めんどくせぇことばかり 『山でお泊り手帳』 仲川希良
FC2ブログ

『山でお泊り手帳』 仲川希良

ああ、あんまり可愛いんでつい買ってしまいました。「お泊り手帳」なんて題名つけるのやめてもらえませんか。ついつい手を出してしまって、必ずあとからその助平心を後悔するんですから。

四〇年前、私が山に登り始めた頃には、山で女の人を見かけることはあんまりなかったし、少なくともこんな可愛い子はいなかった。でも、最近はいるんですよね。

ずっと以前から、基本的に一人で山に登るのでグループ登山の経験は乏しいです。山岳部は別ですよ。その私の乏しい経験上、山に登るとき、グループの中に女の人がいると、まず、いいことはありません。考えるまでもなく分かってますので、私が判断していい場合は、グループに女の人は入れません。人の判断でやむを得ない場合は、・・・諦めます。

偏見だと言われるかもしれませんが、偏見ではありません。・・・たぶん。

この間の本も《テント泊》を扱ってましたね。まあ、山に登るなら、泊まるのが当たり前です。

高校山岳部で山を始めれば誰でも多分そうだと思うんですけど、部としての山行は全部泊まりですよね。新歓の段階からね。山岳部に入部したら、最初の日曜の朝に、二年部員の青野さんって人が朝、私の家まで迎えに来て、あわててる私の母親に、「お母さん、大きめのおむすびを4つほどお願いします」ってね。結局、一日中、山を引きずり回されました。

次の土日は新歓合宿でした。土曜日の授業が終わってっから出かけて、武甲山の裏側に浦山川をさかのぼって、河原のいいところにテントを張りました。そんで新歓行事ですね。新入部員はいじられて遊ばれるわけです。そしてこの時だけは、先輩の作ったカレーを食べて、まあ、お楽しみ会ですね。先生は酒飲んでました。

日もとっぷり暮れて、さて、真っ暗な中で、武甲山に登りました。とてつもなく楽しかった。二時間位かけて夜間登山から下りてきてからも、これから三年間、山岳部でどんな楽しい経験ができるかと考えると、興奮して眠れませんでした。


『山でお泊り手帳』    仲川希良

エイ出版社  ¥ 1,296

ハイキングから一歩ふみだして、山で「お泊まり」する経験は、楽しみの幅をぐっと広げてくれます
第一章 山小屋に泊まる

第二章 テントに泊まる


上記のように、目次の項目は、《山小屋に泊まる》、《テントに泊まる》の2つだけ。こんな可愛い子が山小屋に、そしてテントで山に泊まろうってんですから、本当にいい時代になりました。当然ですが、この本はとても丁寧に、親切にどうすればいいかを教えてくれています。「本当に山に登るんですか」って考えちゃうくらいに、本としての作りがスマートです。

仲川希良さんのことはの、テレビの山番組で何度かみたことがあります。本当に可愛い子ですね。この本もそう。仲川希良さんの魅力がいっぱいです。もう、連れ合いには内緒で、永久保存版にしてしまいましょう。

山に登る上で、《泊まる》ってことはとても大事だと思います。今は、装備の軽量化も進み、テントとはいってもポール入れても二キロ位でしょう。いつでもザックに入れときゃいいんでしょうね。二キロ余分に担ぐ体力だけつけとけば、道に迷ったら泊まればいいんですもんね。

「なんとか帰らなきゃいけない」って考えなくて済むだけでも、どんだけ遭難事故が減ることでしょう。なんて言っといて、私がザックに入れてるのは、五〇〇グラムもないようなツェルトのフライだけですけどね。

小屋止まり、テント泊、それぞれの場合に合わせて必要な知識、仕組みや、持っていて便利な装備など、本当に親切に作られた本だと思います。おまけに、仲川希良さんお気に入りの山小屋やテント場が紹介されていました。なんか、そこばかり狙って行ってたら、いつか御本人にお会いすることができるでしょうか。こんな可愛い子とならぜひグループ登山も・・・。

・・・ああ、自分が嫌いになりそう。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事