めんどくせぇことばかり 『古代史から読み解く「日本」のかたち』 倉本一宏 里中満智子
FC2ブログ

『古代史から読み解く「日本」のかたち』 倉本一宏 里中満智子

基本的には、《心ときめく》ような歴史学者の倉本一宏さんの学説を、漫画家の里中満智子さんが引っ張り出して世の古代史ファンに提供しようという本です。

私、里中満智子さんは存じてますし、里中さんの描く男女の顔つきも頭に浮かびます。だけど、正直言って、これという作品を読んだという記憶がないんです。もしかしたら、お医者さんかなんかの待合室においてあるのを読んだ程度なのかもしれません。

里中満智子さんって、東西の歴史ものの漫画を描いていらっしゃるんですよね。私が高校生に時分にそういう作品を読み始めてれば、ある程度のめり込んだに違いありません。だって、古代史の漫画なんて、・・・なかった?手塚治虫の『ブッダ』か、横山光輝の『三国志』、・・・ほかになんかありましたか。

時期的にちょっと遅かったですね。社会人になって以降だと、里中さんの美男美女には、どうも気持ちが反応しませんでした。

里中さんは『天上の虹』って漫画を32年も描いて、2015年に完結させたんだそうです。なんとまあ、“持統天皇物語”が副題だそうで、やはり日本は、女が時代を切り開いていくんだなあってことが、里中さんからもわかりますね。

なにしろこの時代、物語の宝庫。そのレベルは戦国時代や、幕末、明治維新に優るとも劣らないことは間違いありません。にもかかわらず、誰も触れたがらないんですね。もったいない。もったいなさすぎます。

たしかに、正史たる『日本書紀』への挑戦ですからね。勇敢でないと描けるもんじゃありません。そして、まさに里中さんが『天上の虹』を描いたという32年間、『日本書紀』の研究、そして日本古代史の研究は急速に進みました。だから、本当に大変だったと思います。研究が解き明かした事実は、ときに『天上の虹』の物語には沿わない場合もあったかもしれません。・・・、もうやめときます。なにを言おうと、里中さんの描いた持統天皇は、微動だにしないでしょうから。


祥伝社  ¥ 886

古代史歴史学者と、古代を舞台にした作品を多く残してきたマンガ家が語り尽くす
はじめに――古(いにしえ)の時代に刺激を感じて(里中満智子)
第一章 この国の成り立ちを考える
第二章 天皇について考える
第三章 政治と権力闘争を考える
第四章 戦争と外交を考える
おわりに――里中満智子ファンとして(倉本一宏)


面白い本で、参考になることもたくさんありました。正直、読んでよかったと思います。でも、お二人の発言の中に、特に“まとめ”と言っていい文章の中に、気になる言葉がでてくるんです。

《遣唐使や遣新羅使による交流があった時代はお互いの国情を知ることができましたが、これがなくなると「日本国だけが清らかで、その中心が天皇である。外国は穢れた国だ」という発想が出てきます。この発想がその後ずっと、日本人の外国人に対する感覚として流れているとすると、とても怖いと思います。(倉本)》

《日本は、アジアを侵略したひどい国》みたいです。倉本一宏さんのお話を読んでみても、明確にそう思ってらっしゃるわけではないと感じられるんですけど、ところどころに、このような言い方が出てきて、それがとても引っかかります。

たしかに、幕末、攘夷思想が爆発しますけど、それは朱子学が入って濃厚になったもので、日本の地政学的環境のもとに生まれた神国思想は、もっと素朴なものだったと思います。

《第四章 戦争と外交を考える》にお二人の考えがまとめらてますが、どうも、日本に対して否定的、・・・「危ない国」って認識があるのは確かなようです。

私は、里中さんのとらえ方にも、倉本さんのおっしゃることにも賛成できません。

公地制導入の困難さについては、本書の中でも一番最後の方に出てきます。天智天皇や中臣鎌足は、《白村江の戦いで負けても構わないと考えていたのではないか》って倉本さんはおっしゃいます。そして、「攻めてくるぞ」という危機感のもとに国内をまとめ上げて、公地制に持って行くいうお考えが述べられています。いくら何でも、日本を存亡の危機に立たせるってのはいかがなもんでしょう。

おそらくそれよりもずっと以前に、この問題に正面から取り組んだのが蘇我入鹿ではなかったでしょうか。

天智、天武、鎌足、不比等、なにより持統といった人物の設定そのものに、私は大きな問題を感じます。でも、そこは、上にも書いた通り、里中さんの描いた持統天皇は、微動だにしないでしょうけど。

難しいですね、古代史について述べるって。それだけ、どんどん新たな研究が進められているってことなんでしょう。そんな中だからこそ、古代史に触れていくってこと、発言していくってことが必要なんだと思います。だって、日本史の教科書読んでくださいよ。本当につまらないんですよ。

こういう本が、日本古代史にいろいろな刺激を与えてくれれば、少しは変わってくれるかもしれないと思うんです。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

^^

1980年代・大泉サロン世代(竹宮恵子・萩尾望都・大島弓子・山岸凉子etc)山岸凉子が古代史漫画を描いています。その後も彼女は多くの類するマンガを描いています。「安保法案」の際に「里中満智子氏」は「ちばてつや氏」と共に「言論の自由がなくなる!」と声高に叫んでおりました。要するに「左派系」です。ホントにねぇ。法案成立したけど言論封殺されていなかったんですねw^^)/

waravino さま

「地球へ」、「百億の昼と千億の夜 」、「ポーの一族」、「日出処の天子」あたりは何とか読んでるんです。少女漫画から一歩踏み出してくれないと手が伸びなかったですね。女目線っていうのかな。今ではだいぶ慣れましたけど、得意ではありませんでしたので・・・。『紫電改のタカ』みたいな漫画がまた読みたいな。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事