めんどくせぇことばかり 『死体格差』 西尾元
FC2ブログ

『死体格差』 西尾元

あれ? 時価になってる。買った時は1,512円だったのに、今は時価で799円ですって。ああ、ほぼ半額になってる。時価になる前に読んどかないと、こういう思いをさせられるんですよね。2017年2月の本なんですよ。早いですよね。まあ、いつまでも読まなかった私がいけないんですけどね。

この本は、法医学の解剖医の先生が書いた本です。『死体は語る』っていう本が話題になったことがありましたよね。読んでないんですけど。法医学の立場からの解剖によって明らかになることもあるんですね。そこを通り過ぎてしまえば、遺体は火葬されるわけですから、本当に最後の最後ってところですね。そこに回ってこないで、そのまま火葬場に言っちゃうケースもあるんだそうですよ。

それにしてもすごい仕事ですよね。一口に死体と言っても、交通事故でこんな事になっちゃってる死体とか、火事であんなことになっちゃってる死体とかもあるわけでしょう。

死体の状態も、その匂いも、法医学解剖医という立場から見れば、すべて検証の対象ということなんでしょうけどね。

題名に《格差》とあるのは、出版の側から持ち込まれた話なんだそうです。“法医学解剖の立場から見た格差”ということですね。著者の西尾元さんは、「そう提案されて過去の解剖症例を振り返ってみると、私がこれまで解剖してきた人たちが総じて弱い立場にいる事実に気付かされた」と言っています。

そういうことになると、当の本人の西尾さんが気づく前に編集の側の人は、異常死を対象とする法医学解剖の場には“格差”が存在し、その“格差”は現代日本社会の縮図として取り上げる価値があるという認識を持っていたということなんでしょうか。

そういうことですから、犯罪捜査だけを対象にした本ではありません。

それにしても、編集の人っていうのも、アンテナが高いんですね。大したもんです。


『死体格差』    西尾元

双葉社  ¥ 時価

解剖台の上の遺体には、その人が生前、どのように生きてきたか、死体にも「格差」がある
はじめに ある女性の遺体を巡る謎
第1章  貧困の死体
第2章  孤独の死体
第3章  老いの死体
第4章  死後の格差
第5章  解剖台の前から
第6章  事件の死体
第7章  幸せな死体
おわりに 格差の中にある死


自宅で倒れて死んだ40代の女性を解剖したんだそうです。その女性、頭、肩、腰の左側に打撲痕があったんだそうです。右側の打撲痕は膝の外側だけ。解剖すると、おなかの下の方に大量の出血があり、他のところからは血の気が引いていたんだそうです。体の左側がなんかに激しくぶつかって出血し、失血死したんだけど、血はお腹に溜まって、外に流れなかったんですね。

これで解剖医は、次のような推理をします。女性は、歩行中に自分の右側から走ってきた車に衝突され、膝のあたりのぶつかって飛ばされ、体の左側にひどい打撲を負ったわけです。一番ひどかったのは骨盤を骨折したことだったようで、それに基づく出血性ショックが女性の死因だというのです。

これに基づいて警察が捜査をします。すると、運転手は警察に事故届を出しており、病院に連れて行こうと言う申し出を断わったのは女性の方で、「自宅まで乗せてほしい」と言われ、自宅に送ったんだそうです。さらに、動けなくなっていた女性をおんぶして部屋まで送り届けたんだそうです。女性はそのあと亡くなったんですね。

女性は酒好きで、一人で酒を呑むことを母から禁じられていたんだそうです。じつは、事故にあったのも酒を買いに出かけたところだったんだそうです。病院に運ばれることで、酒を買いに行っていたことが母親にバレると思って断わったのではないかと言うんですね。

これは、《はじめに ある女性の遺体を巡る謎》の話なんですが、分かっちゃうんですよ、私、女性の気持ちが。

持ち込まれる死体は、《貧困、酒、精神障害、老い、孤独》が強くにじむものが多いんだそうです。おそらく、10年後の私は、この全てに該当している可能性があります。最後の《孤独》だけは、該当者になりたくないと強く思いますが、可能性ということなら仕方がないです。

特に酒に絡む話もいくつか紹介されていますが、・・・身につまされます。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

^^

死体は語る・・・読んだような読まなかったような・・・エリザベス・キューブラー「死ぬ瞬間」は読んだことがありますが。《貧困、酒、精神障害、老い、孤独》貧困は生活次第・取り合えず食えればいいのでこれはOK。酒はやりません。精神障害は程度問題。生活に支障ありません。ただコミュニケ障害なのは確かですw 老い=釈迦も嘆いたことなので仕方ありません。孤独は友達。入院しない限り。孤独死確定のワタシです^^)/

死体は語る

こんにちは
それにしても暑いですね

わたくしもこの本は貪る様に読みました
私は何人かを『水』から引き上げましたが
なかには還らぬ人も居りました・・・・

子供のころからいくつかの死体もみました
背広姿でドブに漂う者とかハンドルを握ったままで
血まみれになった者とか

そのときの感情は何時も同じでした

何でここで?です
人は亡くなると『土』に還ると習いました
悲惨な死人に出会いますと成仏できるの?
と、思いました




お葬式は・・みんなが笑えるほうがいい・・・・・




ハシビロコウ・うな さま

大変な経験ですね。
これだけの人間が生きてるんだもんね。生きるか死ぬかというところで働く人が、たくさんいるのは当たり前ですね。そうじゃないところで生きてるもんだから、ついつい“生き死に”ってところを忘れそうになります。でも、そろそろいい歳になってきたから、忘れようにも忘れられなくなるんでしょうけど。

ただ、私の葬式は、みんなが笑えるものにはなりそうにないな。・・・すみません。変な愚痴を・・

waravino さま

人生ってのはいろいろなことが起こりますね。今、降り掛かっているのはいいことではないのですが、そのうちいいこともあるでしょう。自分の死のイメージは、まだ浮かびません。人が死ぬイメージは浮かぶんですけどね。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事