めんどくせぇことばかり 炒り卵『鬼平先生流 粋な酒飯術』 佐藤隆介
FC2ブログ

炒り卵『鬼平先生流 粋な酒飯術』 佐藤隆介

最近は、見てても、ちょっと間延びしているような気がするんですけどね。NHKの《サラメシ》っていう番組、あれ好きなんです。働くようになってからの昼飯歴を振り返ってみると、昼飯歴は私の歴史そのものでした。

最初の頃は、職場から注文できる弁当か、隣接する高校の食堂で食わせてもらってました。弁当は赤い容器に入ってることから“赤弁”と呼ばれてました。値段は320円。日替わり弁当で、中身は一律。老若男女、万人受けする当たり前のおかずでした。

高校生用の食堂は、やはり高校生用でしたね。大学の食堂のほうがはるかに上でした。埼玉県の多くの高校にはいってる業者みたいだったけど、あの値段なら、自分のほうがうまいものを腹いっぱい食わせられると、いつも思ってました。

二日酔いの日が多く、朝飯どころか、昼飯も食えないこともけっこうありましたね。ひどい毎日を送ってたもんです。

就職してから2年ほどで結婚してしまいましたが、それからは連れ合いに弁当を作ってもらってました。ああ、うまかったですね。好きなおかずはたくさんありましたけど、中でも一番好きだったのが、・・・

池波正太郎は、葱入りの炒り卵が好きだったそうです。それも葱のたくさん入ったのが好みだったとか。連れ合いの作ってくれた弁当のおかずで一番好きなのは、それをハムで巻いて、ようじで止めて焼いたものでした。《ハムたまご》って読んでましたけど、やっぱり葱がたくさん入った方が、うまかったですね。



小学館  ¥ 659

池波正太郎の書生を10年務めた著者の食をめぐる痛快エッセイ 人生とは畢竟、口福に尽きる
鴨は葱背負っては来ない        蕎麦屋とは昼酒処なり
そもそも小料理屋とは何ぞや      ホワイト・アスパラガス万歳
手塩にかける心              日本一ぜいたくな駅弁
叶ふはよし 叶ひたがるはあしし    遊びをせんとや生まれけむ
寿命は「御御御付」で決まる       とりあえず卵さえあれば
鮑捕る海女の眉目よき潮めがね    「いただきます」忘るべからず
反骨                     会う人すべてが我が師
一日不作 一日不食           お茶の子さいさい
夏酒の友                  花間一壷酒 獨酌無相親
お楽しみ袋                 花気随酒
毘梨耶は大根の皮にあり        丑の日は「どぜう」にしよう
色不異空 空不異色 色即是空    松茸飯ごっこ
ホワイトデー                朝湯 朝酒 朝マル鍋
池波流「冷やし汁」            俺のカレーライス
豊葦原瑞穂国に帰れ           酒酣心自開
おもしろうわさびに咽ぶ泪かな     薫風には西洋ウドとキャベツ蚕豆
涼菜涼酒                  海苔弁
盤中祇有水精塩              たかが蒟蒻 されど蒟蒻
「目くじら」も今は死語か         辰巳芳子『食に生きて』読むべし
枝豆を喰えば雨月の情あり       老驥伏櫪 志在千里
鬼平先生流 [粋な酒飯術]       蛤少々、浅利たっぷり

P6230004.jpg写真が下手ですみませんが、土曜日の朝ごはんを写しました。おむすび2つ。2つで1合くらいの大きさかな。中身は梅干しです。最近は、スーパーに並んでるのは調味梅干しばかりで、梅の里でもある越生の物産館に行って買ってきます。

味噌汁の具はかぶとちくわ。おかずは葱入りの炒り卵と、わさびと昆布の佃煮です。
自分で朝ごはん全部を準備するのは仕事が休みのときだけですけど、味噌汁だけは毎日私が作ります。この本の著者は一週間分の出汁をまとめて作り、冷蔵、冷凍庫で保存するそうですが、私はそれさえ面倒です。それで、粉末を使います。煮干しを粉末にしたもの。昆布を粉末にしたもの。鰹節を粉末にしたもの。干ししいたけを粉末にしたもの。今はもっぱら、煮干しの粉末と干ししいたけの粉末を混ぜたのを使ってます。

具は、味の素の宣伝ではありませんが、残り野菜。・・・残り野菜という概念はありませんね。野菜は連れ合いが、なんでも安く売ってるのを中心に買っておいてくれてます。それをいろいろに使うだけです。使うために買ってるのであって、残ってるわけではありません。使い方をあとから考えてるでけですね。組み合わせで色々発見があって、この日のかぶの味噌汁は牛乳を入れて白みそ風にすると、なんだかとても美味しくなります。

わさびと昆布の佃煮は、ちょっと前に連れ合いと奥多摩を歩きに行ったときに買ってきたものです。ご近所にもお土産にして、けっこう好評だったみたい。

なんと言っても葱入りの炒り卵。ほんの少しの塩で味をつけて、・・・。

ああ、安らぎの週末の始まりです。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
おむすびがとても美味しそうです。
梅干しのおむすびは、やはり自分で握ったほうが断然おいしいですよね。
でも2合で2個は、(私としては)ちょっと大きいかな?^^

chococake55 さま

コメントありがとうございます。
さすがに、今の私では2合飯は食えません。「1合飯でおむすびを2つ」ですね。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本






























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい