めんどくせぇことばかり 『日本人が知らない最先端の世界史』 福井義高

『日本人が知らない最先端の世界史』 福井義高

じつは、『日本人が知らない最先端の世界史2』を先に読んでしまいました。ほら、なんだか最近“世界史ブーム”じゃないですか。“地政学”なんかもこみで・・・。だから、本屋で見つけたとき、「おお、アレの2番目か」って思って読んじゃったんです。“アレ”のことなんか、なんも知らないまんま。それで、“アレの2番め”に衝撃を受けて、「アレを読んでない」ってことになって、いよいよ“アレ”の順番になったわけです。

西尾幹二さんの紹介によれば、著者の福井義高さんは英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語を解し、日本人があまり知らない雑誌や研究書を読み込んで、“日本では主流にならない思想が世界の正統”であることを日本に紹介してくれる極めて貴重な存在だそうです。

《20世紀は戦争と革命の世紀》と言ってたのは、長谷川慶太郎さんでしょうか。あまりに激しい時代であっただけに、真実は封印されてしまいました。しかし、21世紀も四半世紀を終えて、ようやく真実が明るみに出始めました。

真実が封印された社会に地位を築いてきた人たちは、それを《陰謀史観》と一蹴し、《歴史修正主義》と再び葬り去ろうとしています。中西輝政さんによれば、著者の福井義高さんは、そんな日本の閉鎖空間に確かな一石を投じてくれた人物とのことです。

そうですね。私は人と、思想であるとか、歴史観であるとかについての話は、あまりしないです。直接聞かれりゃ話すんですが、聞かれませんしね。だいたい、何されるかわからないとか思ってるんだか、私に近づいてくる人も少ないですし・・・。ときに、周辺で油断して、左寄りの話題に花を咲かせる人もいますが、そこに口挟んだって仕方がありません。私の周辺にいるのは、取り返しのつかないくらい、いい歳の人たちなんですから。

そんなせいか、人と話すことが本当に少ないんですよ。あっ、山については話すんですけどね。それ以外には、人と話をしません。連れ合いによく言われます。「もうちょっと人と話すようにしたほうがいいよ」って。

もう、30年もそんな思いを抱いてやって来ました。“世界史ブーム”だし、こういう本が読まれるようになりゃ、人と話す機会も増えるかな。繰り返しますが、聞いてくれりゃ話すんですよ。


『日本人が知らない最先端の世界史』    福井義高


祥伝社  ¥ 1,728

従来の常識を覆す新しい論点が次々と提示され、読者を知的興奮に誘う
Ⅰ 「歴史修正主義」の論争の正体
第1章 日独同罪論をめぐって
第2章 歴史認識は処罰の対象となるか
第3章 なぜ「歴史修正主義」は非難されるのか
第4章 チャンドラ・ボースは英雄か傀儡か?
Ⅱ 「コミンテルンの陰謀」説の真偽
第5章 「コミンテルンの陰謀」は存在したか
第6章 過去を直視しない人々
第7章 ヴェノナの衝撃
第8章 それでも「スパイ」を認めない人々
Ⅲ 大衆と知識人
第9章 大衆と知識人は。どちらが危険か
第10章 ナチスを支持したのは、はたして誰か
Ⅳ 中国共産党政権誕生の真実
第11章 毛沢東はスターリンの傀儡だった
第12章 中国共産党の「救世主」だった日本
第13章 中国共産党政権の誕生に果たした米国の役割


第六章にある《過去を直視しない人々》というのが面白い。

香西秀信宇都宮大教授の《ある種の人々が最も嫌がる嫌味》
戦争中、さながら軍国主義の権化のごとく「鬼畜米英」「一億総火の玉」を説いた大人たちが、八月十五日を境に突然「民主的」になり、「こんな馬鹿な戦争がうまく行くわけがないと思っていた」などとしたり顔で解説するのを聞いて、子供心ながら衝撃を受けたというのです。彼らはその経験が、その後の彼らの人生観、ものの見方に決定的な影響を受けたと語っています。

実は私も、似たような経験をしたことがあります。ソ連、東欧の社会主義諸国が崩壊したとき、かつては社会主義を賛美していた、少なくともシンパシーを感じていたはずの人々が、ショックで発狂するかと思いきや、「あんな体制が長続きするはずがない」と涼しい顔で傍観していたことです。そしてこの人達とは、戦後の大人たちの変節に「衝撃を受けた」と私に話してくれた人たちです。

彼らは、一九六〇年代に「反革命」と呼んでいたものを、社会諸国崩壊の直前には「民主化」と呼び始めました。なるほど、彼らの少年時代の経験が、「その後の彼らの人生観、ものの見方に決定的な影響を与えた」というのは本当のようです。
本書p126『論理戦に勝つ技術』

私は大学で、マルクス経済学を学びました。汚い三畳一間のアパートの部屋で、資本論を四冊重ねて枕にして寝てました。大学の経済学部には、マルクス経済学の先生しかいなかったんじゃないかな。東欧革命の一九八九年、尊敬する先生方は、一体どうやって過ごされたんでしょう。

素直な人間なもんだから、そっち側に偏った青年期を過ごしましたね。なんとか自力で軌道修正しましたけどね。当然ですが、学生時代は偏ってようがどうだろうが一本気に生きてましたから、先生方との交流もありました。一九八九年には先生方をお気の毒に思いました。

《かつてのマルキストは、今の進歩主義者、あるいはリベラリスト》っていうのは、実は日本的現象なのではないそうです。欧米でも同様、むしろその傾向が強いのは欧米のようで、日本人のマルキストは、そういう転がり方を欧米から学んだのかもしれません。

そして、この転がり方の背景にあるのは、七〇年たった今でも続く、第二次大戦後の世界秩序を支える《反ファシズム史観》だというのです。

それから第九章《大衆と知識人は、どちらが危険か》は、極めて奥が深い。

たしかに、デマゴーグのプロパガンダに左右され、排外的好戦的主張に飛びつく大衆の危険性というのは、知識人による大衆批判の定番になってますね。

だけど、あの二〇一六年の大統領予備選挙においても、共和党トランプ及び民主党バーニー・サンダース上院議員は反戦アウトサイダー候補であって、二人への大衆の支持は、両党を牛耳る好戦的エリート日する異議申し立てとしての側面を持ってました。

かつて、好戦的であることは上流及び上層中流階級から好意的に受け止められる価値観で、第一次世界大戦までは、好戦的なのは上流及び上層中流階級というのが常識であり、それが堂々と主張されていたんだそうです。反戦平和が好意的な価値観として確立した第二次世界大戦後は、根拠もなく大衆に比べエリートは平和的とみなされるようになったということなんです。

彼らが好戦的であったことが極めて悲劇的な結末を招いたことが、《大衆に比べエリートは平和的》という隠れ蓑を必要としたと、ただそれだけのことじゃないでしょうか。つまり、そうすることで彼らは、悲劇的な結末の責任を大衆に押し付けようとしたんです。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


古代史は謎だらけだといわれる。
なぜか――。
理由ははっきりしている。
壮大に仕掛けられた
古代史の「罠」=『日本書紀』に
誰もがとらわれているからである。
これから出る本
















































































人気図書 




































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい