めんどくせぇことばかり 『里山奇談 めぐりゆく物語』 coco 日高トモキチ 玉川数
FC2ブログ

『里山奇談 めぐりゆく物語』 coco 日高トモキチ 玉川数

どうも、虫やさんが、虫取りに、あちこちの里山をまわっているうちに、もちろん虫も集めたんでしょうが、どうやらおかしな話もたくさん集まってしまったみたいです。

集まった話の多くは、はっきりしない話なんですね。「確かに出ました」っていうような話とか、「ここでは以前、・・・というようなことがあったようです」っていうような話とかじゃないんですね。ただ、「へ~、なんだか不思議な話だね」って感じの話が多いですね。

山を歩いていて、地図にないのはもちろん、獣道か人の踏み馴らした道かも判然としない道がありますね。そんな道にテープのマーキングがあると、・・・私はついつい入ってしまう方なんです。この本に載ってる《みちしるべ》って話もそんな話でした。

その道に入っていくと、前を歩く人を見つけて、声をかけようと追いかけるんです。足を早めて、下りもあって加速がついたところで突然前がひらける。そこは切り立った崖の上で、すんでのところで踏みとどまるんです。すると、脇のヤブの中から、「チェ」という舌打ちが聞こえたという話ですね。・・・怖い!

若い頃に、奥秩父の和名倉山を歩いているときです。もとから道のはっきりしない山で、当時はまだ正規のルートでも藪こぎ込みでした。この山、もとは林業の山なんですね。私の生まれた家は、秩父の影森というところで、夕日は和名倉に沈みます。子供の頃、その和名倉山が山火事で何日も燃えたのです。日が沈む頃、夕日の赤と山火事の煙がとても不気味で、怖かったな~。

高校一年の秋に、山岳部の仲間と4人で和名倉山に登って、道に迷って、とても楽しかった。そんな思い出を胸に、一人で和名倉山を歩いているときなんですが、あえて正規のルートを外れて、マーキングに従ってみたんです。でも、やはりこれは危険でした。マーキングは、付ける人によって全く目的が違います。山仕事の人たちのマーキングを目当てに歩くと、場合によってはとてつもない急斜面に行き当たることがあります。

また沢登りの人たちのつけたマーキングだったら、突然、滝上に出る場合もあります。そんな経験をした人の話が、尾ひれを伴って“怖い話”に変わっていったのかもしれませんね。


『里山奇談 めぐりゆく物語』 coco 日高トモキチ 玉川数

KADOKAWA  ¥ 1,512

野山を歩きつくした”生き物屋”が遭遇する、奇妙でノスタルジックな物語 
虫取り網     むじなとあらぞう
振り返る人    みちしるべ
夫婦玉虫     川に引かれる
穴に潜むもの   山椒魚と私
底なし沼     雨とミズチ
路傍の神さま   土塊 ほか(全45話)


和名倉山という山は、大きくて、茫洋とした山で、こういう山で道を失うと、もとに戻るのが大変です。今はどうなっているでしょうね。また行ってみたいな。

ただ、そのときもそうなのですが、不思議な何かを求めてるところもあるんですね。沢登りの人のマークングを、言わば逆にたどって下山していけば、まず必ずどこかで滝上か、急斜面の上部に出ることは間違いありません。

私なら、その道に入ってしまった原因をいろいろ脚色するでしょう。「なにかに誘われるように・・・」ということですね。どうせ「誘われる」のなら、できればたぬきや狐よりもきれいな女のほうがいいですよね。きれいな女がその間道の入口で“おいでおいで”をしていたら、そりゃちょっと怖すぎて、絶対ついていきません。

間道の奥で、先を行く人たちの声が聞こえるなんてのはどうでしょうか。そして、崖から一歩足を踏み出したものの、思いっきり伸ばしたてで藪をつかんで、なんとか落ちずに済んだ。その藪の根本に、女ものの靴と荷物が置かれていた。・・・なんてのはどうでしょう。

この本に出てくる話は、そういうふうに作ってない話が多いです。作ってない。だけど、ちょっと手を加えたくなるような、怖い話の題材なりそうな、そんなお話が揃ってます。

いかがでしょう。これを使って、読んだ人が、夜、トイレに行けなくなるような怖~い話を作ってみては・・・。

私は、それを読ませてもらう方がいいですね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事