めんどくせぇことばかり “中国”『世界はジョークで出来ている』 早坂隆
FC2ブログ

“中国”『世界はジョークで出来ている』 早坂隆

《三つのボタン》
 習近平政権の主導により、中国が新型のステルス戦闘機を完成させた。その戦闘機は「毛沢東」と名づけられた。
 「毛沢東」のコックピットのパネルには、ボタンが三つしかついていなかった。
 高度三千メートルまで来たとき、尾翼の一つが落下した。その時、コンピューターがこうアナウンスした。
 「すみやかに一番のボタンを押してください」
 パイロットが一番のボタンを押すと、新しい尾翼が現れた。パイロットは胸をなでおろした。
 高度五千メートルまで来たとき、今度はエンジンが火を噴いて落下した。するとコンピューターがこうアナウンスした。
 「すみやかに二番のボタンを押してください」
 パイロットが二番のボタンを押すと、新しいエンジンが現れた。パイロットは胸をなでおろした。
 高度一万メートルまで来たとき、今度は機体がまったく操縦不能になってしまった。どう操縦桿を動かしても、期待を制御することができない。するとコンピューターがこうアナウンスした。
 「すみやかに三番のボタンを押してください」
 パイロットは焦りながらも、ニンマリと笑みを浮かべた。今までもボタンを押せば何とかなった。今度もきっと救ってくれるだろう。
 パイロットは勢いよく三番のボタンを押した。
 すると次の瞬間、「毛沢東語録」の朗読が流れ始めたのである。
本書p44

面白いですね。以前、冗談ともつかない、以下のような話を聞いたことがあります。中越戦争が発生するよりもずっと前、ベトナム戦争当時の話です。

ベトナムの共産化を阻止するために、アメリカは1965年からベトナム戦争に積極的に介入し、南ベトナム軍を支援して北爆を開始しました。懐かしいですね。ドミノ理論ってやつですね。アジアにおける最初のドミノは、アメリカが倒しちゃったんですけどね。

流れの中で中ソが対立するけど、共産主義の兄貴分として、“中国”は北ベトナムを支援する立場にあったわけです。当時、“中国”を訪れたベトナム人は、多くの中国人から励まされたそうです。

なかには、こんなおかしな励まし方もあったとか・・・。

《今度、またアメリカの爆撃機がやってきたら、この毛沢東語録をそれに向かって触れ!必ず、アメリカの爆撃機は落ちるから》

これはジョークとして聞いたものではありません。本当にあったこととして聞いたものです。



文春新書  ¥ 896

ときにジョークのような事が起きる国際社会。笑えるのはジョーク? それとも現実?
第1章  中国
第2章  アメリカ
第3章  ロシア
第4章  北朝鮮
第5章  韓国
第6章  中東
終章   日本


現代“中国”は、ジョークの世界で、かつてとは違う新たな地位を確保したようです。かつて、「成金で傲慢」と言えば日本人をあらわすものでしたが、その地位は完全に“中国”に奪われました。

“中国”はご丁寧に、マナーが悪くて、横暴で、領土的野心さえ隠さないと、どうにもやっかいな存在という、ジョークネタの尽きない対象として扱われてますね。

BSNHKでやってる国際ニュースなんか見てると、“中国”っていうところは、実際に起こってることそのものがジョークのようで面白い。だいたい、彼らが1億を越えようかと言う犠牲を費やして目指した共産主義と言う体制そのものが、今にしてみればほとんどジョークの世界ですからね。
《三つの要素》
 ソ連には、共産主義者と、誠実な人間と、知性的な人間とが共存する。しかし、この三つのすべたを兼ね備えることは、極めて難しい。
 共産主義者で誠実な人間は、知性的ではない。
 共産主義者で知性的な人間は、誠実ではない。
 誠実で知性的な人間は、共産主義者ではない。
本書p104
 
共産主義で、しかも“中国”なんだから、面白くないはずがない。《一帯一路》な“中国”。《不正のはびこる》“中国”。《情報統制》する“中国”。《検閲》する“中国”。《大気汚染》のひどい“中国”。《ニセモノ天国》“中国”。《マナーの悪い》“中国”。この国は、切り口が多すぎる。

《欲望は海水を飲むことに似ています。飲めば飲むだけ、喉が渇くのです》

ダライ・ラマ14世の言葉だそうです。“中国”に向けた、ものすごいジョークですね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事