めんどくせぇことばかり 仏露『世界の歴史はウソばかり』 倉山満
FC2ブログ

仏露『世界の歴史はウソばかり』 倉山満

『世界の歴史はウソばかり』はちょっと前に読んで、すでにブログでも紹介した本なんだけど、覚書に書き残しておいたものがあって、ちょっと時間が経ったんで、今ならいいだろうということで紹介します。

例えばフランス革命に関してなんですが、「ギロチンは平等思想の産物」なんですって。「身分に関係なくだれでも苦しまずに死ねる」ということでは、たしかにそうかも知れませんね。各地で反革命狩りが行われ、50万人もの人が反革命容疑者として捕まり、約1万6000人が死刑に処されましたよね。まあ、殺された方々に関しては、死の苦痛に関していえば、たしかに平等だったかもしれませんね。

各国軍が王や皇帝の傭兵中心であったのに対し、フランスは士気の高い国民軍であったことがナポレオンの軍の強さの本質だったとはよく言われますよね。たしかにそうだと思います。日本が国民軍を組織するのは、それから百年後のことになりますが、これが日本人の国民性にあってたんでしょうね。それこそ、凄まじく強力な軍を作り上げることになります。
 
ただ、ナポレオンは、その用兵術において、優れた能力を持っていたことも事実です。なかでも移動の速さは、他の国の軍の三倍の速さで移動したそうです。三倍の敵に囲まれても移動の速さで各個撃破したと言うんですから、驚きですね。

ゲーテが言ってますが、これによってフランス軍の兵士は、ナポレオンに従えば、これまでなし得なかったこともなしうると、心底信じられるようになったわけですね。そこにフランス軍の本当の強さがあったのかもしれませんね。

のちに、各国が国民軍に切り替え、ナポレオンの用兵を学んだからことから、ナポレオンも勝てなくなってしまいますけどね。

いずれにせよ、ナポレオン戦争は、フランス人が武器をもって周辺諸国と戦う経験をすることで、国民国家としてのフランスが形成されたという大きな意義を持ってますね。フランスがフランスに、フランス人がフランス人になったのが、このナポレオン戦争だったということでしょう。フランス語が普及したのものこの時だそうです。

フランス革命はあまりにも大きな動乱ですが、大きな動乱に発展したのは、そこに後のマルクス主義にも通じる極めて単純な二元論的な考え方が生まれていたからでしょう。

ただ、後のその傾向が明らかになった極左活動家に啓蒙された下層市民が武装蜂起であるパリ・コミューンでは、もっとひどいことになった。じつは、一般パリ民衆は反コミューンで、ビスマルクはフランス暫定政府を支持してこれを鎮圧してますね。殺戮は凄惨をきわめ、死者は3万人以上。フランス革命10年の死者を、コミューンはたった1週間で上回ったそうです。

パリ民衆は、コミューンに極めて危険な何かを感じていたんでしょうね。



ビジネス社  ¥ 1,512

世界が知られたくない暗黒史を大暴露! 史上最も格調高いヘイト本
序章  日本人がまったく知らない国民国家論
第一章  典型的な「国民国家」フランス
第二章  国民国家の理論でナチズムをやっている中国 主権国家にすらなれていない韓国
第三章  常に異ネーションをかかえた帝国ロシア
第四章  国体と政体の区別がない「人工国家」アメリカ
第五章  「民族主義」のヒトラーに破壊された国民国家ドイツ
第六章  エンパイアから始まった国民国家イギリス
第七章  七世紀には国民国家だった日本
おわりに 「史上最も格調高いヘイト本」

さて、最近のロシアですが、プーチンが目指すのは、やはりソ連の復活でしょう。ただし、共産主義ではなく、ガスプロムのもとにおけるソ連の復活ということになります。ガスプロムは世界最大のガス会社で、ロシア政府が株式の50%を保有している実質的な国営企業。プーチンはその利益代表と考えればいいでしょう。

アレクサンダー・レベジはロシア・ナショナリストで、エリツィンと大統領選を争うが、ソ連からロシアを取り返すのに協力し、取り返した後はチェチェン紛争の凍結や西側との関係改善に尽力した人物です。共産主義と決別し自由主義経済の導入を目指した、ロシア史上一番と言ってもいいくらいの真人間です。そして、その政敵がプーチンでした。プーチンの政敵はよく不慮の事故で無くなるが、レベジは謎のヘリコプター事故で死んでしまいました。

プーチンは大統領になって間もない2001年、中国と組むことを選択して上海協力機構を発足させました。上海協力機構は軍事同盟で、テロ防止を掲げるものの仮想敵は言わずと知れたアメリカです。プーチンは中国と軍事同盟を組んで、アメリカに対抗する道を選択したのです。

ロシア史上一番の真人間が・・・。ああ、もったいない。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


山は、生きる力、生きる喜び。
50年間の山行の中から、鮮烈な印象を受けた山々を精選し、詩歌と紀行で表わす。
これから出る本


























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本




















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい