根を炊いて、塩と醤油に砂糖で味を整えて、最後に打ち豆を加えて2・3分。打ち豆は、事前に木槌で豆を潰しておくの。打ち豆にしておくと、柔らかいし、すぐ火が通るし、味も染みます。つぶす前に2時間位ぬるま湯につけておくといいようです。

豆入りですから、これだけで、ご飯はいりません。

どうでしょう。地方ずれ、時代ずれしているでしょう。時価の本になっちゃってますけど、amazonなら激安ですしね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


山は、生きる力、生きる喜び。
50年間の山行の中から、鮮烈な印象を受けた山々を精選し、詩歌と紀行で表わす。
これから出る本


























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本




















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい