めんどくせぇことばかり 二子山から武川岳

二子山から武川岳

6月もそこそこ山を歩いてたんだけど、ブログに書くの忘れてました。5月31日・6月1日は一泊二日で、高校生を連れて、奥武蔵の堂平山に登りました。登山ということなら一泊するまでもないんだけど、堂平山頂はほぼ360度の展望が効いて夕日、朝日が拝めるし、夜景や星も楽しめるからね。そういう期待を持って行ったんですが、星と朝日はだめでした。夕日と夜景はバッチリ楽しめました。
P6010013.jpgP6010014.jpg

2年生だけ連れて行ったんですが、彼らも泊まりの道具を背負って山に登るのは初めて。最初は荷物の重さに苦しんだようですが、山で泊まると別の楽しみがあることがわかってくれたみたいです。1年生は翌々週の16日に飯能アルプスを歩きました。前半雨が降っていて、カッパをかぶっての山登り。いい経験になったと思います。

だけど、高校生を連れて行くのも潮時かな。山でもスマホを取り出す割に、山にお金をかけることを極度に渋る彼らに、山の面白さを教えるのは、結構忍耐力がいります。歳のせいか、どうも最近、我慢することが苦手になっててね。
ということで、6月9日に一人で歩いた、芦ヶ久保駅から二子山や武川岳を経由して正丸駅までの山歩きの話を聞いてください。
地図
前の週に2年、あとの週に1年の高校生を連れて山に行くので、挟まれた9日の土曜日にはぜひ一人で山を歩きたいと思ってました。だけど、この間梅雨入りしたということで、ほとんど諦めていて、コースもろくに決めてませんでした。それが前の晩の天気予報で、どうも良くなるらしい。

奥多摩の大岳山にそのうち登ろうという頭はあったんだけど、金曜の夜は仕事で疲れていたこともあって、遠出するのが億劫に感じられ、奥武蔵の二子山から武川岳のコースに決定。ざっと準備して、細かい準備は翌朝に回し、夜のうちに登山計画書だけ書いて寝ました。・・・この段階で、私は大きな失敗を犯していました。

朝、チャチャッと準備をして、6時ころ車で出発。西武線の高麗駅近くのパーキングに車をおいて、電車で芦ヶ久保へ向かいます。
P6090030.jpgP6090031.jpg
一段高いところにある駅から川に向かって下り、川を渡る橋の手前にあるのが左の写真の道標。そちらに向かうと右の写真のように、トンネルを通って線路の下をくぐります。・・・『山の霊異記』の安曇潤平さんがここを通ったら、必ずなにか書くでしょうね。

ここからはいったん尾根の上まで登り、向こう側に下って、谷あいの沢沿いに進みます。沢が細くなり、がれた岩場の下に消える頃には勾配がきつくなって来ます。胸がゼーゼー言わないように、大事に歩いていきます。
P6090040.jpgところが、きつい勾配を登って二子山に続く尾根に出たと思ったら、本当にきついのはここからでした。左の写真ではわからないでしょうが、奥武蔵ならではの樹林のなかのロープが張られた急勾配。しかも梅雨の中休みの斜面は水を吸った赤土で、小さな歩幅を取れずに、大きな一歩をロープも使って一気に上る。
二子山の雌山を前にして、すでにゼーゼーが出てしまいました。雌山からは、まず岩場を下って、がれ場を登り返します。ゼーゼーを収めて、しっかり息を整えて登ります。
P6090045.jpgP6090047.jpg
山頂からは武甲山だけじゃなくて、秩父の町も見えました。兄に背負子で背負われて野麦峠についたミネが言いましたね。「ああ、飛騨が見える」・・・そんな気分です。すみません。私、死にませんけど・・・。秩父橋だけじゃなくて、巴橋まで見えちゃいました。右の写真は両神ね。

雄山から少し下って、そこからしばらくは快適な尾根歩き。駅以来、誰にも会いません。独り占めです。しばらく行って、厳しい登りを頑張り切ると、そこは焼山。
P6090049.jpg焼山からの武甲山です。二子山よりもさらに近づきました。ずいぶん削られちゃったな~。本当に、悪いね~。

ここで大声を出してたら、ほんの五分ほどあとから若い人(40歳位)がやって来ました。もちろん、先に行ってもらいました。
ここから蔦岩山をこえて武川岳に向かいます。途中で一旦林道に降りてから再び山道に入るんですが、その後、二回ほど旧勾配の坂道を越えて、ようやく蔦岩山の薄い表示にたどり着きます。

頑張った割には表示が薄いです。
P6090051.jpg
P6090054.jpg蔦岩山から武川岳までは写真のような樹林のなかの尾根道が続きます。この間、ずっとハルゼミの鳴き声と一緒。

どうも、このハルゼミの声というのは、夏場のセミと違って、質量を感じさせない声で、なんか体を通り過ぎていくよう。

折から、名前も知らないちょうちょうが、やはり質量を感じさせない浮遊を見せる。・・・向こうの世界から来たのかな。・・・誰?
時間すら忘れそうになりながら歩くうちに、武川岳につきました。

ここで、大きなミスに気が付きました。力ラーメンを食おうと思ってガスをセットしようとしたら、・・・ボンベがありません。ボンベを入れ忘れてました。

うう、夜のうちにしっかり準備を終えておかなかったのが原因です。
P6090056.jpg
仕方がない。この段階で10時20分。正丸の駅の売店で昼飯を食おう。そこまで一気に行こう。そう決めて、急ぎ足で歩き始めました。

腹減った!
この日は梅雨の晴れ間。景色はくっきりしているものの、湿気はひどい。ここまで急な上り下りを越えてきた割には水分の摂取が十分でなかったみたい。私の場合、そういうときは頭痛に現れます。軽い熱中症の症状です。

名栗のげんきプラザまで下りて、大蔵山に登り返し、さらに正丸駅に下りていく途中で、一度沢に降りて水を浴び体温を下げました。
P6090061.jpg
P6090063.jpg正丸駅までは2時間かけずに下りました。そのまま駅前の売店に入り、昼ごはんにしました。

写真は、冷やしたぬきそばと半カレー。確か650円位だったと思います。半カレーとは言え、そこそこの量。これは結構お得でした。
売店で、50歳前後の男性が母親と思しき人と一緒にそばを食べてました。この梅雨の晴れ間に観光にでもいらしたんでしょうか。私は母に、そんなことしてやりもしなかった。後悔ばかりです。・・・あのときのちょうちょうは、・・・




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本
















































































人気図書 




































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい